あべのハルカスの貸し農園に学ぶ、顧客への想い

大阪市都市農業振興セミナー
「大阪市内の農業の未来を考える!学ぶ!7日間」

第2回目となる貸し農園の
「ハルカスファーム」程塚さんの
顧客サービスをいかに心を込めて
お客様に届けているかのお話、、、。

程塚さんが「ありのまま」を
隠さず、真摯に伝えてくださる
エピソードの中には、

心を強く響かせる学びが
たくさんたくさんありました!!

ーーーーーーーーーー

農地がそこにあるから、
貸し農園をはじめるのではない。

農業の継ぎ手がいなくなったから、
民間の手を借りるという
選択をするのでもない。

全ては「農業に初めて触れた方」に

種を蒔くことと、
収穫をする喜びを、

いかに感じていただくかに
運営側が力を尽くせるかだと。

(程塚さんがこう話されたのではなくて、
これは、中川が感じたことです★)

ーーーーーーーーーー

これって、農業でも漁業でも、
伝統工芸でも、まちづくりでも、
全く同じく共通していること!

相手のハッピーを生み出すために、
自らが汗をかく大切さわ、

我々はけして、
忘れてはならないのです。

程塚さん、たくさんの無茶ぶりを
快く対応してくださって、
ありがとうございましたー(><)

農業の未来を考えるセミナーは、
次回は9月!!
どちらも愛情に満ちています!

あぁ、楽しみだ!!

http://chura-cube.com/farm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。