京都市の「伝統産業×障がい者福祉」

今年の伝福連携では、

京鹿の子絞振興協同組合さんと
「絵刷り」「糸入れ」の
2つの工程を切り出し、

市内の福祉施設に仕事として、
継続的に「依頼ができないか!?」
という可能性を探る、、、

というアクションにも
関わらせていただいています。

針と糸ってね、
これがまた扱うのが難しい。。。

今日は、
鹿の子絞りの職人さんが
市内の福祉施設に足を運んでくださって、

施設の中で働く皆さんに
プロの技術を
レクチャーしてくださいました★

初めて目の当たりにする
プロの技術に、
利用者さんも職員さんも、
目をまん丸にしながら、
見入ってらして、

なんだか、
伝統産業にとっても、
福祉の未来にとっても、
大きな可能性を感じました!

あとは、継続性。
そして、体制と技術。

なかなかに難しい伝統工芸を
福祉施設が取り組めるか。

伝福連携の取り組みは続きます★

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。