「民都・大阪」フィランソロピー会議でのプレゼン

大阪市役所で開かれた
「民都・大阪」フィランソロピー会議の大きな場で、
今まで数ヶ月に渡って進めてきた

障がい者福祉×伝統産業の
見学会の報告をさせていただくとともに、

企業の障がい者雇用を
地域の食堂の担い手として応援する
新しいモデル「福祉みんな食堂」を
お話させていただきました!

こどもに関する部会のリーダーである
辻さんが話された子どもに関する報告も、
強烈に胸を打つものだったし、

こども、障がい者福祉ともに、
立場のある方々が集まる場だからこそ、
何か新しい光が差し込まれないかと、
ただただ、期待★

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1

福祉×空き家対策「みんな食堂」

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。