近畿大学文芸学部 プロデュース学特論。

ようやく学生たちとの
信頼関係ができてきたので、
3〜4回に渡った課題制作に移ってみる。

学年ごとの空気感もあるし、
学生たちがテンションが上がる方向性もあるので、
難易度の設定は毎回難しい★

今年の学生たちは、
空間デザインが好き、
イベントやプロジェクトが好き。

そして、アクティブラーニングを好む若者が、
昨年よりも多くて、

新設学科である
文化デザイン学科の軸が、
前向きに浸透しているんだなぁと
うれしく、強く実感★

テーマは「公共施設の地下食堂の
リニューアル案を考えよう!」。

まだまだ、学生の自分本位なアイディアばかりなので、
地域を調べることの大切さや、
お金を考えるこの難しさまで、
深めることができたら、とても嬉しいなぁー!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

教育機関「デザイン思考」講義、その他の登壇

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。