南あわじ市「まちカフェ」に大阪の大学生が参加!

先日、開催された
南あわじ市(淡路島の一番南の市)でのワークショップ、
「南あわじ まちづくりカフェ」。

今回から3回連続で、
大阪のデザインを学ぶ大学生が、
南あわじ市に通い、

ワークショップに参加される
「銅鐸や古代をテーマにした
新しい取り組み」を
作りたーーーくて、
ウズウズしている

大人たちの広報チラシのデザインを
学生たちが提案することに!

大阪芸術大学の2年生が2名、
近畿大学の3年生が1名、

ちょっと珍しく、
少し難易度の高いプログラムに
挑戦しています★

初めての淡路島に来る学生もいて、
中にはお隣の洲本市が地元の学生もいて、

どの学生たちもこれだけたくさんの
地域の方に囲まれるのは、
おそらく人生で初めての体験(笑)

ワークショップの間ずっと、
みんなみんな、市内の皆さんの
トーク力とパワーに
圧倒されっぱなしでした!

南あわじ市には、
1つだけしか大学がないんです。。。

だからこそ、
学生たちがキラキラした目で、
一緒にチラシを使ってくれる、
その前向きな姿勢に、

大人たちも思わず、
ワクワクしちゃうんですよねー!

さぁ、学生はもちろん、
まちカフェ参加者も一緒に
成長していく今年度のプログラム。

来月に出来上がってくる
学生たちの提案が、
今から楽しみです!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「福祉と組めば、上手くいく!」をテーマに、【障がい者福祉】では【伝統工芸、都市農業、空き家問題など】の新しい協働を。まちづくり、教育など、人口減少時代の課題解決に取り組んでいる。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。