見出し画像

未来を構想するために「一緒に船に乗っていこう!」。グラグリッドWebサイト、リニューアル!

8月末のある日。
未来への思いを込めて、リニューアルしたグラグリッドのWebサイトをついに公開しました!
リニューアルコンセプトは、『一緒に旅に出るための情報とMAPが手に入る場所「一緒に船に乗っていこう!」』です。

まだまだ構築中ではあるのですが。この記事では、リニューアルにまつわる私たちの思いや、ストーリーをご紹介したいと思います。

「グラグリッドさんは、一緒に旅に出る仲間だ」~共創型の新しいありかたを、社会へ伝えていきたい~

画像1

とある商品開発のプロジェクトで、クライアントさんから、そんな嬉しい言葉をいただいたことがあります。
この言葉に詰められた体験や思いが、今回のWebサイトリニューアルのコンセプトにつながっています。

私たちが特に大事にしていることの一つに、「共創型の会社であること」があげられます。言われたことを実施するのではなく、依頼してくださったクライアントと一緒に本当の課題を捉え、価値を創出していく新たな道へ伴走していくというあり方です。

例えば「グラフィックレコーディングを会議でやってほしい」というご相談。
深くひも解いていくと、方法論から離れて、「事業部の新たなビジョンを描いていくためにはどうしたら?」「これからのメーカーでの事業を担う、創造的な人材を育むにはどうしたら?」というような切実な問いに必ず出会います。

そして、切実な問いには、多様で複雑な課題が常に存在しています。
私達は3つの専門性(ビジュアルシンキング・ブランディング・ファシリテーション)を活かして、クライアントと一緒に課題をひもといて、オーダーメードのプロセスをつくり、価値化へ歩むプロジェクトを丁寧に一緒に紡いできました。

サービスや商品のデザイン、ビジョン、組織づくり。生み出す成果は多様です。
とてもありがたいことに、プロジェクト成果が新たなプロジェクトを呼んで。グラグリッドは小さい組織ながら、多くの方々からご相談をいただけるようになってきました。

しかし反面、私たちの中で疑問がでてきます。

「共創型サービスデザインファームというあり方・関わり方って、すごく求められているのに、社会に十分に伝えきれてれていないのではないか?」「世の中にそうした共創型で価値を創出したストーリーがまだまだ少ないのでは?」

そんな思いから。Webサイトのリニューアルにあたっては、リアルなプロジェクト、参加者の笑顔、声、ストーリー、プレイフルな雰囲気、空気感をご紹介して、共創型サービスデザインファームというあり方をどんどん発信していこうと決めました。
そして生まれたのが、プロジェクト紹介のページです。

これらのストーリーを読んでいただくと、きっと「考え方を考え、生み出し方を生み出しているという旅は、とても多様だ」と感じていただけるのではないかと思います。私達はこの多様さの中に、未知の楽しさ、無限のワクワクを見出しているといっても過言ではありません!

今ご紹介しているプロジェクトは、本当にまだごくごく一部にすぎません。
今後、多様な課題に関わるおもしろさ、ワクワク感を、もっともっとご紹介していきます!

旅に出るための、超ワクワクする道具、あります!

18_ラボegackey_large

グラグリッドでは、事業や組織を創ってゆくプロセスを含む、様々な共創の場で使える独自のフレームワークや、使えるテンプレートを開発してきました。
そうしたナレッジを活かした商品開発にも挑戦しています。先日産声をあげた、自分を描き出すリフレクションツール「えがっきー」もその一つ!

プロセスをつくりだすのは、人の力だけではありません。
道具の力をうまくかりることで、より関係や思考が深まり、思ってもみなかった素敵なところへ、気持ちよく行くことができるのです。

こうしたナレッジを、社会の中で循環しやすい、道具(ツール)という形でシェアしていくことが、私たちにとっては「新しい喜び(Glad)がつながりあう(Grid)」ために大事な活動なのです。
きっと、道具を介することで、人(私たち)を介するのとはまた違った、幸せな出会いや仕組みが生まれるきっかけになるのではないかな、と思います。

新しいことを創る旅にでる人のための道具を、たくさん紹介して、開発していくための場所。
そんな思いをWebサイトにこめています。


未来を一緒に構想する、パワフルなメンバー!

画像3

私たちグラグリッドは、今は社員5名の、小さな会社です。
でも、その小ささからは考えられないような、大きなインパクトのある活動を創り続けることができました。

活動創出の背景には、「共創型」のあり方が深くかかわっています。
グラグリッドでは、社内のみならず、様々な専門性を持つパートナーの方と一緒に、プロジェクトを進めてきました。
「共創型」というのは、クライアントとの関係性だけでなく、パートナーの方との関係も同様と捉えています。
一緒に考え、ふりかえり、歩んでゆく。

そんな風に、思いを共にして、一緒に歩んでいる、パワフルなメンバーを、私たちはとても紹介したかったのです!
今回のWebリニューアルで、ついにその思いが叶いました♡

会社概要のページには、私たちグラグリッドのメンバーに加え、そんな私たちの大事なパートナーさんたちも掲載しています。
ぜひ、ご覧ください!
(実は今紹介できている方は、ほんの一部で。これからどんどん追加していきたいと考えています。)

未知の世界へ向けて「一緒に船に乗っていこう!」

「作れば売れる」時代は終わりました。
多様な人たちのもたらす関係や技術、環境がダイナミックに作用しあう、混沌とした世界に私たちはいます。
そしてそんな混沌の中で、既定ではない一歩を踏み出して生きていくことが求められています。

まるで、まだ見ぬ、未知の世界へ行く旅のようですね。
その旅は、今の延長線上の既定の航路ではなく、航路も都度都度見出す必要があります。とても不安定で、不安な道のりです。

そんな旅への一歩を踏み出したいときに、目指す地図を描き、一緒に構想する仲間、ナレッジや道具がここにある。
そう、みている方に感じていただけて、不安がいつしかワクワクに変わっていったら、私たちはとても嬉しく思います。


▼グラグリッドWebサイトリニューアル プロジェクトチーム
・デザイナー:竹内 公啓
・編集者/コピーライター:佐伯 幸治
・エンジニア:安部 和幸
・コンテンツ作成:(株)グラグリッド 三澤直加・尾形慎哉・和田 あずみ・名古屋 友紀・小野 奈津美

(和田)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります!

グラグリッド編集部

共創型サービスデザイン会社 グラグリッドのnoteです。 サービスデザイン、創造的可視化ファシリテーション、日々の活動、に関する3つのマガジンを発信中! 今ないつながりを創り出す、考え方、生み出し方を日々トライしています。 ビジュアルファシリテーションチーム『BRUSH』も運営。

ぐらぐり君が行く~グラグリッド通信~【毎週水曜更新】

共創型サービスデザインファーム グラグリッドにつとめる栗、ぐらぐり君が語るレポートです。 サービスデザイナーの見ている世界、ちょっと変わった日常など、楽しくお届けします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。