Niena Hino(NY在住 国際イメージ・コンサルタント)

Real Cosmopolitan Inc., CEO/国際イメージコンサルタント。NY在住。日欧米亜合わせ数千人のハイプロファイリング・クライアントに国際ビジネス文脈で企業/トップの包括的ブランディング/総合コンサルティング提供。www.realcosmopolitan.com

「ネクタイの締め方」 即ち仕事ぶり!? -メディアが見たイメージ戦略 vol 2- :『PRIR』寄稿記事

※本記事は『PRIR』 5月号(2005年)に掲載された日野江都子の寄稿記事からの転載です。

 男性の服装の中で注目を集めやすいポイント、それは「ネクタイ・靴 (余力があれば時計)」。人間が相手を見る際の視線の動かし方は、顔、全身を見ながら足元、上の方に戻り顔周辺となる。相手のイメージを認識 する際の比率は、顔0%対そのほか (全身)3%ともいわれることから、前述した注目ポイントの一つ『ネクタイ

もっとみる

もうひとつのアメリカ大統領選 -メディアが見たイメージ戦略 vol 1- :『PRIR』寄稿記事

※本記事は『PRIR』 1月号(2005年)に掲載された日野江都子の寄稿記事からの転載です。

本記事は、筆者が初めてメディアに寄稿した記念すべきもの。

今はなくなってしまったけれど、宣伝会議が広報に特化した雑誌として出した『PRIR』(PRとIRを合わせた名前)のプレ創刊号向けに、ちょうどアメリカ出張と重なったブッシュとケリーの大統領選投票日を目の当たりにしながら、テレビ討論会でのあれこれに触

もっとみる

三井住友銀行 夏限定Tシャツ・ジーパン勤務OKの試みやいかに

*本記事は、JMCAウェブサイト上、日野江都子の連載コラム「社長の戦略印象リスクマネジメント」からの転載です。

いよいよ7月、梅雨が明ければ日本の暑い暑い夏も本番。猛暑を超えた酷暑がやってくることを考えれば、従来のクールビズ・スタイルなど何の役にも立たないことは、去年の夏を体験した誰もが考えるはず。

そんな折、7月・8月の夏限定で、Tシャツ、ジーパンの軽装での勤務を認める試みを発表したのが、日

もっとみる

『KIMONO』は誰のMONO?

数日前に出たのがこのニュース。

キム・カーダシアン・ウェストが、Shape Wear(シェイプウェア)ブランドを立ち上げたというもの。

彼女は構想に15年かけており、サイズはXXSから4XL、色は9色展開と、幅広い女性に向けられていて、なかなかよいではないかと思う。

のだが・・・

問題はここ

そのブランドの名前は、なんと「KIMONO」

その上、この「KIMONO」という名称を登録商標

もっとみる

アピアランスは他者のため②: クールビズのあのシャツは・・・

*本記事は、JMCAウェブサイト上、日野江都子の連載コラムからの転載・加筆修正版です。

海外メディアからも、2020年のこの時期に東京でオリンピックが開催されることが心配され、その暑さ対策から、先日は東京都が試作した日よけ用「かぶる傘」が公表されるほど、災害レベルの気温になる日本の夏。

年の半分がクールビズ期間というのも昨年の夏の日本出張で深くうなずけます。しかし、この期間のクールビズ・スタイ

もっとみる

エリザベス女王の平常心とYOSHIKIのスカーフ:リーダーの鉄則と人前に出る自覚

イギリス時間の6月23日、『Royal Windsor Cup』での珍事件。

エリザベス女王が階段を降りていこうとしたその時、YOSHIKIのスカーフが女王の顔(首)を直撃するというハプニング発生。

英メディアも取り上げている。

全くわざとではなく、風があったことが原因の一瞬のこととはいえ、周囲はさぞ驚いたことだろう。

上記記事リンクからページを開いてスクロール、映像を御覧ください。

もっとみる