見出し画像

コミュニケーションをつなぐ、紡ぐ力を。

今、製造業(メーカー)で人事として働いていて感じる事は、みんな真面目で一生懸命だけれど「コミュニケーションはあまり得意でない人が多い」と言うことです。(決して悪口ではなく、フラットにそう感じるという話です。)


大学院卒の技術者が多数を占める会社なので、考えてみればまぁそうかな、とも思いますが、ポイントは私が働いているような、いわゆる「文系」「事務職」のお仕事をしている人であっても、というところ。


私は新卒で入った会社がコミュニケーションスキルが超人級に長けた人ばかりの集団だったので(むしろコミュニケーションスキルで食っているような人達も多数いた) 、ありがたくもその部分はかなり鍛えていただいたなぁ!とあらためて感じています。


◾︎コミュニケーターの役割を果たす


なので、今は仕事において、ちょっと不足しているコミュニケーションをつないだり、紡いだりするような部分を担っていると自覚しています。具体的には、ちょっとの「声かけ」や「言葉の追加」があればお互いが気持ちよく仕事が出来たり、信頼が醸成されたりするような場面で、それを実際にやる人、という位置付け。もしくは、逆に、なんとなくフンワリしたまま終わりそうな時にズバリと確認・質問するとか。


なにせ皆さん、真面目で一生懸命なのだけれど、ゆえに柔軟な一言が出なかったり、逆に気を遣ってなんとなくその場が終わってしまったり。そんな場面をよく見かけるので、中途入社の門外漢?な私がその役を買って出ている感じです。


◾︎でも、これからの時代は?


ただ、AIもロボットも普通というこれからの時代、皆さん自身にもコミュニケーションスキルをもう少し磨いていただきたいような気もしていて。。。 どうやったらいいのか?と日々感じているのも事実です。


というのも、これって、単なる言葉かけの問題ではなく、人の気持ちに一歩踏み込む勇気とか、面倒くさがったりせずにコミュニケーションを取っていく気概みたいなものが素地として必要じゃないかと感じるからです。


一朝一夕には身につかないけれど、、、ちょっとのコミュニケーション、声かけで仕事が円滑に進むことを体感してもらい、それが自分達だけで進むように持っていけたらいいなと思います。踏み込む勇気、言葉を発する勇気、、、うん、勇気の問題は大きいかもしれない。


しばらくはコミュニケーターの役割を果たしつつ、職場の空気を作って&変えていきたいと思います!


◾︎こちらのnoteも読まれています◾︎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

吉田佐香枝@ワーママ人事

企業人事、キャリアコンサルタント/新卒でリクルート→外資→日系メーカーで人事。専門分野は「人材育成」「キャリア開発」。国家資格キャリアコンサルタント。4歳・1歳を育てるワーママ。弾丸トラベラー。本好き・アート好き。

お仕事

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。