自分の作業時間を家計簿のように記録・可視化するExcelツール「ワークレコード」

※詳細を知りたい方はまずこちらをご確認ください。
https://excel-master.net/paid-template/work-record

※本ツールと相性の良い「工数削減ツール」とのセット販売もあります。(2ツールで税込1,680円)
https://note.mu/glucosamine/n/n18c33545b5c3

こんなお悩みはありませんか?

・「残業を減らせ」と言われても何から始めればいいかわからない・・・。
・仕事をはやく終わらせてプライベートを充実させたい!
・「働き方改革」を具体的に推進したい!

こんなあなたに、このワークレコードはおすすめです。

大前提は自分が「何に」「どのくらい」の時間をつかっているか可視化が大事!

生産性を上げるための糸口をつかむためには、自分が「何に」「どのくらい」の時間を使っているかを可視化することが大事です。

結局、人は目に見えるものしか改善できません。

「時間の家計簿」をつけることで、先述のお金のように、現状の把握および改善アクションの方向性が決まります。

時間を記録することで、現状把握→問題点・改善点の特定→改善アクションの策定につながりますね。

この一連のプロセスの「現状把握」の部分を実現するための「時間の管理簿」がこのワークレコードです。

本ツールで得られるメリット

・自分の業務を棚卸できる
・自分がタスクを行う順番がわかる
・各タスクを実行する際にタイムアタックできる
・各タスクの見積時間が正しいか検証できる
・自分が「何に」「どのくらい」の時間を費やしているか、可視化できる
・エクセルで自分の時間の集計できるため、ピボットテーブルなどで分析しやすい
・ランチ代程度で上記メリットを得られる
※同一機能を保有するツールを作成するのに、時給3,000円の方なら20分以上かかるなら絶対的にお得です。

本ツール作成者

エクセル本著者である私、森田が作成しました。

私は本業でもバックオフィスの運用設計や業務改善に精通しており、エクセルの使用歴も10年超。

そんな私が作成したツールの詳細は以下のとおりです。

ツール機能

1. タスクID生成機能(マクロ)
2. タスクID追加機能(マクロ)
3. タスク情報自動転記機能(マクロ)
4. タイムスタンプ機能(マクロ)
5. タスク実績集計機能(マクロ)
6. クリア機能(マクロ)

さいごに

物事を改善していくためには、まずは現状を数値で把握することが何よりも大事です。

ぜひ、通常の家計簿のように、ワークレコードを用いて自分の作業時間を記録し、見える化しましょう!

ワークレコードがあなたの「働き方改革」に役立てば幸いですm(_ _)m

・形式:ブログへアクセスした上で、エクセルファイルをダウンロードしてください。
・細かい使い方:下記の記事を参照ください。
https://excel-master.net/paid-template/work-record

この続きをみるには

この続き:480文字

自分の作業時間を家計簿のように記録・可視化するExcelツール「ワークレコード」

森田貢士(会社員×エクセル専門家)

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。