日本と韓国、既にこんなにも差が...

どうも、元バイヤーのKei(@gmnyc_k)です。

先日大阪で超実践型動画クリエイター養成サロンMOOCRESの代表の韓国人のヨピ君とお茶してきました。そこで話題になったのが、

韓国の若者と日本の若者の違い。

自分自身、ヨピ君と話をする中で「もうクリエイティブの部分をみると韓国は日本の先を走っている」というのが正直な感想でした。

この記事を読んで日本の若者はちょっと危機感感じた方がいいなって思って聞いたことをそのまま書くことにしました。お時間ある方は読んでください。

【韓国と日本の教育の違い(英語編)】

まず日本と韓国の小学校の教育制度について比較したいと思います。比較対象は今後間違いなく必要になる「英語」「IT」についてです。

韓国の受験競争は日本では想像できないほど激しいです。

毎年11月に「大学就学能力試験」という韓国独自のテストが全国一斉に開催されるのですが、韓国の高校生は自分の人生を左右するとも言えるテストのため、韓国中がテスト実施日には緊張に包まれるそうです。

このテストで特に重要視されるのが「英語」です。

韓国の貿易依存度は80%を超えていると言われており、仕事をする上で英語圏を中心とした海外企業とのセールス交渉が当たり前と言われています。もちろん使用される言語は英語がメインとなります。

※参考までに日本はおよそ30%、アメリカはおよそ20%です。

このことから将来良い仕事につくために小さい頃から英語を勉強させるために海外に子供を飛ばす親は後を絶ちません。

日本はどうでしょうか?イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン(以下EF)の「国別英語能力指数 EF EPI 2016」の結果を見ると世界35位、「国別英語能力指数 EF EPI 2017」を見ると37位と年々英語力が落ちているのが現状です。

ヨピ君とお茶した時も「同年代の韓国人は2ヶ国語話せるのデフォルトだよ」と話してたのを聞いた時に「自分の周りの日本在住の同年代で英語が話せる人は...」と考えたのですが探す方が正直難しくかったです。

もう英語のジャンルではこれだけの差が韓国と日本では生まれているのが現状なのを肌で感じました。

確かに3年前に韓国に旅行に行った時に韓国人の60歳くらいのタクシードライバーの人が「タクシー業界でも3ヶ国語以上話せないと仕事がないですよ〜、自分も「韓国語」「中国語」「英語」の3つは話すことができます」って言って話をした覚えがある。

それに比べて日本の老害タクシードライバーは「日本語」すら話せないのを考えると年齢関係なく、韓国の方がグローバルと言わざるおえないのが現状かと。

【韓国と日本の教育の違い(IT編)】

ITに関する考え方も韓国と日本では全然違っていました。

ヨピ君も映像クリエイターをビジネスとして会社経営をしているクリエイターとして、日本の映像クリエイターについてどう思うか?話を聞いたので、その時の会話の一部を紹介します。

Kei:日本のYoutuberを見てどう思う?

ヨピ君:日本の人気Youtuberで目によく残るのが「下ネタ」か「炎上系」の動画かな。韓国では彼らみたいな人はクリエイターとは呼ばないし、彼らみたいなYoutuberは少ないね。

もっと自分だけが出来るクリエイティブなことを考えている人が多いイメージだな。もちろん日本でもそういう人はいるけど、少ない気がする。

例えば韓国では美味しそうにご飯を食べる「モッパン」ってジャンルのYoutuberがいる。彼らは美味しそうに見えるようにかなり研究している。

機材はもちろん、食べ方も考えて食欲をそそるように研究するし、口に合わない場合も簡単に「まずい!」というのではなく、どうすればファンもクライアント側も満足する内容になるか色々な動画を研究して答えを見つける。

この多方向から研究するスキルは小学生の段階で韓国人は学んでるんですよ。

Kei:というと?

ヨピ君:僕たちは小学生の時に授業で「Google」や「Yahoo」などの複数の検索エンジンを使って1つのキーワードに対して、それぞれの検索エンジンがどのような結果を出すか研究する授業があります。

そこでは答えは1つではなくて、あらゆる答えが存在して、その答えの中から論理的に正しい正解を導き出す練習を小学生の頃からやってます。

だから、日本人と韓国人でディベートをすると韓国人は論理的に様々な角度から答えをいうのに対して、日本人は何も言わないで聞く、もしくは感情論やイメージから答えをいう人が多くないですか?

だから、動画1本作るにしても「なぜこの動画がバズっているのか?」をしっかり論理的に研究して、作り込むYoutuberが韓国では多いです。

Kei:なるほどね...確かに論理的に考える力は日本人は弱いかもね。あと少し気になったのが韓国人の多くは1人1台パソコン持ってるの当たり前?最近だとスマホだけで動画を作る日本人Youtuber多いイメージあるけど。

ヨピ君:当たり前だよ。逆に日本人の若い子がパソコンを持たずに、スマホしか持ってないのが衝撃だよ。

何かを調べるのにスマホよりもパソコンの方がやれること多くない?

Kei:確かに〜...

ここからは会話ではなく、実際に公表されているデータから話をします。

株式会社TesTee(テスティー)が公開している調査結果を基に日本人のパソコンの所有率を見ると19〜25歳男女の51.2%と半数以上の若年層が「自分用のパソコンを持っている」と回答しています。

パソコンの頻度を見ると毎日使うと答えたのは19〜22歳男女で27.7%、23〜25歳男女で27.9%という結果です。

逆に日本人の10代のスマホ利用率を2015年マルチデバイス利用調査結果から見てみると10代のパソコン毎日利用率の低さが目立ちます。

〜会話に戻ります〜

Kei:現状で「スマホはパソコンと同じことができるか?」と言われたら出来ない。いや、出来たとしてもそのスキルをスマホで使える日本人は圧倒的に少ない。そうなるとスマホで作り上げれるクリエイティブって限界があるよね〜。

ヨピ君:そうなんだよね。そこの部分に関してもITに関しても考え方が日本人と韓国人では違うね。

この会話は全体の一部だけど、この部分だけでもわかるようにもうITの部分でも韓国と日本の若者では考え方は大きく違うみたいです。

【韓国は今から伸びるが日本はどうよ?】

20年前は日本と英語力も変わらなかったが、国際競争力をつけないと韓国が生き残れないことから1990年代から国として、英語力強化に取り組んだ結果今となっては英語が出来ることが普通になっている。

ITに関しても教育システムから日本の20代に比べてインターネットを使って「調べる力」もあるし、英語と韓国語の両方を使って情報収拾ができる「複数の情報アングル」も持っている。

韓国の20代の若者は今から世界を相手に一気に成長すると自分自身思う。

「これからの日本はどうよ?」ヨピ君に聞かれて自分は「うーん、変わらないだろうね」と思ってしまったのは自分の周りを見て正直に思ったこと。じゃあ、日本人はこれから伸びる?と言われると今の教育機関の現状では全体が伸びるのは難しいなと彼と話をして思った。

まぁ日本のセキュリティー大臣が国会で「私はパソコンは触れない!」と自慢げにいう人が国のトップにいるようじゃ難しいよね。

あと印象に残ったのがヨピ君が「日本はリンゴの真ん中がない状態に似ている。裕福な層か貧困層に別れている。韓国はひし形なんだ。真ん中のスペックの高い中間層がインターネットがない時は報われなかったけど、いまは世界を相手に自分の好きなことをインターネットを通じて実現させようとしている。今まで貯めていたハングリー精神が英語とITのおかげで世界をターゲットに動き出そうとしているんだ」って話をしてくれた時でしたね。

この言葉を聞いた時に「確かにな〜、、、」と首を振ってしまった。

日本は素晴らしい国だと思っているが、時は止まっている。よく「失われた20年」と言われるけど、この20年の間に日本人が想像している以上のものが失われているし、他国はこの20年で想像以上の成長をしている。

だけど、このままじゃいけないからこそ、自分の周りだけでも海外に行くきっかけを自分が作らないといけないと本気で思っているし、それは自分がやらないといけない使命だとも最近思っている。

ヨピ君とも話したけど、2人とも2019年は本気で準備をしないといけないからからこそ、2018年以上に2019年は自分自身を成長させる年にするように努力しないとって改めて心に決めました。

PS:彼との出会いは「アップルスタッフにApple Watchからスイカやラインなど生活必需アプリを便利に使う方法を聞いてみた」の記事で書いたけど自分が大阪のアップルでApple Watchを購入しに行った時にお客とスタッフの関係で出会ったんだけど、まさか今後ビジネス一緒にコラボしようよという仲になるなるなんて1年前は思ってなかったな...出会いって不思議だ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Twitterで毎日情報配信しています。ニューヨーク生活で感じことからスニーカー情報まで幅広くツイートしています。

● twitter : gmnyc_k

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

● 副業で海外旅行orファッション関係のブロガーになりたい人向けに1万円稼げる方法の記事を現役アフィリブロガーが書いたよ。

● 副業で稼げる個人バイヤーになりたい人向けにどうやったら稼げるバイヤーになれるか稼いでた元バイヤーが書いたよ。

● スニーカー好きな色々な友達ができる有料会員サービス「KUTSUHIMO」を運営中!このサービスをきっかけにニューヨークに来た会員さん、結構います。

この記事が役に立ったと思ってくださった方、是非「スキ♡」ボタンを押してください、「ハート♡印」を押すとお礼メッセージがいろいろ出ますし、自分も超喜びます。「スキ♡」ボタンはサポートをお願いしている枠の左下にあります。押すだけ簡単なので是非よろしくお願いします。

↓↓↓

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートの使い道はニューヨークに関する記事を書くの移動費や食事代に使いますので、高品質な記事を書くためにも、ご協力よろしくです!!

Nice
32

Kei@ニューヨークから配信中(スキマ時間にどうぞ)

NY在住歴5年(NYでホームレス経験あり) US永住権保持者兼経営者のKeiです。18歳でNYにハマって毎年通う→26歳でニューヨーカーと国際結婚&移住→30歳で突然の離婚→ NYでホームレス→ 自由人。twitter/IG : smallnycer

Keiが思うことを淡々と書く

日本に住んでる時には経験しなかった「Keiが経験から学んだ海外思考」をnoteで公開中。海外思考のある方におすすめ。
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

韓国のyoutubeのクリエーションいいですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。