どうして僕たちが「水道屋マグネット風広告」を作ったか?

こんにちは、GMOアドマーケティングの事業開発担当です。

わたしたちが運営する「広告がおもしろくなるnote」は、「インターネット広告はあやしい・不快・うざい」という問題点に立ち向かうべく、インターネット広告業界の裏側や新しい試みをご紹介するnoteです。
(理念は【こちら】からどうぞ)

GMOアドマーケティングは広告会社、主なお客様は広告主様やウェブメディア様です。そのため、たくさんの一般のみなさんの目に触れるようなところに自分たち自身の広告を出すという機会はあまりありません。

多くは、お客様となるであろう広告主様やウェブメディア様が集まる業界向けのイベントを企画・協賛したり、業界向けのメディアに広告を掲載しています。

しかし先日、お客様であるウェブメディア様と、一般ユーザーの皆さんが交差する場所で広告を出させていただく機会がありました。

結論から言うとこんなマグネットを作りました(笑)

私達が広告を面白くするためにどんなことを考えてこのマグネットにたどり着いたのかを、ここでご報告できればと思います!

「ウェブメディアびっくりセール」に協賛する

ウェブメディアびっくりセール」をご存知でしょうか。

(※ 画像はデイリーポータルZ様から許諾を得てお借りしました)

デイリーポータルZ」という今年17年目を迎える老舗ウェブメディアが主催し現在までに4回開催されている、一言でいうとWEBメディア界のグッズ・同人即売会です。様々なウェブメディアがそれぞれ独自の販売品やサービスをリアルに持ち寄って販売する場となっており、出展メディアのファンやネット好きで会場がごった返す、今最もアツいイベントの1つです(※ 個人の感想です)。ご存知なかった方はぜひ初回のレポート記事を読んでみてください。

いわば「ウェブメディアが集まる会」とも言える、このイベント。

ウェブメディアの皆さんに私達のことや、私達のサービスを知っていただく絶好のチャンスだと考え、「デイリーポータルZ」の皆さんとお話しし、“協賛”という形で関わらせていただくことに決めました。

よく考えたら、一般のお客さんがめっちゃ来るじゃん

今回の協賛プログラムでは、当日チラシや会場映像等への露出に加えて、GMOアドマーケティングのことを宣伝するための制作物を「デイリーポータルZ」の皆さんにご制作いただけることになりました。

何を制作するのか?

私達とデイリーポータルZさんとの間での議論の中で最も悩んだのは、業界の方だけでなく、一般のお客さんもたくさん遊びに来るイベントであるという点です。

(※ 画像はデイリーポータルZ様から許諾を得てお借りしました)

ウェブメディアの方しかいないイベントであれば、ただサービスの内容を書いたパンフレットを、ロゴ入りのペンなどと一緒に配ればいいのかもしれません。しかし今回のイベントは、一般のお客さんが各々大好きなメディアと触れ合いに来る機会なのですから、よくわからない広告会社のパンフレットを渡されても、邪魔だなーとしか思われないかもしれません。

では、一般のお客様の目に触れないところだけで、出展メディア様にだけ宣伝活動をすればいいのでしょうか?

実は私たちも最初は、「なるべく目立たないように、一般のお客様には気づかれなくても構わない」と考えていました。

しかし、デイリーポータルZの皆さんと議論を重ねていく中で、そういった関わり方では「イベント協賛」として満足行くものではないと気付きました。イベントに協賛するのであれば「イベント自体を盛り上げる」こと、つまり今回の場合は、「ウェブメディアと一般のお客様(ファン)との交流の場を盛り上げる」=「一般のお客様にも楽しんでいただく」必要があると考えたのです。

結果こうなった

ウェブメディアのみなさんには私達のことを知ってもらい、一般のお客様にも「面白い」と思っていただくことのできる制作物……。

デイリーポータルZの皆様と議論を重ねた結果、「水道屋風マグネット」を制作して配布することになりました!!!

説明不要かとは思いますが、よくポストに入っている水道修理屋さんの宣伝マグネット“風”に、GMOアドマーケティングのことを紹介するマグネットです。

3,000個くらい作りまして「会社にマグネットの山ができたらどうしよう……」と少し心配だったのですが、当日は2,600名のお客様が来場。ほとんどをウェブメディアの皆さんや一般のお客様に持ち帰っていただくことができました!!

実際Twitterには来場者の皆さんが持ち帰ったマグネットを冷蔵庫に貼って頂いている様子なども投稿されていました!(ご利用ありがとうございます!)


デイリーポータルZさんのさすがの制作力により、「内容は全然違うのにフォーマットだけ水道修理屋マグネット」という謎アイテム感を、一種の“作品”として一般のお客様にも受け入れていただけたのではないかな、と考えています。

「広告が面白い」の1つの形

このノートでは「広告を面白くするノート」ということで、どうしたらネット広告がもっと面白くなるかを考えているわけですが、「面白い広告」にもいろいろな形があるのかなと思います。

1つは「広告を受け取る人にとって面白い」という形が考えられます。たとえば、運営しているメディアのPVを増やしたいと考えている人に、あまり明らかにされていないデータや情報を提供したら、「面白い」と思ってもらえるかもしれません。

もう1つは、「広告そのものが面白い」という形です。

今回のマグネットには、実はサービスの内容などに関する情報はほとんどありません。これをウェブメディアの運営者が見ても、内容的に「面白い」とか「ためになる」要素はほぼありません。一般のお客様からしたらなおさらです。

このマグネットの狙いは、ウェブメディアの皆さんとそのファンである一般のお客様が交流するという楽しい瞬間に花を添えることでした。

サービス内容を書いたパンフレットを配りまくっても、私達のサービスに興味がある人にとっては面白いかもしれませんが、興味のない人にとってはただの邪魔な紙、ゴミでしかありません。

一般のお客様にも楽しんでいただけるようなアイテムという形にしたことによって、私達のサービスに興味がない人の体験を邪魔しない形で広告を行うことができたのではないかと考えています。

ネット広告も、興味がある人もない人も楽しめる、面白い率100%の広告ばかりになったら「最近広告が面白いね」と言ってもらえるのではないでしょうか。

そんな世の中を目指して、これからもGMOアドマーケティングは頑張っていこうと思います!

ちなみに念の為ですが、水道が壊れても直せませんので、ご注意ください!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの想いに賛同していただけたら、サポートよりもSNSでのシェアが嬉しいです。もっと広告業界がよくなりますように。

スキありがとうございます!
17
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。