「広告=うざい」をなんとかしたい

はじめまして、GMOアドマーケティングです。

突然ですが、みなさんは「広告」をどう思いますか。

スマホで広告を誤タップしてしまって、「チッ」と舌打ちしたくなりませんか。快適なネットサーフィンをしたくて、思わずアドブロックのアプリを購入したくなりませんか。

そう。ほとんどの人が「広告=うざい」と思っていることでしょう。

もし、広告がなくなったら?

インターネットに、膨大にちらばっているコンテンツやサービスのほとんどは「無料」です。毎日お世話になっている、SNSやGoogle、LINEなども無料。

どうして「無料」で使えるのか? それは「広告費」で賄われているから。だから、どの会社もなんとか「広告をタップさせよう、見せよう、買わせよう」と毎日知恵を振り絞っています。

しかし。

「広告をタップさせよう」は、時に行き過ぎることもしばしばです。

みなさんも経験あるでしょう?

上から落ちてくる半透明な広告に気づかず、間違って広告をタップしていたこと。同じ広告が何度も何度も出てきて困ったこと。明らかな誇大広告に、「おいおい……ウソだろw」とツッコミを入れたこと。

2017 Adblock Reportより。
モバイルのアドブロック(オレンジ)は、2015年から急激に伸びている。

このままでは、みんなが広告にそっぽを向いてしまう(もうその流れはできてしまっている)!

たしかに、インターネット広告業界の中には、「悪質な広告で一儲けしよう」と考えている人も一部います。一方で、「このままではダメだ!大好きなインターネット(みんなインターネット大好きでしょう?)が継続されなくなってしまう!」と立ち上がっている人もいます。

正直、まだまだ「イタチごっこ」。でも、広告がなくなってしまえば、今わたしたちが享受しているインターネットの世界もなくなってしまう。わたし達は、今のインターネット広告を憂慮しています。そして、本気で今のインターネット広告を、もっと良くしたいと思っています。


今回、有志数人で「広告がおもしろくなるノート」として、インターネット広告業界の裏側をご紹介することにしました。(まずは)1ヶ月に2本ほど、ゆるゆると、お送りいたします。

今予定しているお題(タイトルは仮です)
「フェイク広告」はどうして生まれるか?広告の仕組みと謎
その広告で「ブランド価値」下がっていませんか?
雑誌とWEBメディアの違い ~メディアのつくり方~

有志のメンバーは、営業マン、マーケッター、ディレクター、メディア編集者など。たまに社外の方に寄稿していただくこともあるかもしれません。

読んでほしい方は
・インターネット広告にうんざりしている人
・ネットワーク広告に否定的・懐疑的な(あまり乗り気ではない)メディア担当者
・ネット広告に不安をもっている広告主 など。

インターネット広告を「あやしい」「不快」と思っている人にこそ読んでほしいと思っています。

「広告で儲かるためのHowTo」は、扱いません。だって、それは検索すればたくさん出てきますから。

わたしたちは「一方的に儲かる広告」ではなく、「利用者も広告主も、HAPPYであるための広告」を目指しています。

少しでも、みなさんが「広告って意外とおもしろいじゃん」と思ってもらえますように。そして、いつかは、より良い広告だけで世の中が回っていきますように。


「広告がおもしろくなるノート」スタートします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしこの想いに賛同していただけたら、サポートよりもSNSでのシェアが嬉しいです。もっと広告業界がよくなりますように。

ありがとうございます!もし良かったらシェアもぜひ!
91

#マーケティング 記事まとめ

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

マガジンを作ってまとめないのですか?
イケてる広告教えて下さい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。