見出し画像

すげえコーヒー

わたしは、あまり頻繁にコーヒーを飲まない。
まあ嫌いではないので、眠気覚ましや暇つぶしにカフェで飲む程度。基本的にお茶派なのだ。
ちなみに、酸味が強いコーヒーは苦手。


先日、幼稚園時代からの友人にコーヒーを飲みに行かないかと言われた。
この友人、小さな頃はコーヒー牛乳すら飲めなかったのだが、今じゃなぜか立派なコーヒーマニアと化している。コーヒー専用のインスタのアカウントまで開設し、日々カフェを巡り続けている。
「ここのコーヒーはマジですごい。」
あまりに熱弁してくるのと、わたしが暇人なこともあり行くことにした。


連れて来られたのは、西麻布にある「丸山珈琲」というお店。
わたしはコーヒーには明るくないので、さっぱり知らないお店だったが、相当な有名店らしい。とりあえず、コーヒーを知る上での登竜門的な意味で連れてきてくれたのだろう。

入店するなりメニューを見ると、本当にメニューがコーヒーだらけ(当然だが)。
ブレンドとアメリカンの世界で生きてきたわたしにとって、丸山珈琲のメニュー表はちんぷんかんぷんだった。

「ガリード ナチュラル」
アップル、ラズベリー、キャラメル、フローラルな風味。シロップの様な舌触りと繊細で心地よい余韻。
「オーランド・サラサール ゲイシャ」
パッションフルーツ、ライチ、ストロベリー、洋梨の風味。きめ細かい質感とジューシーで華やかな味わい。


説明が長え。
大体シロップのような舌触りってなんだよ。想像もつかない。
コーヒーの匂いっていったら、あのコーヒーの匂いなのであって、全くそれ以外に何があるというのだ。
疑いつつも、よくわからないので季節のオススメを注文してみた。


すると、運ばれてきたコーヒー。
信じられないくらいフルーティーで、オレンジやリンゴを感じさせるような、華やかな香りがしてくる。
な、なんだこれ!

いつもは問答無用でミルクを入れるのだけど、友人がとにかく一口目は何も入れずに飲んでみてくれというので飲んでみる。
な、、、なんだこれ!
とろけるようなまろやかさに、口いっぱいにふんわりとした果実のような香りが広がる。

すっすげえ!!
なんだこのコーヒーすげえ!!
完全に語彙力を失ったわたしは、コーヒーをいつもはチビチビと飲むところを、あまりの美味しさにスイスイ飲んでしまった。


「コーヒーってものすごく奥深いんだ。」と語る友人。
もう一度メニュー表を見てみると、産地やサイフォンかフレンチプレスか、深煎りか浅煎りかと事細かく説明書きがなされている。
きっと同じ豆でも淹れ方や煎り方、お湯の温度によって、味が大きく左右されるのだろう。

確かに紅茶もそうだ。
産地や茶葉を摘んだ時期によって、味は大きく変わる。
そりゃコーヒーもそうかと思ったが、コーヒーの方が紅茶よりも凄さや違いが分かりやすいように感じた。


後日、暇をつぶすため某チェーン店のブレンドを注文して飲んでみた。
いつもの味。何の変哲も無い、あのよく知ったコーヒーの味がした。
苦くてキリッとしたあの味だ。

まろやかで、コクがあって、フルーツを彷彿とさせるような香りは一切してこない。
ふーむ。
コーヒーって思ったより奥深いな、おもしろい。
また、あのようなコーヒーを飲みたいなと感じるのであった。

#コーヒー #珈琲 #丸山珈琲 #西麻布 #広尾 #有名店 #カフェ #フルーティー #サイフォン #フレンチプレス #紅茶 #趣味 #インスタ #ブログ #note

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

ツのブログ

よろしくお願いします。旅行とカメラが好きです。死や政治といった重たいテーマのブログは、まとめて分けてます。いいねガンガンください(乞食)

普通系記事

重たいテーマが嫌な方はこちら。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。