そうだ、エストニアに住もう。

さて、かっちゃんとフィンランド移住を目指して旅立ったのはいいのだけど、これがなかなか難しい。ということに後から気づく。

かっちゃんの、

「大丈夫ー。何とかなるっしょー。」

を信じて一緒にいる、私も私なのだけど。

日本を出る前に、申請していたエストニアのe-residency cardを現地でやっと手に入れる。私はかっちゃんに言われるままに申請したので、そのカードの使い道や、それがどう役立つのかということを全くわかってなかった。

今回分かった範囲のこと。私もまだまだ勉強中。笑

e-residenncy cardとは

これを手に入れることで、エストニアの電子国民になれる。エストニアでは、生活をしていく上で必要な契約には、ほぼこのe-residency cardを使う。そのカードと同時に、自分の IDナンバーがもらえる。例えば、wifiの契約をするのに、このIDナンバーが必要だった。

だから、電子国民になったからといって、エストニアに住めるわけではないのよ。でも、住むためには必要。

そう、じゃあe-residency cardを使って、どうやってエストニアに住めるようになるのかってことを、今私たちも挑戦しているところ。

会社を設立する

こっちに住むには、長期で滞在できるvisaが必要になってくる。もちろん、エストニアに就職する訳でもなく、エストニアに家族もいない。そこで、まずエストニアに会社を設立して、そこで働くためにvisaを出してもらうということが良いということに。

会社を設立するのに、このe-residency cardを使えば、簡単にできちゃうってことだそう。

※私たちは、まだできてません。笑


これまでの流れは、エストニアの警察や、会社設立をサポートしてくれているエストニアのSUCCESS HUB、エストニア移住のサポートをしている会社Work in Estoniaの人たちからのアドバイスより。


果たして本当にvisaが出るのか、エストニアに住めるようになるのかということを、これから報告していきます!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝です◎
4

Maruko

小学校教諭として約9年◎ 「教育環境プランナー」として、持続可能な教育を求め、現在エストニアに◎ ADHDの愛しきパートナー「かっちゃん」との珍道中◎ Estonia, Tallinn,「ムスヒ(産霊)」,Japanese foods, work shop
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。