見出し画像

「今、求められているリーダーシップは何か」という問いで考えるより、「今、みんながしたいけどできないことは何か」という問いで考えたほうが、理想のリーダーに近づける。

しゅんしゅしゅんです。

リーダーシップは混乱の時代をむかえている、らしい。

googleで"リーダーシップ"で検索すると、2,250万件の結果が表示される。"マネジメント"で検索すると、1億6,100万件の結果が表示されるので、マネジメントよりましとはいえ、調べても調べても答えにたどり着きそうにない。

冒頭で紹介した本は、世界最高峰のマネジメント誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」に掲載された"リーダーシップ"に関する論文や記事を集めたものだが、この本の編集にあたり寄稿された解説文の中では、確かに横文字が躍りに躍る。

「サーバント・リーダーシップ」
「フォロワーシップ」
「シチュエーショナル・リーダーシップ」
「ホラクルシー」
「ティール組織」

知っているような知っていないようなコトバたちだ。

そこに輪をかけて登場するのが本書のタイトルでもある「オーセンティック・リーダーシップ」

リーダーシップ論を歴史で語ると、これまでは、リーダーの行動パターンやそれが与える影響力、メンバーとの関係構築に注目が集まっていた。要するに、リーダーの言動に関する「WHAT」(何を?)や「HOW」(どのように?)が中心で、リーダーから外側に向けた矢印が主だった。

そこに登場してきたのが「オーセンティック・リーダーシップ」。リーダーに関するWHATやHOWよりも、「WHY」(なぜ?)を問う。他者ではなく自分自身に矢印を向け、自分のあり方を考える。

端的に言うと「自分らしさを貫く」ことを最も大切にしているリーダーシップ論だ。自分らしさを軸に、自らの目標に情熱的に取り組み、自らの価値観をぶれることなく実践していくことである。

とのことだが、なるほど小難しい。

まあでも心配することなかれ。字面は新しいが、内容はそうでもない。

最近のリーダー論と言えば「強いリーダより弱みをさらけ出せるリーダー」って見聞きしませんか?

「リーダーは決して万能である必要はない。万能なリーダーを演じることに押し潰されなくてもいい。弱さをさらけ出すことが信頼関係の第一歩。愛され助けられながら、行きたい世界を掲げ続ける人物がリーダーだ」ってな感じのリーダー論。

オーセンティック・リーダーシップといっても、本質はこの論とおんなじ。オーセンティックというピカピカの真新しい鎧をまとおうが、中身はそうそう変わらない。

ところで、僕は”リーダーシップ”という言葉がどうも好きじゃあない。

言葉の定義が広いというか、非化学的というか、実にうさんくさい。ビジネスの世界においては、”コミュニケーション能力”と同じくらい”リーダーシップ”というコトバは安く使われている。コミュニケーション、リーダーシップにイノベーションくらいが「日本三大安売り横文字」かもしれない。

そんなことを考えながら、この本の冒頭の寄稿記事を読んでいたのだが、ここ最近の大きな潮流はやはりトップ型リーダーシップという、いわゆる強いパワーで先導していくリーダーシップから、サーバント型リーダーシップという、メンバーの主体性を尊重し支援していくリーダシップだという。

その潮流の中、自分らしさを大切にするオーセンティック・リーダーシップが声高に叫ばれ始めているという。

ここでふと思うことがある。

このリーダーシップの変遷って、その時代において模範とされてきた生き方と同じでないだろうか?

その時代において求められるリーダーシップとは、つまるところその時代における「憧れの生き方の実践」ではないだろうか。

その時代において人がついてくるリーダーとは、つまるところその時代における「憧れの生き方を実践している人」ではないだろうか。

どんな時代においても、その時代ならではの事由で、人は何かが満ち足りないと思い、何かを不安に思う。満ち足りない何かを埋めてくれる、不安を解消してくれる人に、人は憧れふらふらとついていく。

オーセンティック・リーダーシップを自分らしさを大切にすることだと乱暴に定義すると、このリーダーシップは、SNSにより発達した相互監視の息苦しさや、承認を求めた自らの過剰装飾の疲労が、求めたことかもしれない。

監視、規範、常識、欺瞞…こんなコトバをうちやぶる人に、現代人は憧れる。自分にできないことをできる人、本当はそうありたい人に、人はついていくのだと思う。

「今、時代に必要なリーダーシップはなにか?」の問いは小難しいが、「今、みんながしたいけどできないことはなにか?」の問いならずいぶんと身近になる。

そうなると、今は自分らしさを貫いている人がリーダーかもしれないけど、さらに時代が進んで、世界が豊かになりお金によって人生が制限されなくなり、選択できないほど選択肢がある自由な世界になると、手っ取り早く”決めてくれる”強いリーダーがまた求められ始めるかもしれない。

なんたって、リーダーシップは時代の要請なのだから。

ぼやけていたリーダーシップの世界だけど、こうやって問いを変えると、少しだけ、霧が晴れる気がする。

では。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます!面白かったらスキ!超おもしろければサポートいただけると嬉しいです!これからもがんばります。

とっても良い1日になります!
27

しゅんしゅしゅん

白いごはんとビジネス書が好きな内省型ライター。本業は人材マッチングメディアの企画マネジャー職をやっています。収集欲が強いので、特定ジャンルを読み漁っては内省にふけるのが趣味。自分にぶっ刺さった本しか紹介しません。企画する人の思考のヒントを詰め込んでます。

しゅんしゅしゅん×ビジネス書

ビジネス書の内容と自身の経験を掛け合わせて、考えたこと感じたことを自由に書いたnoteをまとめています。超内省型人間しゅんしゅしゅんの真骨頂。1000冊以上のビジネス書を読んだしゅんしゅしゅんがお勧めするビジネス書達でもあります。学びがありまくりますよ、きっと。

コメント5件

そうですよね。人が2人いればそこにリーダーシップは関係しますもんね。

僕は伊賀泰代さんの「採用基準」という本の中で、なるほどリーダーシップはこれからの時代は誰しもに必要となってくるものかと納得したのですが、誰しもがもたなきゃいけないものになると、とたんにビッグなワードになってぼやぼやしてくるというか。

スキルなのかスタンスなのか、生き方なのか価値観なのか、ぼやぼやしたいけ好かない言葉になったのですw
採用基準、私も読みました。国語や算数と同様に誰であっても養う必要があるものですよね。
するとぼやぼやしますね。たしかに。
うーん。いけすかないですね。笑
オーセンティックリーダーシップ❣️新しい。ちょうど経営人材育成を支援しているので読んでみます❣️
小林さん、コメントありがとうございます!経営人材育成!育成する方も大変そう…どんな本を読まれてるのか気になります…!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。