自社の魅力をどのように伝えるか

noteを書くのが少し久しぶりになりました。
書きたいことはいくつかあるのですが、なかなか気分が乗らなかったのです…マイペースに、少しずつでも継続することを目指して引き続きやっていこうと思います。何事も、やらされている感じになったら嫌になりますしね。まあ別にやらされているわけじゃないんですけどね。

さて今日は、「自社の魅力って、普通の言葉じゃ伝えきれないよなあ」というお話をしようと思います。
先日、こんなツイートをしました。

これが今日のテーマのすべてではありますが、もう少し補足して書いてみようと思います。

先日参加したイベントで広報の人たちが集まっていたのですが、グループ内で自社をおすすめしたいのは10ポイント中何ポイントか、その魅力はなにか、というのを伝え合うワークがありました。

おすすめしたい度合いって相手によって違うよなーと思いつつ色々お話していたのですが、「うちはスピード感があるんですよね」「ベンチャーなので裁量権が…」と普通に言っている人が多かったことに驚いたのです。

そりゃあ事実だと思いますしそれぞれ良さがあるだろうとは思うのですが、「スピード感」「裁量権」「風通し」「優秀」「急成長中」って言われて「うそーそこで働いてみたい!!!」ってなりますかね?私はならないんですよね。むしろあまりいい印象を抱かない気がします。そんなのみんな言えるし、と。性格悪いですかね(笑)?

でもこんなリプライをもらって、その通りだなーと思いました。

具体的に、自分の言葉で語る

私が、ゴリゴリ働きたいと思っている若い人に自分の会社のいいところを伝えようと思ったら、こんな感じにします。

(あくまでもいいところのひとつですよ)

ベンチャーではよく言われることですけど、うちもスピード感と裁量権はあると思いますよ。私も新卒2年めのとき、「もっとこういう教育制度があればいいじゃん」と思い、1人で経営会議に参加して提案したら経営陣に「たしかに」と言って納得してもらえて自分主導で育成プログラムを作ることになったんですよね。それからオフサイトミーティングも自分と有志で試しにやってみたらすごくよかったのでその様子を報告したら、その後すぐに全社的にも取り入れてもらえることになりました。そういう社内の組織改善的な取り組みを色々としていたら数ヶ月後には「インナーコミュニケーション責任者」というこれまでになかった新しい役割を作ってもらえたんです。

こう言われて魅力に感じる人と感じない人はもちろんいると思いますが、でもこっちのほうがどんなスピード感なのか、どんな裁量があるのかがより伝わりませんか?実際面接とかでこういうお話をするといい反応をもらえて、さらに色々質問してもらったりすることも多いです。

できれば自分自身が体験したエピソードを自分の言葉で語る。それがなければ別の人の事例でもいいので、とにかく具体的にというのがポイントだと思います。一気に伝わり方が変わると思います。

注意も必要

じゃあ、自分の言葉で語ればオールオッケーかというと、それも違うと思うんですよね。上述した通り、この私のエピソードを魅力に感じる人もそうじゃない人もいるはずなのです。ちなみに上のお話も、中途で転職中の方が相手だったら、自分のエピソードではなく中途で活躍している人のお話をすると思います。

自分がいいと思ったからといってひたすら語っても、届けたい人に適切に届かない場合があります。白ワインが飲みたいなーって思っている人に赤ワインのリストを渡して、この農園のぶどうは…とか語っても、魅力的じゃないですよね。……ううーん…ちょっと例えがわかりにくいですかね(笑)。

とにかくそんなわけなので、伝えたい相手が何を求めているかをちゃんと把握した上で、その人に合った自社の魅力を具体的に自分の言葉で語る。こうすることで伝わり方がもっと変わりそうですよね、というお話でした。

当たり前のように思えても、この辺がうまくいっていないケースもあるんじゃないかなと思ったので書いてみました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!あなたにも「スキ」がたくさん集まりますように!
31

HRマーケターのいろいろ

HR×マーケティングについて
2つのマガジンに含まれています

コメント1件

ごきたさん

すごくかゆかったところを
掻いてもらった感覚です!

共感しています。


担当者の
言葉と実感のあいだにある誠実さを、

相手は
無意識的に受け取っているんでしょうね。

組織代表としてだけではなく

組織の中に立つ個人の気概を
提示したほうが伝わる

という人も
たくさんいるはず。


よい記事をありがとうございました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。