迷子の道しるべ #複業の原点

HARESのリレーコラム企画。本当はこの前の土曜日が担当だったのですが、ばっちり1週間勘違いしてしまっていました…。というわけで数日遅れで書いています。

さて今回のテーマは #副業の原点 ですって!
というわけで私が副業を始めたきっかけを振り返ってみようと思います。

突然、将来を考えるできごとが…

私は大学3年生のときからインターンをしていた会社にそのまま新卒で入社しました。就活という仕組みがどうしても嫌だったので、結局就活もせず直感でその会社に決めました。結果、毎日が本当に本当に楽しくて、とにかくたくさん働いたなあ。
「この会社に一生いることはないだろうなー」と思いつつも、楽しいし居心地がいいので転職など考えたことがほとんどありませんでした。

転機になったのが、今年の夏。
自分でも全くの予定外だったのですが、結婚することになったのです。これは本当に予定してなかった…。笑
こうして突然目の前にやってきたライフステージの変化。しかも当時、相手が大阪に転職するかも、みたいなお話が出ていたりとか、将来的には相手の実家のフランスに行くことになるかも、とか、色んなことを考え始めました。「これまでみたいに自由に自分だけの気持ちで意思決定がしにくくなるぞ」という現実にぶち当たったんですよね。

そんなことを考えていたら、「あれ、この先何をしていきたいんだっけ?」とか「どんな働き方、生き方をしたいんだっけ?」とか「そもそも私この会社にどれだけ貢献できてるんだろう?」とか、とにかく色々とぐるぐる考えるようになり…迷子になりかけていました。

パートナーとは一緒にいたい。だから大阪でもフランスでもどこに行くことになっても、場所にとらわれず自分の力で働けるようになりたい。その思いだけは突然強く持つようになりました。

でも、じゃあどうやって?
…そのとき気づいたのは、キャリアや働き方の判断軸が自分の中に少ないということ。大学のときから1社しか知らず、就活もしていないので色んな会社を見る機会もなく、視野が狭くなっていたのかなーと気づいたのです。
同じ時期に、同時に悩んでいた仕事のパフォーマンスに対する不安も、もっと広い世界を見て、そこでの学びを色々取り入れたら払拭できるのではと考えました。
というわけで、自分の中の判断軸を増やし、今の会社でパフォーマンスを高めるために始めたのが、フルリモートで採用支援をしている働き方ファームのCasterRecruitingチームだったのでした。

一歩前に進むことができた

今思うと複業は、プライベートでも仕事でも色んなことが重なり迷子になっていた私の道しるべだったような気がします。
複業は、自分が見る世界を広げてくれました。そのおかげで当時の本業がもっと楽しくなったし、この仕事が好きだと気づいた。それから自分がどんな人とどんな働き方をしたいのか、逆に苦手なことや嫌なことなどもぼんやり見えてくるようになりました。

「こっち!」と思ったらすぐに動かずにはいられない私。迷うことがあっても、自分の感覚が導く方向に、これからも進み続けたいと思います。
ちなみに最近もまたちょっと新たな不安と焦りが出てきているので、これをチャンスにとらえ複業で修行をしようかと考え中…。社長の西村さんも応援してくれているのが、ありがたいことです。
修行についてはまた動きがあったら書いてみます!

おしまい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!あなたにも「スキ」がたくさん集まりますように!
7

マリノ五木田梨絵

企業と個人のコミュニケーションやコンテンツ設計について考えています。ナイルでWebマーケコンサルをし、今はフリーランスで採用領域の支援。結婚したのでお気軽にマリノと呼んでください😚今年は日本とフランスの2拠点生活に挑戦!フランス語がんばり中🇫🇷働き方の選択肢を増やしたい。

HARESな人たち

「二兎を追って二兎を得る生き方」にチャレンジしているHARES(ヘアーズ)な人たちによる連載マガジンです。 月〜土は毎日更新、日曜日は休刊日です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。