「心」の状態が「体」に反映されている。


本日もお読みいただき、ありがとうございます。

一応、パーソナルトレーナーの五木田穣(ごきたゆたか)です。
一応と言うのは、限りなくパーソナルトレーナーっぽくないことをやっているからです。

先日のことですが、新規の方のセッションで

「人生の課題まで、全て言い当てられた!」

と驚かれました。

細かいことは伝えきれないのですが、その方は50歳で、
腰椎すべり症踵に痛みがあります。

心の状態(思考のパターン)が身体に反映されているので、
話し方や話す言葉、あらゆる所作、目の動き、呼吸のパターン、身体の状態などを観察すると、だいたいのことが言い当てられます。

顔と身体に全部書いてあるんですよね。

その方の場合、

①まず人の話を聴いてない。よく喋る。
②論点がズレる。自分の主張を述べる。余計な解釈をしすぎる。
③すぐに反応してしまう。言われたことを全部やろうとする。
④一つのことに集中できない。

のような傾向があり、そこも全部注意して直します。

「話を聴いてください」
「そんなこと言ってません。勝手に解釈を増やさないでください」
「まだ、何もやってなんて言ってません。勝手に始めないでください」
「質問されたことにだけ、答えてください。余計な解釈はいりません」
「すぐに何かしようとするのやめてください」
「難しく考えないでください。難しいと思うからできないんです」
「シンプルに考えてください」

みたいなことをズバズバ言いながらその場で修正していきます。
もちろん、もっと優しい表現で言っています(笑)

こちらは別に怒っているわけではなく、実際にイライラもしてないので、淡々とお伝えします。

だって、そこ(心の状態、思考の癖)から身体に負担がきてるから。
それだと根本的な改善はしないから。

相手のことを思えばこそ、大事なことは遠慮なく伝えます。その遠慮は無駄だし、結局その人のためにはならないから。その遠慮は優しさではなく、ある意味逃げですよね。自分の。嫌われたらどうしよう、みたいな。

でも、別に嫌われてもいいし、本当に相手のことを思えばこそ、ちゃんと必要なことはお伝えする。伝わるようにお伝えする。

愛があるからこそ、相手が嫌に思うようなことでも伝えるんです。それで来なくなったら来なくなっただし、自分は自分にしかできないことをやるだけ、お伝えするだけです。

そこで、相手がどういう反応するか、どういう行動をするかは相手次第ですから。

で、実際にやったのは、仰向けで股関節90度にして呼吸をして緩めるのだけです。その時に禅の話(調身、調息、調心)をしました。

「禅では、まず姿勢を整えて、呼吸を整えると、心も整ってくると言われています。仰向けにリラックスできる姿勢で寝ることで、姿勢を整えてます。そこで呼吸をすることで筋肉は緩み、身体から緊張が抜けてきます。そして、気持ちが良いので、心も落ち着いてきます。だから、坐禅っていいんですよ。この寝るやつは坐禅をしているのと一緒です」

みたいな話をしてて、さらに

「今、坐禅に行こうと思ったでしょ?行かなくていいです。これが坐禅と同じ効果ですから。いちいち反応するのやめましょう(笑)全部やろうとするから、何もできないんです。まず1つのことをきちんとやってください。そしてできるようになったら、次のをやりましょう。一つずつできることをクリアしていきましょう」

みたいな感じの話をしました。そしたら、

「なんで考えてることまでわかるんですか?!」

と驚かれてました(笑)

ちなみに、この方は遅刻してきました。

こう言うタイプの人は、スケジュールをキツキツで詰めていたり、色々やろうとしすぎて、時間に間に合わない傾向があります。

いつも焦ってるから、交感神経優位です。
で、ごめんなさい、ごめんなさい、とよく謝ります(笑)

で、今仕事探しをしているそうで、

「そういう感じ(指摘してきた喋り方)だと、採用する側の視点で見たら、絶対に採用しないですよ」と最終的には面接での立ち振る舞いについてなど、就職活動のアドバイスをして終わりました(笑)

改めて、自分が何屋さんなのかよくわからなくなってきた次第でございます(笑)


本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

スキ!やコメントをいただけると嬉しいです!

それでは、また〜。

五木田穣


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

五木田穣

五木田の頭の中

年間読書数200冊以上、年間神社参拝数500社以上、運動指導歴15年以上の五木田が常日頃考えていることを書き綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。