見出し画像

不安に思う暇があるなら、本を読め!

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

今年は300冊を読むことを予定している、五木田穣(ごきたゆたか)です。

年に300冊ということは、4ヶ月で100冊。1ヶ月25冊。今の所、順調です。

2年前の今日にこんな記事を書いていました。
我ながら、良いことを書いていますね(笑)


そんなわけで、過去の自分からのメッセージを読み、
『不安に思う暇があるなら本を読め!』と思ったので、
思ったことを書いてみます。

『理解』すること

『理解する』とは、『理を解する』ということ。

『理(ことわり)』とは、物事の筋道。条理。道理。
『解(かい)する』とは、わかる。理解する。解釈する。

つまりは、物事がそうなる理由。
それがわかること。理由がわかること。
それが『理解』する。

『知識』を増やす

「意識」を変えるためには「知識」が必要です。
「知識」がなければ「意識」することができません。

知識を増やしていかないと、現状をきちんと把握すること、意識をすることができません。

人は自分の「知識と経験」からしか物事を判断できないわけで。

現状を変えたいという場合、まず現状を「意識」することから始める。
でも、意識するためには、その現状をまず「理解」することが必要。
理解するには「知識」が必要。

てことで、知識と経験を増やして行くことが必要。

人生という道を歩むために

Googleマップは、圧倒的な情報量(知識量)があるから、
適切に現在地を把握し、ナビしてくれる
わけですよね。

人生という地図の中で、目的地に向かって適切に歩んでいくためには、
知識を増やして行くことが必要です。

自分自身の地図をアップデートしていくこと。
そのためには、本を読む、出かける、人に会う。
自分の知らないことを知っているメンターを見つける。

知識がなければ、現在地を正しく理解できないので、
人生という道で迷っちゃう
わけです。

『不安』に思う暇があるなら、本を読め!

人が「不安」という感情を抱くのは、
物事が「漠然としか理解できていない時」です。
要は、知識不足で、正しく理解できていない時です。

「不安」という感情を消すには、
漠然としたものを1つずつ、ハッキリとさせていくことです。
知らないことを増やしていくことです。

とにかく、アクション!
何も行動しなければ、現在地から動くことはできません。
行動することでしか、現状は変えられません。

まずは、知識を増やすこと。
悩んでいる暇があったら行動せよ!
不安に思っている暇があったら、本を読め!

自分自身が、圧倒的に本を読んでいるからこそ、
本を読むことをお勧めします。

大抵の不安の解決策は、全部本に書いてありますからね。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

スキ!やコメントをいただけると嬉しいです!

それでは、また〜。

五木田穣

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

五木田穣

心と身体のコーチング。心と身体の問題を整理して、解決に導くプロ。 「体の問題は、心(思考)の問題から発生している」という観点から、運動だけでなく、心(思考)にもアプローチをする珍しいパーソナルトレーナー。https://yourbestsolution.jp

五木田の頭の中

年間読書数200冊以上、年間神社参拝数500社以上、運動指導歴15年以上の五木田が常日頃考えていることを書き綴っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。