ノート_08062019_1

プロ意識と凡事徹底で「NOTE」も書いています。

NOTEを書き始めて数日が経過しました。

どうせ3日坊主だろ…と思ったんですが、毎日書いていますね。

私名義では電子書籍は書いていたのですが、ここ数年ブログとかは書いていませんでした。2019年7月からNOTEを本気を出して書きたいと思います。

その継続のポイントは…?

最高の循環の流れとは…?


kindle×NOTEの相性理論~楽をしよう~の意味とは。
https://note.mu/goldgod77/n/neca30d2d5fa6

で書かせて頂きました。

それと合わせてプレミアム会員500円にも入っているので意地でも元をとろうと思うのも私のモチベーションポイントだと思います。

本日はプロ意識と凡事徹底というテーマで書きたいと思います。

まずは、プロ意識として

NOTEを、趣味や暇つぶしでヤルことは考えてなく《ビジネス=仕事》としてとらえています。

私が、かく理由として

「コンテンツ提供業」だと思って日々書いています

貴方というお店にいったときに、(商品=情報)が少ないとウインドーショッピングもできずに、すぐに他の(お店=ユーザー)の所にいってしまうでしょう。

だから、有料無料問わずに(情報コンテンツ=商品)を出していかないといけないと思っています。

そのため、毎日書いて(コンテンツ=情報)を発信します。

それが、私が思っている「プロ意識」です。

2つ目は《凡事徹底》です。

誰もがやれる事を誰もがやらないレベルまでやる。という意味です。

とりあえずどんな事でも最初は「量」が必要です。量からじゃないと質がうまれないからです。誰もができる事を誰もができない位をやる事です。

例えば、ダーツがあります。

最初は全く当たりませんが。量こなしていくうちに段々と当たってきます。

それと同じで、アプトプットをかねて最低毎日は発信していきたいと思います。

先日、NOTEのセミナーにいったのですが下書きが100件たまっているという方がいらっしゃいました。意味がわかりません。

出してみないと、何が反応がよくて、何が悪いかデータも全くとれません。

そんなに、自意識過剰なのでしょうか。

私の事を気にしている方々が沢山いらっしゃって困るのでしょうか。

結局、他人なんて自分が思っているほど、自分のことなんか全く気にしてくれません。

とりあえず「量」を出して反応をみないと、コンテンツの鮮度もあがっていかなければ、上達も全くしません。

単なる暇つぶしなら全く問題ないですが、時間と労力をかけた傑作をお蔵にしまっているほど無駄な事はありません。

だったら、その記事を格安で売ってくれと言いたいぐらいです(笑)

私の事例ですが、

私は、2018年~2019年の春までYOU TUBEビジネスをやっていました。この凡事徹底の意味を知っていたので、最初は「量」にこだわりました。

1日最低20本動画を上げるという事をやっていました。

でも、数をこなしても最初なんて収益に結び付きませんでした。時給に落とし込んだら100円以下だったと思います。

月に3万円いくかいかないかのレベルでした。

《友人からのある電話》

この孤独な光がみえない作業をやっているときに、友人から暇つぶしの電話がかかってきて社交辞令でとります。

「今、動画を作成してがんばっていて疲れたので、ちょっと横になって休んでいた」

と伝えると…

「どうせ、微々たるもんだろ。定職につかないの?」と、意味が分からない事をいってきました。あちらの価値観はサラリーマンが定職という常識であり価値観なんでしょう。

それ以外は何をやっているか分からないダメ人間の烙印だったのでしょうか。

私は、相手が会社員であれば、それと同基準のマインドで気を使って話をしていました。

それだけ、コミュニケーションの調整役になって気を使って会話しているにも関わらず、上から失礼な奴だと思いました(それ以来、縁を切りました)

そういう、ドリームキラー(妨害者)を相手にしてモチベーションの起伏を乗り越え量をこなして試行錯誤しました。

「この作業は無駄だからツールを開発しよう」

「こういう動画を作ればユーザーの反応がとれるんだな」

というのが肌感覚で分かってきました。そして、成功曲線の右肩あがりにのり、この事業だけで平均すると20万円弱は収益がとれるようになりました。

何が当たるのかが分かってきました。

効率の方法がもわかってきました。

だから、量にこだわってNOTEも最低毎日書いていきたいと思います。

そこから、きっと見える世界があるはずです。

1年後にどうなっている事か…。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴方様にとって、私との縁が素晴らしい未来のヒントになれるように最大限の努力をしたいと思います。ありがとうございます。

ありがとうございます(^^♪すごく嬉しいです。感謝です。
2
都内でネット関連の自営業をやっています。アマゾン物販、電子書籍、コンテンツ販売、アフィリエイト、コンサル等の事業をしています。過去週刊SPA!にも取り上げて頂きました。「好きなコトを書いて収入にする」『人と比べず人から学ぶ』でやっていきたいです。