ノート_記事_0803

技術を習得しながらお金を稼ぐ時代

私が高校生の時はメールすらありませんでした。

個人がお金を稼ぐというのは容易ではありませんでした。だから雇われで働くしか考えもつきませんでした。

今のような自由な生活を予想もしてませんでした。

中二の事です。

同級生の松島君という友達から聞いた話で

Aというゲームショップで500円で購入したソフトをBというショップで1200円で買い取ってくれると


そこで700円を小遣い稼ぎをしていました。

でも、その情報が出回りショップ側が価格を統一してきたので終わりました。今でいうせどりのリアル店舗版です。

その700円という収益が非常に嬉しかったのを覚えています。

しかし、ネットが発達した現代において、起業や副業が容易にできる時代になりしたが、まだ古臭い考えをもつ方がいます。

例えば、この考え方もそうです。

技術を習得してから、その先に「マネタイズ、お金」があると思っている方が殆どです。

例えば、小4年少年野球(3年)→中学野球部(3年)→高校野球部(3年)→大学野球部(4年)→(マネタイズ、収入)プロ、セミプロ、野球関連企業で雇ってもらう。

という流れです。

野球で収入を得るために、大卒なら13年。高卒なら9年も技術習得や経験をしなきゃいけないという考えです。

昔なら、その考えしかないと思います。

しかし、今は違います。

技術を習得しながらお金を稼ぐ時代です。

小学校4年で野球をはじめて、それをNOTEやkindle、YOU TUBEでアウトプットしていきます。

練習が終わるたびにやって上記の媒体を大きくししていきます。

そこからマネタイズをしていけば、

技術習得&経験→アウトプット→マネタイズ→ストック1→技術習得&経験→アウトプット→マネタイズ→ストック2

という素晴らしい流れと蓄積ができてきます。

もちろん、小学校4年生からできる子は少ないので、親の協力は必須かと思います。でも、固定概念では最低でも9年間やらないと野球で収入を得られない考えから、小4から得ることができます。

最初は、数百円かもしれません。

だけども、野球で得た収入は収入です。収入を1円でも稼げばプロです。

チリも積もれば山となります。


もし、野球が好きで9年間

技術習得&経験→アウトプット→マネタイズ→ストック1→技術習得&経験→アウトプット→マネタイズ→ストック2

の流れを繰り返したら、どうなるでしょうか。ワクワクしてきますね。

アウトプット(教える、発信する作業、)をすれば、技術もかなりあがります。

プロの一流の選手は必ずといって良いほど、可愛がっている後輩がいますよね。

それは、この論理が働いていると思います。

そして、量をこなせば、知恵がつくので質もあがってきます。

ここでのマインドブロックは、

「こんな私なんかが教えてもいいのかな。発信しても良いのかな。私が下手で補欠だけどいいのかな」という考えです。

そんな事を考える事がナンセンスです。

貴方から「その事」を知りたいのです。聞きたいのです。

もう一度重要なので言います。

貴方から「その事」を知りたいのです。聞きたいのです。
貴方のレベル、バックボーン、現状から聞きたいのです。

人と比べずに、ドンドン技術習得や経験をしながら発信してマネタイズすれば良いです。

そうすれば、

お金も稼げて、勉強もでき、やっている事も向上する。好循環のスパイラルに入ります。

すると、人生の充実度をかなり上げる事ができます。

ぜひ、「技術習得して稼ぐ」ではなく「技術を習得しながらお金を稼ぐ」というマインドをもっていただければ幸いです。

動画と合わせながらみたら理解が深められると思います。

時が小さいので拡大してみていただければ幸いです。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴方様にとって、私との縁が素晴らしい未来のヒントになれるように最大限の努力をしたいと思います。ありがとうございます。

ありがとうございます(^^♪すごく嬉しいです。感謝です。
13

KOJI(コージ)

都内でネット関連の自営業をやっています。アマゾン物販、電子書籍、コンテンツ販売、アフィリエイト、コンサル等の事業をしています。過去週刊SPA!にも取り上げて頂きました。「好きなコトを書いて収入にする」『人と比べず人から学ぶ』でやっていきたいです。

都会にいながら自由なノマドライフ

人間関係と時間に縛られないストレスフリーのノマドな日々を公開いたします。自分のやりたい事を優先とした日々は「毎日、生きている」という感じがします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。