見出し画像

31歳会社員、債務整理。

結論から言うと、私は借金を直視するきっかけがあってもなお、カードを使うことを半年以上ストップすることができませんでした。そのため、カードが使えなくなる代わりに利息支払いを減らすことができる債務整理をしました。


・借金を直視するきっかけ(友人A)

2018年12月に、久しぶりに友人Aと会えることになりました。その時に、「〇〇さん、その借金もう見直さないと」と明言して下さったのです。この友人Aの前にも私のお金の使いかたについて苦言を呈してくれた人はいたのですが、私はここで初めてその事実を受け止めることにしました。

・告白(友人B・友人C)    

友人Aは、お金管理のアドバイスもできる人だったので定期的に相談にのってもらうことにしました。そして、年を開けてから、この恥ずかしい事実は誰にも言うまいと思っていたものの、友人Bと友人Cにも話してみました。すると、二人ともバカにすることなく話を聞いてくれて、親には話したの?と尋ねられました。

・借金を告白(親)         

私は迷いましたが、母の日で両親とも揃っている日に借金について打ち明けることにしました。(よりによって母の日。汗)親にはひどく幻滅されたり呆れられると思いましたが、親は意外とあっさりしていて、「返せるじゃないいんじゃない」と。それだけでした。緊張して暗い気持ちで話していましたが、意外にもあっさりしていました。

・貯金3万円            

私はまず給料(25万円)を全て使ってしまっていたので、全部使わずにまず貯金をする。を始めました。しかし3月に車の車検があって貯めたお金は無くなりました。涙。でも、貯めてなかったら車検のお金も払えなかったので、よしとしました。

・カード払いを止められず      

私は給料25万円のなかで毎月17万円ほど借金支払いをしながら、生活費や交際費(&交通費)を使っていて、自分の欲しいものや行きたいところにかけるお金をストップすることはしませんでした。※直視しようと決めたものの、お金を向き合うのがつらいので、返済額をメモしてもまた忘れるの繰り返し。

・債務整理      

自分が自分でカード決済を止められていない。自制できていないと分かったためついに、今月債務整理を行いました。

※qutaqutaさん、返済に向けて前を向けた自分を表すのに、画像使わせていただきました。使わせていただきすみません、ありがとうございます。


次回予告

次回は、私がいま現在お金のことを学んでいるおすすめサイトをご紹介します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ごはん

ごはんが好きなgohanです。31歳(会社員)にして、440万円の借金の債務整理をすることにしました。2018年12月から始まったお金と向き合うことを記録しておきたいと思い書き始めました。どうぞよろしくお願いいたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。