【2019年最新カオスマップ】国内ブロックチェーンスタートアップ俯瞰図

㈱クロスデジタル CEO・㈱ブロックチェーンハブ Chief Marketing Officer の増田 剛です。

2017年の仮想通貨・ICOバブルが崩壊して、ブロックチェーンに対する一般的な見方はポジティブではないかもしれません。Gartnerの2018年版ハイプサイクルでもブロックチェーンは幻滅期にあるとされています。

出典:ガートナー (2018年8月)

しかし一方で、少なくともブロックチェーン関連スタートアップへのベンチャーキャピタル投資は2018年で金額・ラウンド数ともに大きく伸びています(2017年対比 約4倍)。

出典:Coindesk

ブロックチェーンの本格的な社会実装に向けた取り組みは、まさにこれからだと考えています。かつての「なんでもブロックチェーン」「ブロックチェーンは魔法の杖」といった風潮から、地に足の着いたフェーズへの移行が期待されます。国内でも多くのスタートアップがプロダクト開発に取り組んでおり、β版から本番運用に進んでいるものも少なくありません。今後1-2年の間に、さらに多くの実態的なビジネス化が進むことでしょう。

2019年度のはじまり、新元号の制定を控え、改めて国内のブロックチェーンビジネスシーンを振り返る意味で、最新版のカオスマップをスタートアップにフォーカスして作成しました。

来年のこの時期には、このマップはさらに「カオス」になっているか、もしくは収斂に向かっているのか、注目です。

16

増田 剛(ブロックチェーン・証券トークン Advocate)

株式会社クロスデジタル CEO、株式会社ブロックチェーンハブ CMO、一般社団法人日本セキュリティトークン協会 代表理事。大手重電、戦略コンサル、メガバンク(海外プロジェクト融資、オープンイノベーション・海外VC投資)を経験。英国ケンブリッジ大学 MBA。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。