「好きなことで、生きていく」は、博打ではない。

会社を辞めて半年が経ちました。

この半年で自分の考えがどう変わったか、書いてみようと思います。 

サラリーマンだった頃は、 「会社を辞めたら一発当てて有名になって、好きなことで生きていくんだ!」なんて考えていました。

でも、実際に会社を辞めて、20代後半の同世代フリーランスな人たちと過ごすようになって、考えが変わりました。 


「好きなことで、生きていく」は、「博打で、一発当てること」とは違う。

 だって、「好きなことで生きている人」ってかなり戦略的ですから(笑)


ぼくの周りで「好きなことで生きている」人はこんな人たちです。 

1.    複数の収入源がある

例えば、個人ブログを書きながらWebメディアの運営や雑誌への寄稿をしていたり、日本酒バーをやりながらECサイトのコンサルティングをしていたり。複数の収入源をもつことでリスクを分散しつつ、より好きな仕事にシフトいけるようにしています。

2.    生活に必要なコストを把握し、抑えている

例えば、固定費の高いスマホを解約してガラケーにしていたり、都心から地方に移住していたり。彼らは、日々の生活に必要なお金が何円なのかをしっかり把握し、そのうえで無駄な浪費や消費を抑えています。その分、好きなことにお金や時間を使っているみたいですね。

3.    絶えず試行錯誤している

好奇心が強く、いろいろなことにチャレンジしています。有料オンラインコミュニティを始めたり、学校を設立したり。理想的なライフスタイルについても、妥協せず日々模索しています。


彼らは、好きなことをやって毎日イキイキと生活しています。

そんな姿を見ていて「自分にもできるかも…」という気になってきました。


時間やお金に縛られず、好きなことをやって生きる豊かな生活。

僕もそんな生活を目指していきます。  

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

中込孝規|ダンスで世界一周。

一万人の子どもにダンスを教えて世界一周しました。今は世界中の子どもたちをダンスでつなぐ活動してます。/前職ベネッセ/早稲田大学商学部卒/キッズダンススクール講師/ストリートダンス(POP)/ルアンパバーン国際映画祭2014出演/ハラレ国際芸術祭(HIFA)2015出演など

コメント2件

いいですね。ぼくもこういう生き方を目指してます!! 頑張りましょうね。♪
ありがとうございます!はい、楽しみながらがんばっていきましょう^^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。