見出し画像

【RIZIN】那須川天心が海外出稽古、日本拳法体験、そしてRIZIN中村優作戦に向けて語ったこと。

5月6日(日)マリンメッセ福岡にて開催される『RIZIN.10』で、初代WSOF-GCフライ級王者・中村優作(チーム・アルファメール・ジャパン)と対戦するRISEバンタム級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)が4月23日、千葉県新松戸のTEPPEN GYMで公開練習を行った。

Abema TVの企画で日本拳法に挑戦した那須川は、4月13日から19日までシンガポール「EVOLVEジム」でも練習を積み、ONE Championshipマニラ大会を観戦、21日に帰国していた。

この日の公開練習では、父・弘幸氏を相手に1Rのミット打ちと、6月17日のRISE幕張大会に揃って参戦する白鳥大珠を相手に1Rのマススパーを披露。角度をつけたスピーディなミット打ちではスーパーマンパンチなども見せ、マスでは「今回のテーマは足技」という通り、マットに手を着いてのセンチャイ蹴りなど様々な軌道の蹴りを試していた。

公開練習後の囲み取材での一問一答を、動画と本人の画像と共に振り返る。

EVOLVEジムで得た相手との距離感、蹴りの当て方

──シンガポールではどんなことを?

「観光は全くしていないです。朝起きて走って、練習して、休んでまた練習して」

──EVOLVEジムではどんな人がミットを持ってくれたんですか?

「いろいろな人がいて、ミットはムエタイっぽいミットではなくて、スピードがある日本向けのキックボクシングのスタイルでした。MMAの選手にもムエタイを教えているので、そういうのをミックスしたミットをやってもらいました」

──刺激になりましたか?

「メチャクチャなりましたね。こんなにいい環境があるのかと。日本のみんなにも行ってもらいたいです」

──1R3分ではなく5分のミット打ちもしたようですね。

「そうですね、1R5分で。なんでなんですかね。キックのプロ練習でMMAの選手がそんなにいなかったんですよ。5分で体力をつけようという考えじゃないのかなと。メチャメチャ疲れました」

──一番、得たものは何ですか?

「相手との距離感とか。ノンオー(元ラジャダムナン&ルンピニー四階級王者)やサムエー(元ルンピニー二階級王者)らムエタイのレジェンド選手(サゲッダーオとも練習)もいたので、とにかく蹴りがもの凄くて。サムエーなんて蹴りが見えなくて。なんで? みたいな感じでした。収穫はありました」

──SNSで「ボコボコにされた」というようなことが書いてありましたが。

「そうですね、結構やられました。行った初日にやられたので。顔面パンチを当てると凄い怒るんですよ(笑)。メチャメチャやり返されて。あんまり顔は当てないようにしようかなって(苦笑)。サムエーとかが試合が近くてあまりやる機会が無かったんですけど、見てるだけで勉強になりました。あとはオロノーにもミットやってもらって、どうすれば蹴りが当たるかとか、いいところとか悪いところを教えてもらいました」

──そもそもなぜ海外練習や視察をしようと?

「海外にもいろんなジムがあると聞いて、Abema TVでの武者修行という撮影もありましたので、こういう機会だから行ってみないかと言われて、行ってみることにしました」

ペトロシアンはレベルが違った。日本でしてきたことが通用する部分もたくさんある

──『ONE Championship』でジョルジオ・ペトロシアンの試合を生で見てどう感じましたか?

「やっぱりレベルが違いましたね、ペトロシアン。相手のタイ人の選手(ジョー・ナタウット(Lion Fight世界スーパーウェルター級王者)も強い選手って聞いていて、どんなもんかな? と思っていましたけど、(ペトロシアンは)1人だけ違いましたね。(同じ)サウスポーだし勉強になりましたし。初めて生で見たんで。ただ残念なことに、あんまり周りのお客さんが盛り上がらなかったですね。なんか一方的すぎて、メチャメチャ綺麗すぎて。(会場は)相手が攻撃したときに頑張れ、という雰囲気でした。もっと強い相手との試合が見たいと思いました」

──同じサウスポーでもスタイルは異なる?

「タイプは自分と似てるように思いました。当てさせずに自分だけ当てる。打ち合うタイプじゃない。冷静に戦って。すごく勉強になることがいっぱいありました。対戦相手がタイ人でしたけど、(ペトロシアンは)タイ人よりタイ人でした」

──5月6日のRIZIN後には6月17日の「RISE125」幕張メッセ・イベントホール大会でタイの強豪ロッタン・ジットムアンノン(※スアキムからダウンを奪って勝利)との対戦も控えています。タイ人との練習で得るものもありましたか?

「だいぶ得るものがありましたね。距離だったり、タイ人と戦う時の動きだったり。みんな普通のタイ人じゃない。いろんなジムを見てきましたけど、ここまで強い、ここまで差があるのかというのがあったので、いいトレーニングになりました」

──EVOLVEでの練習などで世界の広さを感じた?

「そうですね……でも通用する部分もたくさんあるなと感じましたね。もっと通用しないかなと思っていたんですけど、これまでやってきたことは間違いじゃないと感じました。そこにプラスアルファして技術面とか収穫すればもっと強くなるんじゃないかと思いました」

日本拳法体験は素晴らしかった。縦拳が見えなかった

──AbemaTVの企画(「VS那須川天心 -那須川天心挑戦者決定トーナメント」 )で日本拳法の練習もしていましたが。

「面白かったですね。あの企画は素晴らしいと思いました。距離が遠いです。あと防具が重くて、首座ってない赤ちゃんみたいでした(笑)。真っすぐに頭を置いておかないとバランスが崩れるし、横によけにくいんですよね。それと、縦拳が見えなかったです」

──日本拳法出身の中村優作選手との試合に向け対策になった?

「そうですね……でも、中村選手と対戦するから日本拳法をやったんじゃなく、前から決まっていたんで、意識することでも無いかなと思います。日本拳法をやっていたと言っても、今は普通のMMAの打撃の選手なので、そこは特に意識することは無いかなと思いました。でも面白かったです。久々に道衣も着ましたし」

──中村優作選手の印象は?

「飛び込むとカウンター打ってくるんで、そこをどう詰めるか。今回自分から仕掛けないと攻撃してこないかなっていうのは思いますね。今回は足技を色々やって行こうと思っているんで。よくパンチで倒していますけど、色んな足技を見せて倒そうかなと思います」

──練習では水面蹴りも出しましたが。

「まあいろいろと。やっぱ、テレビにも映るんで、そういう面も考えたりしますし、いつも通り派手なKOでブッ飛ばさないといけないなと思います」

──中村選手が得意とするカウンターでかぶせる右のパンチと、タイミングよく当てるヒザは、テイクダウンのあるMMAだから当たると考えますか?

「キックでも普通に通用すると思いますね。ああいう選手はキックボクサーとしては見たことがないと思います。でも、自分はどんなスタイルの相手とやってもイメージできるんで、他の人なら通用しても、僕には通用しないと思います」

──中村選手らチーム・アルファメールジャパンがTRY HARD GYMで出稽古していることは気になりますか?

「(ネットで)見ました、見ました。まあ、別に。自分より強い選手がいる場所でもないじゃないですか。そういう人に教えてもらっても、そこまで意味無いんじゃないかなとは思います」

カウンター狙いにカウンターを合わせたい

──理想とするKOは?

「ああ、(足技がテーマと言いながら)でも一番の理想は……パンチなんです(笑)。相手がカウンターを打ってきたところにさらにカウンターを合わせて。パッとなったときにバンッ! ていう、サムライみたいにすれ違った瞬間に終わってるみたいな。それで(勝利のガッポーズの)手を上げずに後ろを向いてそのまま立っているという。いつもワーッて(ガッツポーズ)してしまうんですけど(笑)、それをやらずにクールにいきたいなと(笑)」

──年間の試合数が多い中で、あらためてRIZINに参戦する意味とは?

「みんなに那須川天心という存在を知ってもらうのと、メインは総合格闘技の団体のなかで、MMAもキックも両方いいところを見せたい。キックボクシングでも盛り上げて活躍することで、『こいつどうなのかな?』っていう人に、『キックも面白い』と思ってくれる人が増えてくれれば。そこでキックをやって面白くない試合をしたら『やらなくていいじゃん』ということになるので、アグレッシブに攻めたいですよね」

──キックボクシングを広めたいと。

「今のところはそうですね。MMAもやってと言われますが『待ってて』という感じです」

【関連記事】

堀口恭司「全部自分の主導権でやるのが一番いい」

浜崎朱加「藤井惠さんから『世界チャンピオンになった朱加の力を見せる義務がある』と言われました」

浅倉カンナ「黒部さんとは実戦に近い練習ができます」×黒部三奈「カンナちゃんはほんとうに可愛いすぎて……」

────────────────────

◆「RIZIN.10」
5月6日(日)マリンメッセ福岡
開場13:30 開始14:30

【チケット】
VIP席<特典付> 100,000円
SRS席 20,000円
S席 10,000円
A席 6,000円
※全席指定・消費税込
※1歳よりチケットが必要
http://jp.rizinff.com/_ct/17141092

◆放送概要

【フジテレビ系列全国ネット】
5月6日(日)19:57~

【スカパー!】
「RIZIN.10」PPVノーカット完全生中継
5月6日(日)14:30~スカチャン1
(スカパー!:CS801/プレミアムサービス:Ch.581)
料金(PPS/PPV):3,000円(税別)
販売期間:~2018年5月17日(木)
再放送日:5月6日(日)21:30スカチャン3(スカパー!:CS805/プレミアムサービス:Ch.583)
5月7日(月)18:00スカチャン3(スカパー!:CS805/プレミアムサービス:Ch.583)
5月8日(火)19:00スカチャン1(スカパー!:CS801/プレミアムサービス:Ch.581)他多数

【GYAO!】
「RIZIN.10」2018年5月6日大会PPV LIVE
5月6日(日)14:15~
料金:2,000円(税別)
出演者:ユリオカ超特Q・小池美由
PPV LIVEの販売は4月25日(水)13:00(予定)より下記にて販売開始予定

これまでの全試合を一挙無料アーカイブ配信中

RIZIN.10の全試合を5/7 18:00(予定)から無料アーカイブ配信

【FITE TV】
5月6日(日)14:30~ライブストリーミング(日本を除く全世界)
料金:US$19.99

────────────────────

『ゴング格闘技ベストセレクション 1986-2017』発売中!

『ゴング格闘技ベストセレクション 1986-2017』がイースト・プレスより発売中。本文二段組、560頁に及ぶ第1弾の今回は歴史篇。 那須川弘幸氏×天心の親子鷹対談。柔道、柔術、レスリング、バーリトゥード、MMA、空手、キック、立ち技格闘技など、ゴン格31年の取材史に書き下ろしコラムも収録! → http://goo.gl/Enmvrc

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでいただき、ありがとうございます。
4

ゴング格闘技

『ゴング格闘技』公式noteです。格闘技のインタビューや試合をアップ。『ゴング格闘技ベストセレクション 1986-2017』も発売中→http://goo.gl/Enmvrc 日々のニュースはtwitterで→https://twitter.com/GONG_KAKUTOGI

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。