【RIZIN】堀口恭司が9秒KO勝利で「那須川くん、やろうよ。立ち技最強トーナメント」。那須川天心は中村優作を2R TKO。浅倉カンナにRENAが再戦要求=5.6 RIZIN.10 詳報

5月6日(日)マリンメッセ福岡にて『RIZIN.10』が開催され、メインでイアン・マッコールをわずか9秒でKOした堀口恭司、セミで中村優作をキックルールで2R TKOに下した那須川天心が、ともに今秋から年末にかけて予定されている「RIZINキックWORLD GP 2018」での対戦をアピールした。

また、第10試合でRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント優勝者の浅倉カンナがカナダのメリッサ・カラジャニスに判定勝利。試合後、RENAがリングに上がり、再戦を要求したが、浅倉は「(年末以降)MMAの試合をしていないRENAさんの挑戦を受けるのはどうかなと思う」と返答を保留した。

RIZIN初参戦となった元INVICTA FCアトム級世界王者の浜崎朱加はアリーシャ・ガルシア相手に判定勝ち。修斗世界ライト級王者の松本光史はダロン・クルックシャンクに1R KO負けした。

▼第12試合 メインイベント61kg契約 5分3R
○堀口恭司(60.80kg/ATT)
[1R 0分09秒 KO]
×イアン・マッコール(60.75kg/米国)

※オーソの堀口、サウスポーのマッコール。低い構えからステップ踏む堀口にマッコールは右から左のワンツーを2度。2度目の左ストレートを頭を倒して右にかわして左フックを当てた堀口が秒殺KO。

試合後、リング上で堀口は「戦ってくれたイアン選手、ありがとうございます。相手が攻めてきたんで左のカウンターを狙ってました。那須川くん、やろうよ。立ち技最強トーナメント、俺も出るんで。よろしくお願いします!」とRIZINのキックトーナメント参戦を宣言。

試合後会見で、榊原委員長は「RIZINキックWORLD GP 2018」の開催をあらためて発表。9月までの大会で選手を絞り、9月、12月大会でトーナメント本戦を開催するプランを明かした。

また、榊原委員長は、リングサイドで観戦した大雅のトーナメント参加について、「大雅選手は契約さえクリアすれば」と話し、「タイや中国など、キックにこだわらず来日していない立ち技の最強の猛者を集めたい」と語った。

▼第11試合 セミファイナル キックルール 58kg契約 3分3R
◯那須川天心(57.85kg/TARGET/Cygames)
[2R 1分42秒 TKO(※3ノックダウン)]
×中村優作(57.65kg/チーム・アルファメール・ジャパン)

入場中、観客席の田中路教とハグした中村。リングインする前にセコンドの石原夜叉坊らからも送り出される。リングサイドにはHIROYAと大雅の姿も。

1R、オーソドックスの中村、サウスポーの那須川。遠い間合いから小刻みにステップを踏み、飛び込んでクリンチは中村。中村の入り際に鋭いワンツーを那須川は入れる。そこにMMAの染み付いた動きから組み付いていく中村。左の中村の飛び込みの後に右を被せる那須川。中村が右ローをヒット、那須川は思い出したように左ミドルなど蹴り技を混ぜ、右ストレート! 中村は組みついて凌ぐ。中村もタイミングをはかり速い右を入れるが、那須川は続く中村の右をかわしながら胴廻し回転蹴り! 中村からダウンを奪うもゴング。

2R、互いの蹴り終わりに続けて左を合わせダウンを奪う那須川。立つ中村にさらに右から左! 中村の攻撃を見切る那須川は、最後も中村の右に左ストレートを当て、3ノックダウンを奪い勝利した。

◆那須川(リング上)
「冷や冷やしました。リング上で力んじゃって、優作選手の入り込みが速くて、それを気をつけすぎてしまいました。結果的に倒せて本当に良かったです。

今回、RIZINという舞台で自分はキックボクシングルールでやらせてもらってるんですが、MMAはキックもあり、僕はこうして中村選手と対戦したことに誇りを持っています。中村選手も同じ気持ちだと思っています。

6月17日にRISEで、過去に僕が判定勝ちしたスアキム選手を倒しているロッタン選手と世界タイトルマッチをやります。応援に来てください。RIZINでキックのトーナメントのベルトも欲しいです。強い相手とどんどん戦いたいので、ぜひキックのベルトも作ってください! 応援宜しくお願いします」

▼第10試合 女子49kg契約※ヒジ有り 5分3R
○浅倉カンナ(48.75kg/パラエストラ松戸/RIZIN女子スーパーアトム級T優勝)
[判定3-0]
×メリッサ・カラジャニス(48.95kg/カナダ)

リングサイドでRENAが見守るなかゴング。1R、サウスポーの浅倉にオーソのカラジャニス。浅倉はワンツー振りながら左ハイでけん制する。距離取るカラジャニスに浅倉はダブルレッグTD。左で脇差し右にパスする浅倉にカラジャニスは背中を見せる。バックに回る浅倉は右足フック。シングルバックから立つカラジャニスをすぐに再びダブルレッグでTDするとハーフからアメリカーナ狙い、さらにヒジを落としパス! グラウンド状態でヒザを突く。

2R、右インローはカラジャニス。遠間から浅倉はカラジャニスの打撃を避け、打ち終わりにダブルレッグTD! クローズドでギロチン、頭を抱えこむカラジャニスだが、頭抜いた浅倉に下からカラジャニスはヒジ。かついでパスした浅倉はサイドに。マウントに移行しチョーク狙い。抜いたカラジャニスに浅倉は腕十字へ。カラジャニスの腕が伸びるが角度をズラしたカラジャニスが凌ぐと、浅倉はキムラ狙いでゴング。

3R、カラジャニスの打撃をかい潜り組み付く浅倉。切られると浅倉は際で打撃を打ち込む。カラジャニスは左ミドル・ハイ。浅倉はボディロックから押し込みダブルレッグに切り替え、脇を潜りバックへ! しかし正対したカラジャニスを再びボディロックからTD。ハーフからマウントとポジションを奪い、腕十字もカラジャニスは仕掛ける際で抜いて立つ。最後は浅倉が打撃で前進しゴング。判定3-0で浅倉が勝利。

(リング上で)

浅倉「皆さん、今日は応援ありがとうございました。去年の10月に福岡で試合をしてトーナメント1回戦を勝って、年末に勝って、また福岡に戻って来れて嬉しいです。チャンピオンになっての第1戦でしっかり勝ちたかったのですが、こういう展開になってしまい、まだまだだなぁと実感しました。でも今年も、もっともっと強くなって皆さんと一緒にRIZINを盛り上げていけたらなと思います。よろしくお願いいたします。ありがとうございました」

リングサイドで浅倉の試合を観戦していたRENAがリングイン。

RENA「ひとつお願いがあります。トーナメントに敗れて凄く悔しくて悔しくて、『もういいかな』と思った時も一瞬あったんですけど、やっぱり悔しくて……。シーザー会長、榊原代表、高田さん、トーナメントではなくワンマッチとして浅倉カンナ選手とのリマッチを実現させてください」

浅倉「試合が終わったばかりで……。自分がチャンピオンになって追われる立場になり、改めてRENAさんの凄さを実感しました。でもファイターとして自分は一戦して、RENAさんはMMAで試合をしていなくて、正直、どうかなと。本当にチャンピオンになってもこんな結果で、この立場では言えないかもしれないですけど、今はちょっとまだ考えられないかなと。やっぱりRENAさんとは一緒に練習していたというのもあって、気持ちも作ってやってきたので、また(すぐ)再戦っていうのも……」

RENA「フラれてもうたが! でも大丈夫。7月6日に(シュートボクシングの)Girls S-cupで試合を行うので、その後、7月29日の大会(RIZIN)でどうですか?」

浅倉「そうしたらRENAさんは7月に2試合(SBとRIZIN)やるということで、大丈夫ですか……でもやっぱりちょっと考えさせてください」

RENA「今回フラれちゃったんですけれど、女子格闘技を盛り上げるために皆さんのお力を借りたいと思っています。今のままではダメですが、死に物狂いで浅倉カンナを潰しに行きます!」

(バックステージ会見にて)

浅倉「試合内容は極め切れなかったので納得がいっていません。やってきたことが出せなかったです。今まで行けなかった腕十字とかに行けたのは、トーナメントの成果ですが、課題が見つかりました。(REANからの対戦要求は)いきなりすぎて、どうしていいか分からなかったです。正直なところ、MMAの試合を積んでから言ってほしかったです。自分は試合をしてきたけど、RENA選手はやってなかったので」

▼第9試合 70kg契約 5分3R
◯矢地祐介(69.75kg/KRAZY BEE)
[判定2-1]
×ディエゴ・ヌネス(69.75kg/ブラジル)

日本で戦う強いモチベーションとともにRIZINに参戦したヌネスはオーソドックス構え。5連勝中の矢地はサウスポー。

1R、ヌネスはじっくり右ハイでけん制。矢地も左ロー返す。矢地の入りに右を返すヌネス。コーナーに詰めてダブルレッグも差し上げる矢地は首相撲にとらえヒザで突き放す。右ミドルはヌネス。右インローも。左構えの矢地に強い右ミドルを入れるヌネス。パワフルな左右からロープに詰め組み付くヌネスに矢地は両脇を差し入れブレーク。後ろ蹴りでけん制する。

2R、後ろ廻し蹴りはヌネス。さらに左右フックを強振するが、矢地も左フック当て、首相撲からヒザ! 右三日月蹴りから声を上げ、左右で前進するヌネスは、ダブルレッグに入るが差し上げた矢地が上に。しかしヌネスは潜ってのヒザ十字狙い。ヒザを伸ばさせない矢地は立つが、ヌネスはダブルレッグでついにTD! 立つ矢地にヌネスの左フックがヒット! しかし頭下げるヌネスに矢地は首相撲からヒザ。さらに蹴りもバランスを崩しスリップ。上からパウンドのヌネスに矢地は下から蹴り上げ! 疲労したかヌネスは上をキープする。

3R、際でのバックの取り合いから正対する矢地。ヌネスはコーナーに詰め右の二段跳びヒザを当てると前へ。四つからボディロックし渾身のテイクダウン! 背中をついた矢地にパスガードのプレッシャーをかけながらパウンド。矢地も下から蹴り上げ脇差し立つ。右の連打でコーナーに詰めるヌネス。右ミドルに下がる矢地は右フック! フラフラと後退するヌネスも倒れず打ち返し。3Rトータルの判定は2-1で矢地が辛勝。マイクを持たずにリングを後にした。

▼第8試合 70kg契約※ヒジ有り 5分3R
○ダロン・クルックシャンク(69.85kg/米国)
[1R 3分52秒 KO]
×松本光史(69.95kg/フリー/修斗ライト級世界王者)

1R、共にオーソドックス構え。時折サウスポーにスイッチし、オーソに戻すクルックシャンクは左ミドルから右ハイ。じりじり圧力かける松本は相手の右をしっかりかわし右インロー。クルックシャンクはロープに詰めると左右振りヒザまで繋ぐが松本は左に回ってかわす。右をかぶせてくるクルックシャンクは距離詰め首相撲から右ヒザで松本を右に振り、その放し際に頭を戻してきた松本に左手を松本の顔面の前に残して眼隠ししたまま左ハイ! 見えていなかった松本はアゴにハイを浴び、失神ダウン。すぐさまレフェリーが試合を止めた。

▼第7試合 キックルール 51.5kg契約 3分3R
○石井一成(51.4kg/東京KBA)
[判定3-0(30-28×3)]
×栄井大進(51.3kg/TARGET)

1R、オーソの石井の左の入り際に、サウスポーの栄井はワンツーの左ストレート! ロープまで下がる石井は回ると、ここで火がついたか左フックをヒットさせてラッシュ。さらに右ミドルで反撃の石井は前蹴り、右ミドルの軌道からハイへ! 左ストレート狙う栄井に、石井は右ストレートで栄井のアゴを上げさせる。

2R、栄井のスーパーマンパンチに石井の右ローが股間に入り試合中断。再開。右ハイから入る石井は一気に間合いを詰める。栄井も打ち合いに応じるが、近距離は石井。右ストレートを当て、跳びヒザ蹴りも。

3R、前に詰める石井。右ミドル、右ロー、右ストレートと、サウスポーの栄井に的を絞らせず右の攻撃を繰り出すと、栄井は後退。バッティングで栄井が倒れるが再開。石井の勢いは止まらず、。右ストレートに栄井の上体が揺れる。判定3−0(30-28×3)で石井が地元で勝利。

▼第6試合 59kg契約 5分3R
◯朝倉 海(58.9kg/トライフォース赤坂)
[判定2-1]
×マネル・ケイプ(59.0kg/アンゴラ)

バンタムのケイプとフライの朝倉、体重は59kg契約。1R、共にオーソドックス。低い構えから朝倉は右ロー。朝倉の右の打ち終わりにケイプは右を入れる。ケイプのシングルレッグを切る朝倉はケイプの入り際に左ミドル! しかし、ケイプも低い構えからいきなり軌道を変えて左顔面にジャブを当てる。ケイプはさらにアッパー、フックと連打からTD! しかし朝倉も立つ。朝倉の右フックを受けるもまたもゾンビのように上体を揺らして蘇生してくるケイプ。朝倉のニンジャチョークも頭を抜き、脇をくぐり組み付くと今度はケイプがギロチンへ。外した朝倉は立ち際にサッカーキックもケイプはかわす。朝倉は鼻血。

2R、距離を取る朝倉に来いと挑発するケイプ。朝倉は左ミドル。跳びヒザ放つがケイプの左ジャブに朝倉のアゴが上がる。前に出てきたケイプに右目尻から出血した朝倉はダブルレッグTD! 頭を抱えたケイプにサイド奪う朝倉。足戻し右でオーバーフックはケイプ。左で脇を差すケイプは潜るがはがす朝倉は右脇を差して背中を着かせヒザ! さらに離れてフットスタンプ! ケイプの立ち際にサッカーキックも狙う。

3R、ワンツーも前がかりにはならない朝倉。ジャブから右ハイも狙う。朝倉の入りにカウンターを狙うケイプだが待ちの体勢。朝倉はニータップから片足つかみ放し際に右フックを振る。右ボディ当てる朝倉。朝倉のニータップで伸ばした右がアイポークとなり、中断後、再開。互いに左右が交錯もケイプは逃げ切り体勢でステップ。ゴングにケイプは両手を挙げるが……。判定は2-1で朝倉が接戦を制した。

▼第5試合 女子49kg契約※ヒジ有り 5分3R
○浜崎朱加(48.85kg/AACC)
[判定3-0]
×アリーシャ・ガルシア(49.0kg/米国/UWF USA)

ガルシアのセコンドはジョシュ。浜崎のセコンドにRENA、アミバ。

1R、左構えの浜崎にオーソのガルシア。ワンツーから積極的に前に出る浜崎だがガードが低い。組み付いてのボディロックからのTDに足を効かすガルシア。立ち際をバックにつくがガルシアも正対。ヒザを突く。浜崎の右で小手に巻いての投げは耐えるガルシア。大外でヒザをマットに着かせるが投げ切れず。立つガルシアの右スーパーマンパンチからの右の4連打に下がる浜崎は鼻血。

2R、左連打からボディロック、TDは浜崎。左で脇差し右にパスし、クルスフィックスからパウンド! 浜崎が乗りすぎたところで脇差し上げ立つガルシア。浜崎は再び小外でTD奪うと、ハーフからマウント狙いの際でガルシアがリバーサル。上のガルシアはアンクル狙いから担ぎパス狙うが、浜崎はガルシアのパウンドの腕を掴み草刈りからオモプラッタ仕掛ける。

3R、組んで引手と釣り手を取りに行く浜崎。突き放すガルシアに浜崎はシングルレッグへ。そこにカウンターのアームロックで後方に回したガルシアはスクランブルからバックへ。RNC狙うが前方に落とした浜崎にガルシアは下から腕十字狙い。それを潰した浜崎がパスするとガルシアは亀に。バックから攻める浜崎はヤスケビッチでうつ伏せになり腕十字狙うがガルシアもまたいでデフェンスし頭を蹴る。ゴング。判定3-0で浜崎が勝利。浜崎を研究してきたガルシアの成長と、RIZINジッターなのか気負いもあり極め切れなかった浜崎だが、きっちり初陣で勝利した。

▼第4試合 120kg契約※ヒジ有り 5分3R
○アンテ・デリア(110.3kg/クロアチア)
[判定3-0]
×ヒカルド・プラセル(107.25kg/ブラジル)

※テイクダウンから上のデリアはインサイドからパウンド。遠間からのテイクダウンを仕掛けるプラセルは切られ下に。スクランブルで立とうとはせず、背中をつけて下から仕掛けるもデリアは潰す。

▼第3試合 120kg契約※ヒジ有り 5分3R
○ジャルジーニョ・ホーゼンストライク(111.35kg/スリナム)
[判定2-1]
×アンドレイ・コヴァレフ(103.4kg/ウクライナ)

※ホーゼンストライクは「控室から入場の間に塗布物を塗った」(榊原委員長)ためイエローカード1枚。失格になってもおかしくない違反行為だ。

ホーゼンストライクのワンツーに鼻から出血はコヴァレフ。コヴァレフにテイクダウンされるとハーフで凌ぐ。後半はコヴァレフのダブルレッグを切り上に。疲労激しい両者だが、際で上になったホーゼンストライクがスプリット判定で勝利。

▼第2試合 女子54kg契約 5分3R
○村田夏南子(53.60kg/フリー)
[1R 4分54秒 アナコンダチョーク]
×ランチャーナ・グリーン(53.70kg/英国)

※ウェイリー・ジャンの負傷欠場の代役ランチャーナ・グリーンはTUF出身。

1R、右ハイ、左フックはグリーン。村田はローシングルからバックをうかがいつつテイクダウン。強いパウンドを入れる村田。グリーンは下から蹴り上げ。左目を腫らした村田はハーフから肩固めへ。外してサイドから片腕を枕に巻き逆側にパス。グリーンの起き際をがぶりアナコンダチョーク!

▼第1試合 キックルール 63kg契約 3分3R

△北井智大(62.80kg/チームドラゴン)

[判定1-1(28-28,28-27,28-29)]

△ダルビッシュ黒木(62.85kg/KING EXCEED)

黒木は2Rに左フックで北井をぐらつかせ、3Rに再び左フックでダウン奪うが、ラッシュ時に回転上げる北井は右アッパー、ヒザに栗木はガード固め防戦一方になる場面も。

判定は1-1(28-28,北井28-27,28-29黒木)三者三様でドローに。

(試合写真=RIZIN FF・Sachiko Hotaka/GONG KAKUTOGI・Kamijima Yuji)────────────────────

【今後のRIZIN開催日程】

◆RIZIN.11
7月29日(日)さいたまスーパーアリーナ

◆RIZIN.12
8月12日(日)愛知県体育館

◆RIZIN.13
9月30日(日)さいたまスーパーアリーナ

◆RIZIN.14
12月31日(月)さいたまスーパーアリーナ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでいただき、ありがとうございます。
8

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。