【UFC】ケビン・リーがバルボーザをドクターストップTKO。エドガーは地元でスワンソン下す「ホロウェイとオルテガの勝者とやりたい」。中村K太郎はトニー・マーティンに判定負け=UFCファイトナイト・アトランティックシティ勝者コメント

UFC(Ultimate Fighting Championship)は4月21日(日本時間4月22日)に米国ニュージャージー州アトランティックシティのアトランティックシティ・ボードウオーク・ホールにて"UFCファイトナイト・アトランティックシティ"を開催した。(Photo by Patrick Smith/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images )

メインイベントではエジソン・バルボーザ(ブラジル 19勝5敗)とケビン・リー(米国 16勝4敗)が激突。タイトル戦線生き残りをかけたライト級トップコンテンダー対決は、リーが157ポンドと1ポンドオーバーの規定からさらに1ポンドオーバーし、キャッチウェイト戦に。

試合は序盤からリーのペースで展開していたが、第3ラウンドにバルボーザが後ろ廻し蹴りをクリーンヒットさせ、流れを引き寄せる場面を作った。しかし、体が泳ぎながらもそのピンチを組み付いてテイクダウンして凌いだリーは、以降は息を吹き返しプレッシャーをかける場面が多く、第5ラウンドに入った頃にはバルボーザの右目周辺の腫れがひどくなり、出血もあったことからドクターの診察を受けた結果、試合続行は不可能と判断されてドクターストップによるリーのTKO勝利が宣言された。

また、セミメインイベントで対戦したフェザー級ランキング3位のフランキー・エドガー(米国 21勝6敗1分)と同4位のカブ・スワンソン(米国 25勝8敗)の一戦は、スワンソンがエドガーのテイクダウンをすべて防御するなど要所でベテランらしいパフォーマンスを見せつつも、エドガーがテイクダウン狙いからの打撃など手数でも優り、ジャッジ3者の支持を獲得。元チャンピオンのエドガーが地元がい旋勝利を飾っている。勝ったエドガーは今回のイベント中に発表された7.7「UFC 226」でのマックス・ホロウェイ対ブライアン・オルテガ戦の勝者と戦いたいと希望を明かした。

オープニングマッチでトニー・マーティン(米国 12勝4敗)とのウェルター級マッチに挑んだ中村K太郎(33勝8敗2分1ノーコンテスト)は3ラウンドを通してマーティンにペースをコントロールされ、得意の展開に持ち込めずにユナニマス判定で黒星を喫した。

なお、当初、フライ級ランキング15位のマゴメド・ビブラトフ(ロシア 14勝1敗)と対戦予定だった佐々木憂流迦(20勝5敗2分)は対戦相手の背中の負傷による欠場で試合が中止されており、女子バンタム級ランキング9位のレスリー・スミス(米国 10勝7敗1分)と同10位アスペン・ラッド(米国 6勝0敗)の一戦もラッドが規定体重をオーバーしたため消滅、アトランティックシティでのイベントは全11試合が行われた。

次回、UFCは日本時間5月13日(日)にブラジル・サンパウロのジュネス・アリーナにてUFC 224を開催。メインイベントに組まれているのは女王アマンダ・ヌネスと挑戦者ラケル・ペニントンによる女子バンタム級タイトルマッチ。セミメインイベントでミドル級ランキング2位のジャカレ・ソウザと同5位のケルヴィン・ガステラムが対戦する他、同じくミドル級のランキング9位につけるヴィトー・ベウフォートと同13位のリョート・マチダのマッチアップなど激闘必至の試合が予定されている。

◆UFCファイトナイト・アトランティックシティ
試合結果および勝者コメント

現地時間2018年4月21日(土)、日本時間22日(日)
アトランティックシティ・ボードウオーク・ホール
(ニュージャージー州アトランティックシティ)

【メインイベント】

▼ライト級→157ポンド 5分5ラウンド
エドソン・バルボーザ vs. ケビン・リー○
5ラウンド(2分18)TKO(ドクターストップ)
※リーが157ポンドで体重超過

【試合詳報】
https://www.facebook.com/gong.kakutogi/posts/1681732418584318

【試合動画】

勝者ケビン・リーのコメント

「この試合前に言ったように、メンタルの強さがカギになった。5ラウンドすべてを戦って、試合をちゃんと終えられるところを見せたかった。やり遂げたと思っている。俺は少しサウスポー気味にいって、5ラウンド目には相手を上回って止めた。何だってできる。この階級では俺が一番完成されたファイターだと思っている。世界で一番タフなストライカーとだってやってみせる。エドソン・バルボーザは間違いなく、この階級で最強のストライカーだ。試合に臨んでそれを示したかった。俺は自分が何でもやれるってことを見せたと思っている。どんな逆境だってはねのけられる。あの廻し蹴りは痛かったけどね。相手の意地が爆発した感じ。俺たち2人はこの階級でベストなファイターだし、俺がその2人の中で上だってことを示せた。みんな、今が何時か知っているだろ。そう、ハビブタイムさ」

【セミメインイベント】

▼フェザー級マッチ 5分3ラウンド
○フランキー・エドガー vs. カブ・スワンソン
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

【試合詳報】https://www.facebook.com/gong.kakutogi/posts/1681702505253976

【試合動画】

勝者フランキー・エドガーのコメント

「カブは最高の仕事をした。もっと圧倒的なパフォーマンスを見せたかったけど、カブに脱帽さ。今回は俺が向こうを追いかけさせられた。テイクダウンを成功させるのが難しくなっていたけれど、打撃では上回っている。カブがストライカーでこっちがグラップラーのはずだったんだけど、立ちで彼を打ち負かした。タイトル挑戦権をもらって、リスクも犯した。ブライアン・オルテガ戦は本当にうまくやれていたけど、一発でやられてしまった。ホロウェイとオルテガの勝者とやりたい。どうなるかは見てみないと分からないけど。少し休む。2試合続けて戦ったからね。2人の試合でどうなるかを見て、そこから進もう」

【メインカード】

▼ヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○ジャスティン・ウィリス vs. チェイス・シャーマン
判定3-0(29-28、29-28、29-28)

※IGFからWSOF、UFC入りしたサウスポーのウィリスは1R左フックでダウン奪うもシャーマンは右ミドル等で反撃。

【試合動画】

勝者ジャスティン・ウィリスのコメント

「相手はとにかく生きながらえようとしていたけど、次はもっとうまくやってフィニッシュしないと。ノックアウトすることにばかりこだわるんじゃなくて、パンチを増やす必要がある。全体を通して押し込めるように集中しないと。ちょっと表面的だった。でもいい。勝ったから。UFCではそれが何より重要だ。勝つことがすべて。少し休んで、もっと良くなって戻ってくる。少し軽くして、キックを増やし、テイクダウンももっと生かせるようにしたい。俺にできることと言えば振り出しに戻ってさらに成長することだ」

▼ミドル級マッチ 5分3ラウンド
○デビッド・ブランチ vs. チアゴ・サントス
1ラウンド(2分30秒)KO

※金網詰め右オーバーハンドでダウン奪い鉄槌4発。WSOFからUFCにカムバックしたブランチは復帰後2勝1敗

【試合動画】

勝者デビッド・ブランチのコメント

「チャンスを作るには相手がトリッキーだった。中盤になればこっちが落ちると予想していたはずだから、そういうパンチを切り抜けないといけなかった。ヤツは力が強い。試合になればいつだって盾をかまえてくるかノックアウトを仕掛けてくる。俺の存在を示すメッセージになったはずだ。ランキングの順位も守ったし、当然そうなると思っているけど、もう一度、駆け上るつもりだ。ジャカレ(ソウザ)とガステラムの勝者とやりたいと思っている。自分より上には何人も戦いたいヤツがいるけど、一歩ずついきたい」

▼バンタム級マッチ 5分3ラウンド
○アルジャメイン・スターリング vs. ブレット・ジョーンズ
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

※スターリングがジョーンズを完封。

【試合動画】

勝者アルジャメイン・スターリングのコメント

「前回の試合は自分にとって大きな収穫があった。今回の試合はみんなに自分がここにいること、世界中のバンタム級ファイターで俺が最高の一人であることを示したかった。ずっと憧れてきた人がいる。でも、アイドルがライバルになる瞬間も来るんだ。ドミニク・クルーズ、試合しようぜ。今回の試合は決定的な瞬間を見つけられるかどうかだったし、こういう打撃戦はうまいタイミングを狙わないといけない。前の試合は慌ててしまい、自分らしくなかった。捕まってしまったんだ。とにかく自分らしさを取り戻して、ベストを尽くして戦おうと思った。ファンクマスタータイムさ。ハビブタイムってのがあるんだろ。でも、ファンクマスタータイムはちょっと違う。ブレットはタフなヤツだ。タフで粘り強いってことは分かっていた。大躍進を遂げようとハングリーだったけど、今回は俺の番だ。ブレットはきっとさらに優れたファイターとしてカムバックするはずだ。それはまったく疑いの余地がないと思っている。さっきも言ったけど、まだファンクマスタータイムだし、ベルトを狙っていく」

▼ライト級マッチ 5分3ラウンド
ジム・ミラー vs. ダニエル・フッカー○
1ラウンド(3分00秒)KO

※1R蹴り足掴んだミラーがTD。立つフッカーは金網詰め、ミラーの組み際に右ヒザでダウン奪いパウンド1発。日本ファイターとも対戦経験多いフッカーはUFC3連勝。ミラーは4連敗。

【試合動画】

勝者ダニエル・フッカーのコメント

「今はものすごく夢のような気分。まだちゃんと実感が沸いていないんだ。このスポーツのことは理解している。これまで浮き沈みがあった。もっと楽にできたんじゃないかとも思っている。試合になったらコイントスのようなもの。だから、こういう勝ちは特にそうだけど、どんな勝利だって感謝の思いでいっぱいだ。相手は左のオーバーハンドでこっちを捕らえられただろうし、俺はグラウンドでいけただろうと思う。次はランキング入りしているヤツとやりたい」

【プレリム】

▼ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○ライアン・ラフレア vs. アレックス・ガルシア
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

勝者ライアン・ラフレアのコメント
https://twitter.com/ufc/status/987873830688378881

「わりと予想していた通りに戦えた。相手の動きはすべて見えていた。一度もクリーンなパンチは受けなかったと思う。年も取ってきたし、ハイレベルな相手と戦いたい。自分を試さないといけない。ニックネームを"ザ・デシジョネイター"ライアン・ラフレアにすべきかもね。別に俺はかまわないよ。自分の責任だからな。ものすごく興奮する試合じゃなかったのは分かっているけれど、最後の10秒だって俺はフィニッシュしようとしていた。膝蹴りを食らわせたしね。もうあと10秒あればフィニッシュできたはずだ」

▼バンタム級マッチ 5分3ラウンド
メラブ・ドバリシビリ vs. リッキー・シモン○
3ラウンド(5分)TKO

※1R、右フックでダウン奪うデヴァリシビリ。3Rにシモンがダブルレッグにギロチン合わせる。ブザーまで足をばたつかせ耐えるデヴァリシビリだが終了後失神と判断されTKO負けに

【試合動画】

勝者リッキー・シモンのコメント

「起き上がって相手の目を見たらイッていたんだ。かなりきつくチョークを仕掛けていたし、相手は失神していた。相手の体をまたぐように立っていたけど、ぐったりしていたからね。落ちていたし、その後でぐったりしていた。この数年、ベニート・ロペスが俺から逃げ続けている。たくさんの試合から手を引いている。俺がヤツを狙う」

▼ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○シアー・バハドゥルザダ vs. ルアン・シャーガス
2ラウンド(2分40秒)KO

※右の三日月蹴り。バハドゥルザダはUFC3連勝「トップ10と戦いたい」

【試合詳報】
https://www.facebook.com/gong.kakutogi/posts/1681542535269973

【試合動画】

勝者シアー・バハドゥルザダのコメント

「ゲームプランにこだわった。コーチたちは天才だな。試合がどんな展開になるのか正確に見抜いていた。俺はただ試合に臨んでその通りにやり、勝った。これ以上の満足感はないよ。最高のフィニッシュだ。ボディへのキックだった。究極のフィニッシュだろ。ウェルター級を破壊してやりたいんだ。これは俺の階級だ。2019年までにチャンピオンになってやる」

▼ライトヘビー級マッチ 5分3ラウンド
○コーリー・アンダーソン vs. パトリック・カミンズ
判定3-0(30-26、30-26、30-27)

勝者コーリー・アンダーソンのコメント
https://twitter.com/ufc/status/987846167940628480

「ゲームプランに従って100%いけた。ジャブがペースを決定づけるだろうと分かっていたんだ。自分のトレーニングパートナーほど速くなかったから、相手の動きが見えていた。完璧なゲームプランだった。これぞまさに俺たちが求めていた試合だ。ここまで2連敗していたから、誰かを指名するなんてできない。負けた分はやり返したいけど、ミシャ・サークノフが観客席にいるのが見えた。彼の目は試合をしっかりとらえていたようだし、いい試合になりそうだという目をしていたから、もし彼が望むなら俺は受ける。やろうぜ」

【アーリープレリム】

▼ウェルター級マッチ 5分3ラウンド
○トニー・マーティン vs. 中村K太郎
判定3-0(30-27、30-27、30-27)

【試合詳報】
https://www.facebook.com/gong.kakutogi/posts/1681483438609216

【試合動画】

勝者トニー・マーティンのコメント

「圧倒的なパフォーマンスだったと思う。次は自分について来て、もっと勝とうとする人とやりたい。右を当てたら相手がもっと死に物狂いでくるかと思ったんだけどね。何度かダメージを与えたし、襲いかかろうとしたけど、コーチが落ち着けと言っているのが聞こえたんだ。ウェルター級ではこれが初めてだったし、自分がどう対応するかを見たかったんだと思う。ペースをプッシュしすぎてほしくなかったんだろう。この試合後はもっとやらなきゃいけないことがある。もっと重くして筋肉も増やしていく。次の試合も圧倒したいからね」
*********************************

【中止】

▼フライ級マッチ 5分3ラウンド
マゴメド・ビブラトフ vs. 佐々木憂流迦 ※
ビブラトフが背中を負傷欠場

▼女子バンタム級マッチ 5分3ラウンド
レスリー・スミス vs. アスペン・ラッド ※
ラッドが体重超過

イベントや選手の詳細情報は公式・UFCファイトナイト・アトランティックシティにて。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

読んでいただき、ありがとうございます。
2

ゴング格闘技

『ゴング格闘技』公式noteです。格闘技のインタビューや試合をアップ。『ゴング格闘技ベストセレクション 1986-2017』も発売中→http://goo.gl/Enmvrc 日々のニュースはtwitterで→https://twitter.com/GONG_KAKUTOGI

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。