ユーザーインタビューとプロトタイピング

ユーザーの皆様に開発前段階のデザインをお見せし、インプットをいただいた。

作っているプロダクトは、毎日何回も使うサービスではない。また、一枚一枚のUIの情報量が多い。という状況であるため、すでに出ている内容をすでに学習してしまった場合のアンラーニングコストも高く、一回の開発が重くなるという特徴がある。

そして、結果としてユーザーの皆様からのフィードバックを得られる回数が非常に少ない。特に個人の体感としては遅いと言われていたアプリゲームよりも更に数段階遅い。

その中で、ユーザーの声を聞きつつ、仮説の精度とその解決策である開発の精度を引き上げ、リリース時での提供物を最大化しなければ、なんかイケてないのを出し続ける気がしてならない。

そういう背景を踏まえた上での、インタビューにおいて開発前のものをお見せしフィードバックを得られる体験は貴重なものであり、その貴重なフィードバックの最大化を図ることを画策していく価値はありそ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ごんぴん

プロダクトづくりで日々思うこと

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。