見出し画像

2019年の活動指針〜「事業PR」に特化するよ!「コーポレートPR」じゃないよ!〜

明けましておめでとうございます!
2018年11月〜12月は仕事を絞りつつ、今後の方針をじっくりと考えてきましたが、年末年始で色んな方々から、FBをいただきました。
さらに一人で本当にやりたかったこと、やるべきことを整理したので、
活動方針を表面させてくださいませ。

「自分の存在価値って何だっけ?」

そもそも、独立したのも「実力やイシューがあるのに、最適な方法がわからない人たちの参謀役になりたい」という想いと「自分が頭をフル回転させて実践ができる打席を作りたい」という想いがあったからでした。
だから、2019年は、しっかり初心に戻って、そして絞ってやっていきます。

「事業を成長させるためのPR戦略をクライアントと一緒に展開すること」

これが、僕のPublicへの還元できるバリューです。
僕がこれまで取り組んできたことを人に話すと、
「PRの仕事じゃないじゃん」と言われることが多いのですが、
僕が考えるPRは、
「イシューを開発し、ストーリーをデザインし、体験を提供して、人を参画させること」です。
そのために器用貧乏に色々やってきましたが、近年のPRヘの注目が集まる中、しっかりと自分の立ち位置とやりたいことを明確にして、そのために色んな人とチームになっていきたいのです。

===
今年は、3つの絞るを今年の活動指針にしていきます。
====

1st:何でもできるから→「事業PR」に絞る。
事業を成長させるためのPRにリソースを注ぎます。
具体的にどういうことかと言うと、事業戦略とそれに紐づくストーリー設計、ファクトづくりをクライアントとチームになりながら、時に一緒に悩み、時にぶつかり合いながら、"UX設計(情報的UXと物理的UX)"に取り組んでいきます。

これまで、マーケティングコミュニケーション、コーポレートコミュニケーション、ブランディング、プロモーション、クリエイティブ、採用コミュニケーション、危機管理広報…
と様々な仕事に取り組んできました。
その理由としては、事業成長につながるPR戦略と施策を展開していくためには、すべてを知っていることが必要不可欠な要素だと考えたためです。
ぶっちゃけた話をすると上記の全てを切り離して部分最適でやるのって、
本当の意味でPRにならないんじゃない?と思っています。
「事業がどうあるべきか?」のストーリー設計をした上で、
事業の成長のためには、すべての要素が必要不可欠だから。
その全体バランスを見ながら、最適な一手を打っていける実力をつけつつ、実践していきたいのです。

そんな観点から、事業立ち上げやリブランディング、
新規参入等々、比較的重要なフェーズでのお手伝いをしてきまして、
完璧ではないのですがそれなりにお力になれてきたという自負があります。
ということで、上記を全て内包したUX設計である「事業PR」のお手伝いをしていきます。

だからこそ、ただパブリシティを取りたいです!という狭いPRのお仕事や、
ただバズることがやりたいです!的なPRのお仕事は極力控えさせていただきます。それらが、しっかりと事業成長につながるのか?を起点に考えさせていただきたいのです。
じゃあ、具体的に何をするの?っていうと、事業が成長するために必要な体験(情報的体験/物理的体験)をPR視点で設計していきます。

おかげさまで会社も3期目に入ったこともあり、
自分が兼ねてより取り組みたかった
「社会的に価値があるけど、何らかの理由で伸び悩んでいる」人たちを
僕が考えるPRのあり方で、お手伝いしていきます。

<結論>
事業成長につながるUX設計(情報的体験/物理的体験)に重きを。
事業成長につながる仕事であれば、何でもお受けしますが、基本は社会的に価値がある会社やサービスのお手伝いをしたい!
当てはまる言葉がないので、「事業PR」とでも書きますね。
事業の成長につながる戦略と取り組みをクライアントとチームになり、
事業成長の戦略をPR視点で設計して、走り抜けたい!

===


2nd:「クライアント数」を絞る
2018年までは、いろんな仕事をやるために、
少しでもディスカウントして、多くの仕事をうけるようにしていました。
反省として、仕事のクオリティが著しく低下してしまったり、
僕が心身ともにいっぱいいっぱいになり、その他ご迷惑をおかけすることが多かったことです。
この反省をいかし、もっと深くクライアント理解を深めて、
もっとクリティカルなPR戦略を一緒に取り組みたいという想いから、
枠数を設けることにしました。

その社数は、「5.5社」です。
なぜ5.5という割り切れない数字なのかというと、
時期や一緒に働くクライアントさんによって、リソース配分が変わるためです。
あとは、シーズンによって、僕のテンションも変わるので、少し緩めで。
なので、今年はパッツパツになっていることが少ないと思うので、
インプットをする時間を多分に確保して、アウトプットのクオリティを高めていきます。

そして、クライアントさんの規模や業種は問いませんが、
スタートアップやベンチャーの皆さんと速いスピード感で、
一緒に駆け抜けるのが性分に合っているので、
そちらは優先的にお仕事するようにします。
また、地方企業や社会課題を解決する活動をされている皆さんも、
ぜひ、コミットしていきたいです。
ぜひ、お声掛けください!
(ご紹介も是非是非)

また、広告代理店さんとの仕事は、一旦、控えます。
コンペだったり打ち合わせが多く、
時間的なリソースを割けないのが理由です。
ただ、クライアントと直接コミュニケーションが取れて、
部分最適ではない仕事でしたら、いくらでもウェルカムです。

困っている誰かを助けたいという気持ちはずっと変わりません。
ただ、自分が助けられる人の数には限りがあるので、
より自分の力が発揮できて、より楽しめる方に。

<結論>
仕事のクオリティを優先したいので、
クライアント数は、5.5社でキープ!
スタートアップやベンチャー、イシューがある会社の仕事は優先的に!
地方企業や社会課題を解決する活動をされている皆さんもぜひ。
ということで、困ったら連絡くださいませ!

===

3rd:「自分一人でやること」を絞る
これまで、それなりに多くの経験をしてきたため、
広義の意味でのPRを行うため、5〜6人でやるような仕事を一人でやってきました。

ただ、それだと頭の中の余白を作れないほか、
自分のやり方、知識でしか発想できなくなってしまうというジレンマがありました。
さらにダメダメな自分を再認識したこともあり、
一匹狼」は卒業です。

今年は、いろんな人にダメな自分をさらけ出しつつ、
コラボしていきたいと思います。
なので、仕事におけるコラボはもちろん、
飲み会やイベントに、積極的に参加します。

何が言いたいかというと、
「オラに力を貸してくれ!」
ということで、皆さんがどんなキャラで、
どんなアイデアを持っているのかを知りつつ、
チームになって行きたい所存でございます。

これまで「実力を磨くこと」に尽力してきたせいか、頭でっかちになってきているので、頭と心と性格を丸く柔らかくしていく1年にしていきたい!(切実)

<結論>
いろんな人と会って、話して、
大きなチームを作りたい!
だから、マジで何でも誘ってくださいませ!

===

ということで、上記を基本指針に仕事をしていくのですが、
具体的なアクションとしては、下記の通りです。

○会社経営/事業をもっと学ぶために、多分どっかの会社でインターンシップとかする!
○とはいえ、コンサルタントではなく、あくまでPR Plannerであり、
 Story Designerであるため、体験設計アイデアのストックを増やす!
○「人」の理解と「社会」の理解をするための研究時間を増やす!
○「事業PR」に関わる情報をちゃんと発信する!
○多種多様な業種/職種で、エッジが効いている人たちと遊ぶ!
○ちゃんと寝て、ダイエットして、パートナーを作る!

もっと多くの人のgoodstoryを作れる1年になりますように。

2019年はもっと色んな人のストーリーを聞かせてください。
Tell your Goodstory!

感想や批判、誹謗中傷はコチラまで!!!!!
dayama@goodstory.co.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Tell your Story!
13

ヤマダヤスヒロ

株式会社goodstory Story Designer / PR Planner 幼稚園の先生になるために上京したのに、StoryDesignerとして、クライアントのgoodstoryを作るために日々、あれやこれやを企画してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。