見出し画像

突発性難聴の治し方

  突発性難聴になって耳鼻科や病院へ行ってステロイドの服薬や点滴をしたが、聴力や体調にあまり変化がなく、困っている方に自宅でできる改善方法を病気への考え方をお教えします。

突発性難聴は感音性難聴の1つで、その中でも音を電気信号に変換する場所である蝸牛(かぎゅう)の障害です。内耳性難聴の部類にあたります。

内耳性難聴の中でも突発性難聴は原因不明で、全く突然に誘因なく片耳が聞こえなくなるものです。

内耳でのインフルエンザウイルス、ヘルペスウイルスなどのウイルス感染や、内耳での自己免疫障害、内耳の血液やリンパなどの循環障害がもととなっていると考えられてはいますが、はっきりと断定できないのが現状です。

少し古いデータではありますが、突発性難聴の罹患者数は、厚生労働省の調査で1987年16750人から2001年35000人と、約2倍に増加しています。

昨今でも年々増加傾向にありますので、現在は約50000人ほどが罹患していると考えられています。また、病院で加療した患者さんのうち3分の1しか完治せず、3分の1は治らずに終わると言われています。

西洋医学では発症から4ヶ月で聴力は固定し、それ以上の回復は望めないと考えられています。

主な症状は「突然起こる片方の耳の聴力低下・耳鳴り・めまい」です。

発症時の聴力障害が高ければ高いほど、耳鳴り・めまいは出現しやすくなります。

このノートでは突発性難聴になった時の最初の対処法から治療法までをご紹介します。

私は京都で開業して20年の実績を誇る難病の駆け込み寺『呑気堂治療院』の東京分院の院長です。
突発性難聴に特化して診療研究を始めて約15年の治療院での経験を活かして

突発性難聴でお困りの方の力になれたらなと思います。

突発性難聴の方は必ず読んでください。 


1 . 突発性難聴になったら


 突発性難聴になったら、というか、急にガンガン、ワンワン、

耳鳴りがしたり、耳が塞がってしまったり、聞こえなくなって

しまった場合、当然、耳鼻科を受診すると思います。

これも、早ければ早い方が得策です。そこではじめて、

「突発性難聴」という疾患名が出てくるわけですね。

ほとんどのクリニックの場合、ファーストチョイスは、

『ステロイド』の点滴、または内服になります。

プラス2,3種類のお薬の処方です。

ここで、ステロイド恐怖症の方は、

「突発性難聴でもステロイド?!」

と、ひるんでしまいがちですが、突発性難聴で使用する場合は

“期間限定”です。およそ、1~2週間の処方で終わりますので、

これは迷わず、服用して下さい。よっぽど、当院にご縁のある方

でない限り、突発性難聴の発症当日に鍼灸をチョイス

される方はおられないでしょう。

初日に、当院で診させていただいたとしても、ステロイドとの

併用をおススメいたします。

ステロイドは、鍼と併用してでも

使用したほうが良いと、考えています。




2 . 薬の服用について


 発性難聴の診断が下ると、ステロイドと同時に出されるのは、メチコバール、アデホスといった、血液循環をよくするもの、また、ATP製剤の様な、疲労回復というか、体力をあげるものが、ほぼ3点セットで処方されます。

さて、この2つはどうなのでしょうか?
当院では、「アデホス」に関しては飲んでもらっています。

メチコバールは、あまり効果は期待出来ません。
が、さほど副作用も強くないので、飲んでおいたほうが安心できるかたには、飲んで頂き、あまり薬が好きでない方や、薬の副作用が、すぐ出る方には、飲んでもらっていません。

ただ、メチコバールは、「突発性難聴」で耳鼻科に通う限り、処方されると言っても過言ではありません。

ですから、区切りを自分でつけて、止めてしまう時期が必要になります。

しかし、先程も言いましたが、そんなに効果も期待出来ないので、止めたところで、突発性難聴の症状には、ほとんど影響がないというのが、現実なので、必要以上に心配しなくて良いか、と思っています。
突発性難聴の診断が下ると、ステロイドと同時に出されるのは、メチコバール、アデホスといった、血液循環をよくするもの、また、ATP製剤の様な、疲労回復というか、体力をあげるものが、ほぼ3点セットで処方されます。

さて、この2つはどうなのでしょうか?
当院では、「アデホス」に関しては飲んでもらっています。

メチコバールは、あまり効果は期待出来ません。
が、さほど副作用も強くないので、飲んでおいたほうが安心できるかたには、飲んで頂き、あまり薬が好きでない方や、薬の副作用が、すぐ出る方には、飲んでもらっていません。

ただ、メチコバールは、「突発性難聴」で耳鼻科に通う限り、処方されると言っても過言ではありません。

ですから、区切りを自分でつけて、止めてしまう時期が必要になります。

しかし、先程も言いましたが、そんなに効果も期待出来ないので、止めたところで、突発性難聴の症状には、ほとんど影響がないというのが、現実なので、必要以上に心配しなくて良いか、と思っています。



3 . メニエル病 

    

        突発性難聴の方で、「“メニエル病”“メニエル症候群”の方ですね・・・。」

ということで、メニエル用のお薬、“イソバイド”というのがあるのですが、

それを処方されることもあります。

前回の2剤プラス、イソバイドという感じで出されるのですが、

これは、とにかく「苦くて、まずい」です。目を覚ますほどの

まずさです。これを上記のように診断、というか判断された方は

処方されますが、イソバイドに関しては、3日間飲んでみて、

「症状があからさまに楽になった」ということがなければ、

これも断薬していただいて結構です。モチロン個人差も

ございますが、イソバイドをそんなに効果がないのに続けて

おりますと、「胃」を壊す方が多いのですね。

これで、胃をやられてしまうと、胃腸型の突発性難聴の

症状である、中音域(1000~2000Hz)の音域が

聞こえなくなってきたり、そのレベルの耳鳴りが大きく

なってきたりしてしまうことがあります。

ですから、様子を見つつ、できたら離薬していくほうが

ベターかと思います。

ただし、これは、突発性難聴の東医的アプローチ

をされている方に限ります。何も他に加療していないのに

いきなり止めてしまってはいけません。そこは、ご注意

してくださいね。


4.ステロイドの治療後、変化がない場合 

 突発性難聴で、ステロイドの投薬や点滴が終わったあと、

思ったほど難聴や耳鳴りが変化していない場合、

どのようなチョイスが取られるのでしょうか?


選択肢1

「もうこれ以上は良くならないので、症状に

早く慣れることです!」といわれてしまう。

選択肢2

高圧酸素治療や、星状神経節ブロックやプロスタグランジン

などの、効果の可能性があるものを行う。

選択肢3

更なるステロイドの継続を行う

の、いずれかになります。

この段階で、鍼灸治療をご自分で探されて来院される方

も多いのです。だいたい、選択肢1の方々が病院を

放り出されて来院される時期、発症から1ヶ月くらいのときです。

そして、もう一つ、選択肢2。これは、選択肢1の時間プラス

1ヶ月。だいたい、突発性難聴が発症して2ヶ月~3ヶ月弱で

来院されます。このパターンが一番多いパターンです。

そのときに考えることは、突発性難聴にとって、本当に

どのくらい有効なのかどう解からないとチョイスできない、

ということになります。


5 . 高圧酸素療法


 突発性難聴でステロイド療法で効果がない場合、別の

治療としてチョイスされる突発性難聴の治療法として、

「高圧酸素療法」があります。ガス壊疽、脳梗塞、腸閉塞

など、いろんな疾患の治療に用いられている。

論文などでは各疾患に対する有効性を今までの

臨床研究のうち信頼に足るものを基に検証している。

気圧に加圧した高圧タンクの中に約1時間、入り血中の

酸素濃度を8~10倍にあげて内耳の血液循環を改善し

て聴力、耳鳴りなどの症状を改善しようとするものです。

現在、私が思うところの結論から申し上げると、「ステロイド

療法で無効だった突発性難聴には、高圧酸素療法は有効性は

薄い」というのが私の見解です。それどころか、耳鳴りに関しては

やや悪化する傾向があるように思えます。ただし、先ほども申し

あげましたが、「ステロイドで無効だったもの」です。

これは、ステロイドと同時多発で高圧酸素を行う例はほとんどない、

ということがいえます。また、ステロイドが無効、という

“重症な突発性難聴”にしか行われていない、ということが

言えるのですね。原理としては、間違っていないと思いますし、

内耳の血液循環が上昇するのは事実だと思います。ですから、

非侵襲性の治療としては優れたものではないかと思います。

ただ、血流の低下だけが突発性難聴の原因ではありませんし、

他の原因もありますから

重症のものには、まず、効果がないといっても良いと思います。

軽症の突発性難聴の初期の頃から、これをやれば、今よりも

有効性は上がるのではないか?と個人的には思っていますので、

全く無効で無意味な治療法、というわけではない、ということは

ご理解いただければ、と思います。

6 . 星状神経節ブロック

 突発性難聴の治療法として星状神経節ブロック(SGB)があります。

星状神経節ブロックの目的は内耳神経への血管を表面麻酔剤

を使用してブロックすることで血管を拡張させて血流を多く

させることです。

星状神経節は上位の交感神経節へニューロンを送り、

星状神経節の信号はそのまま上位の神経節へと

伝達されます。ですから、脳幹部への血行促進作用は

理論的には、期待できるといっても間違いではない、

と思います。結果、突発性難聴に有効、ということですね。

これも、比較的安全な方法だと思いますが、いかんせん、

突発性難聴への有効率は約3割、といわれているのが

現状です。

耳鼻科の先生方の中にも、「頚部は危険だからおススメ

しない・・・」というような先生も多く、星状神経節

ブロックをチョイスされる方は、ご自身で麻酔科の門

を叩いている方が多いのが現状かな、と思います。

しかし、セカンドチョイスの中では私は、一番おススメ

しているのが、この星状神経節ブロックです。

それはなぜか、というと、耳鼻科の先生が考えるよりも

危険性は少ないですし、また、突発性難聴の治療の中でも

副作用の恐れもほぼないからなのです。

最悪、「突発性難聴に効かなかった。」というだけです。

まあ、下手な先生に当たれば別ですが、その辺りは

事前チェックしていけば、とてもやってみるカチのある

治療であると思います。

7.プロスタグランジンE1の点滴療法

 突発性難聴の治療法としてプロスタグランジンE1の点滴療法があります

プロスタグランジンE1は、動脈管の開存作用があり

ます。つまり、動脈の血流を改善するはたらきです。おもに、

末梢循環に関して効果があるとされています。

耳鼻科の先生がPGE1をおススメになられるのは、「突発性難聴を

はじめとする感音性難聴は内耳の血液循環が悪くなっているため」

という観点からだと思います。しかし、結果的にそうはなって

この続きをみるには

この続き:22,255文字

突発性難聴の治し方

マー君

648円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

マー君

私は京都で開業して20年の実績を誇る難病の駆け込み寺『呑気堂治療院』の東京分院の院長です。 突発性難聴に特化して診療研究を始めて約15年の治療院での経験を活かして 突発性難聴でお困りの方の力になれたらなと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。