恥ずかしい時こそ、成長するチャンス

これまで何かにチャレンジするとき「恥ずかしい」という気持ちが先行して、躊躇することが多かったのですが(というか今でもあるけどw)、少しずつ考え方が変わってきて、恥ずかしい時は、「成長するチャンス」だと思うようになった。

過去を振り返ってみると、恥ずかしくて何も行動しなかったときは後悔だけが残っているのに、多少恥ずかしくても、思い切った行動をしたときは、良い経験として記憶されているんですよね。

「恥ずかしがり」は克服すべきものとして、ネガティブに捉えられがちですが、「恥ずかしい時は成長するチャンス」と考えると、それは克服すべきものではなく、「活かすもの」に変わります。

そう考えると、逆に恥ずかしい時こそ何か思い切って行動しないと損した気分になるし、結果、前向きにチャレンジできる。

最近、そんなことに気づきました。

頭でっかちなのが僕の悪い癖なので、どんな些細なことでも、なるべくポジティブに考えて、いつでもすぐに行動できるようにしていきたいですね。

恥ずかしい時こそ成長するチャンスだ。克服するのではなく利用して自分の成長の糧にしよう。 https://gorian91.com/2016/09/16/column/5894/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

Gorian91

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。