選択オブジェクトをアートボードにタイル状に指定した列数で並べるスクリプト #Illustrator #スクリプト


【スクリプト概要】
選択オブジェクトをアートボードにタイル状に指定した列数で並べます

【スクリプトファイル名】
G578_autoTilingABD.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)何列で割り付けるかを指定します

【仕様】
(1)選択オブジェクトがゼロの場合は反応しません
(2)アートボードの幅と指定した列数から1つオブジェクトの幅を算出します
(3)オブジェクトの間隔は10pt固定です
(4)列数の初期値は5です

─────
スクリプトの詳細については、こちらをごらんください
http://gorolib.blog.jp/archives/77350221.html
お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。

ダウンロードはこちらから

この続きをみるには

この続き:284文字
記事を購入する

選択オブジェクトをアートボードにタイル状に指定した列数で並べるスクリプト #Illustrator #スクリプト

gorolib

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この情報がお役に立ちましたら、サポートをお願いします。いただいたお金は大切に使います!

2

gorolib

スクリプト使い放題マガジン2(月額)

Illustratorから起動する便利なスクリプト(プログラム)にて圧倒的スピードのデザインワークを提案いたします。定期購読マガジンは「購入した月に投稿された有料ノート」がご覧いただける仕組みとなっております。過去月のノートをご覧いただくことはできませんので、あらかじめご了...

コメント3件

私のメッセージが間違っていたのを許した。
これもカットしてでも実行するのが完璧でした。
もしあなたがこれが列を定義しているならば、私は完全に完全に完璧になりたいと思います。
列間隔

行間隔

これらがあれば完璧です
もしあるなら
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。