HTML+CSSの部品をイラレから自動生成するスクリプト(差分対応) #Illustrator #スクリプト

【スクリプト概要】
Illustratorの選択オブジェクトをHTML+CSSの部品として生成します

【スクリプトファイル名】
G570_autoHTMLparts.jsx

【使い方】
(1)対象となるオブジェクトを選択します
(2)このスクリプトを起動します
(3)class名の開始番号を入力します
(4)スライスデータのpng解像度を入力します
(5)選択オブジェクトのHTML+CSSが部品として生成されます

【仕様】
(1)Illustratorのファイル名をフォルダ名としてその直下に作成します
(2)index.htmlが作成されます
(3)cssフォルダおよびstyle.cssが作成されます
(4)imgフォルダおよびスライスデータ(pngファイル)が作成されます

【HTML】
(1)テキストは<p>、それ以外を<img>として生成します
(2)class名は、選択オブジェクトの左上から順に、自動採番です
 (p + アートボード番号 + 3桁の数字)…例:p1003.png
(3)3桁の数字は、入力されたclass名の開始番号から連番となります
(4)オブジェクトに名前のある<img>には、その名前で外部リンクをつけます(<a href〜)
(5)テキストの改行コードは</br>で変換します

【CSS】
(1)選択オブジェクトの自動採番されたclass名で「ガワのみ」出力します

【スライスデータ】
(1)スライスデータは、pngファイル固定です
(2)スライスデータのpng解像度は、x1〜x4まで選択可能です

─────
スクリプトの詳細については、こちらをごらんください
http://gorolib.blog.jp/archives/77058623.html
お役に立てれば幸いです!ではでは出羽の海。

ダウンロードはこちらから

この続きをみるには

この続き:176文字
記事を購入する

HTML+CSSの部品をイラレから自動生成するスクリプト(差分対応) #Illustrator #スクリプト

gorolib

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この情報がお役に立ちましたら、サポートをお願いします。いただいたお金は大切に使います!

2

gorolib

スクリプト使い放題マガジン2(月額)

Illustratorから起動する便利なスクリプト(プログラム)にて圧倒的スピードのデザインワークを提案いたします。定期購読マガジンは「購入した月に投稿された有料ノート」がご覧いただける仕組みとなっております。過去月のノートをご覧いただくことはできませんので、あらかじめご了...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。