【セミナー動画】イラストで学ぶ内分泌系セミナー

こんにちは。
ゴローです。

つい先日まで、
【イラストで学ぶ内分泌系セミナー】
というタイトルのオンラインセミナーを
一部のメルマガ読者さんに向けて、開催していました。


セミナーの目的は、ずばり、
「100分で内分泌系の全体像を学ぶ」ということ。


もちろん、
内分泌系の全てをお伝える事は出来ませんが、
試験に狙われやすい核となる部分は、
全てセミナーに詰め込んだつもりです。


勉強をするコツとして。

まずは、その分野の全体像を把握した上で、
細かい枝葉の部分を学んで行く事で、
効率よく知識が定着します。


その全体像をつかむ感覚を内分泌系の分野を通して、
今回のセミナーでお伝えしたかったのです。


手前味噌ですが、
セミナー受講者さんからは、
とても好評で、
「面白い」とか「分かりやすい」と
言ったお声を沢山頂きました。

【セミナー参加者さんの声】
https://xn--udruk51uy4d9ovrfkg1bb58e.biz/archives/2333


一方で、
このような要望も頂きました。
「繰り返し、復習したいので、
内分泌系セミナーを動画にしてくれませんか?」と。


なるほど。
確かに、動画にしてしまえば、

繰り返し何度も復習できますよね。


セミナー動画を
今、見るのと
3ヶ月後に見るのと
1年後に見るのでは、
理解度・吸収度が大きく変わります。


解剖生理学は、
知識がつけばつくほど、より立体的にイメージが出来るようになるからです。


例えば、内分泌系の中にも

「神経系の要素」や「循環器系の要素」、「代謝の要素」など
色々な分野の要素が混ざっています。

なので、1つの分野を学べば、
他の分野の理解度も上がります。


さらに言えば、

解剖生理学は、医学の基礎となる教科なので、これが理解できるようになれば、他の教科への応用力もつきます。


ということで、


まずは、1つの軸を作ってもらいたく、
今回は、内分泌系のセミナーを開催しました。

ただし、

学校の授業と同じように教えても
僕がやる意味がないので、

お得意の!?

「ゆるいイラストと図解をふんだんに取り入れて、
楽しく学べるセミナー動画を作りました。」

*InstagramやTwitterのようなゆるいイラストで説明しているので、
このふざけた感じの世界観を許容出来る方だけご購入下さい。

【Instagram】

【Twitter】


僕の情報発信のテーマは、

「勉強に遊び心を!」なので、
予めご理解ください。


今回は、

内分泌系オンラインセミナーで開催した内容を全て詰め込んだ動画を作りました。
(なので、内分泌系オンラインセミナーは、もう開催しません)


学校でこれから内分泌系を学ぶ人は、
この動画を予習がわりに視聴すると
授業の内容が頭に入ってきやすくなると思います。


もうすでに、
学校で内分泌系を学び終えた人は、
自分の知識を再確認、知識の補強に
お役立てください。


【イラストで学ぶ内分泌系セミナーの内容】

「難易度:基礎〜国試対策レベル」

・細胞外液
・細胞の仕事
・細胞にとっての環境
・ホメオスタシス
・細胞コミュニケーション
・内分泌系と神経系の違い
・内分泌の情報伝達の仕組み
・内分泌器官の全体像
・内分泌と外分泌の違い
・ホルモンのグループ分け
・水溶性ホルモンと脂溶性ホルモン
・ネガティブフィードバック
・視床下部ー下垂体系
・腺性下垂体と神経性下垂体の違い
・下垂体前葉ホルモン
・成長ホルモンの仕組み
・プロラクチンの仕組み
・甲状腺刺激ホルモンー甲状腺ホルモン
・副腎皮質刺激ホルモンー糖質コルチコイド
・副腎皮質刺激ホルモンー副腎アンドロゲン
・卵胞刺激ホルモンの仕組み
・黄体形成ホルモンの仕組み
・下垂体後葉ホルモン
・オキシトシンの仕組み
・バソプレシンの仕組み
・副腎髄質ホルモンの仕組み
・ノルアドレナリンとアドレナリン
・グルカゴン・インスリン・ソマトスタチンの仕組み
・パラソルモンの仕組み(&カルシトニン)
・レニンーアンジオテンシンーアルドステロン系
・エリスロポエチンの仕組み
・確認テスト(解説付き)
・補足漫画

【収録時間:95分】


【特典】
・セミナー資料(印刷用)
・確認テスト30問&解説(←好評です)
・内分泌マインドマップ(←追加しました)


料金:4500円(税込)


ご購入後、セミナー動画は、
すぐに視聴できます。(スマホ、タブレット、パソコンのいずれかが必要)


そして、

動画は、一度購入すると繰り返し視聴できますので、

内分泌が理解できるまで何度もご視聴ください。


✳︎
セミナー動画を見た後、
【すぐに確認テスト】を解くことで、
点数をアップさせるための実力がつきます。

これをやるかやらないかで結果が大きく変わります。


解剖生理学の内分泌系が苦手で
悶々とした日々を過ごしている方のお役に立てたら嬉しいです。



【追記】

この記事、沢山の方にご購入して頂きましたので、

感謝の気持ちを込めて、急遽、特典を1つ増やしました。


その特典とは、

「内分泌疾患の一覧をマインドマップにしてみた!」です。

セミナー動画を見て頂いた後、このマインドマップを見て頂くと、

「ホルモンの作用」→「ホルモン分泌の過剰・低下」→「内分泌疾患」→「症状」までがひと繋がりで理解できるようになります。

つまり、生理学の壁を超えて他の教科への応用力がつくと思います。

是非、参考まで。


この続きをみるには

この続き:2,176文字

【セミナー動画】イラストで学ぶ内分泌系セミナー

解剖生理ゴロー

4,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

73

医療学生対象

医療従事者を目指す学生向け。 (医師、看護師、柔整師、鍼灸マッサージ師、PT、OT、管理栄養士、薬剤師、介護士、救命救急士、歯科衛生士など) 解剖生理学の記事、セミナー動画を販売してます。
3つのマガジンに含まれています

コメント4件

内分泌セミナー受講しました。初めはすごく噛み砕いてあって飲み込みやすかったです!最後のほうになるにつれて教科書のように重苦しくなっていったのが少し残念でした。ゴロ本も持ってます!リラックスしながら勉強できるのがとてもいいです。今回の資料で「あれ?」と思ったのは「副腎皮質刺激ホルモン(糖質コルチコイド)」という表記です。両者は同じものなの?と混乱しました。今後の配信も楽しみにしています☆
senchonomadoさん
感想ありがとうございます!
しっかりとセミナーを受講してくれたみたいで嬉しいです。

とにかくホルモンを全部、詰め込んでしまっため、
後半が、少し重苦しくなってしまいましたね。
申し訳ございません。

ただ、全て試験で狙われる大事な所なので、
休憩を入れながらも踏ん張って繰り返し視聴して頂きたい所でもあります。


「副腎皮質刺激ホルモン(糖質コルチコイド)」
→「副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)」の間違いです。
見つけてくれてありがとうございます。
修正しました。

貴重なご意見、そして、ご感想ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!

あ、ゴロ勉もありがとう^^
ゴロ勉も購入して内分泌系も早速見させていただきました〜!!
めっちゃわかりやすいー!
通学の電車は毎日こちらを聞きたいと思っているのですが、動画の保存はできますか?
りささん。
嬉しい感想ありがとうございます!
何度も視聴して血肉化してください。笑

動画の保存なのですが、セキュリティ上、出来ない仕様になっているのです。
(Wi-Fi環境でご視聴ください。)

とは言え、通学の電車で聞きたいとの事なので、
特典として音声データを追加しようかなと考えています。

スマホで資料を見ながら、
音声を聞いて頂けると動画を見るように外でも勉強できると思いますよ。
(音声であれば、通信量もあまりかからないし)

しばし、お待ちを!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。