マーケターが価値をあげるためにやるべき事【 #20代マーケピザ 】

12月21日(金)#20代マーケピザのイベントに参加してきました。
年の終わりにふさわしい、学びあり出会いありの素敵な会でした。

「#20代マーケピザ」とは?

株式会社Moonshot CEOの菅原 健一さん(すがけんさん)が主催する若手マーケター向けのイベントです。みんな大好きピザを食べながら、菅原さんが20代マーケターの悩みにひたすら答えていくイベントです(マーケの話、仕事論の話、働き方などなど)。

年末ということで今回はスマートニュースの一角をお借りして開催されました。集まったのは総勢なんと100名を超える20代マーケター!

特別ゲストもとても豪華!スマートニュースのマーケターの方、シリコンバレーで数億円を動かす優秀な23歳の方、そしてONE MEDIAの明石ガクトさんがいらっしゃり、大変刺激的なイベントとなりました。

......

イベントでは、タイトルにも入れたように「マーケターが価値をあげるためにやるべき事」に関するヒントが満載でした。

今回参加したくてもこれなかった方もいると思うので、心に残ったポイントをまとめていこうと思います。

参加されたみなさんも、こちらのレポートを読んで余韻をひたっていただきつつ、ぜひ明日からの活力に繋げていただけますと幸いです。

■ 目次
1. 企画者・ゲストのご紹介
2. スマートニュースのマーケターが考えていること
3. すがけんさん、ガクトさんが若手マーケターの質問に答えまくる
 ・マーケティングを学び続ける理由
 ・20代に戻ったらやりたい事
 ・こんな20代マーケターと働きたい
 ・マーケットを見よう
 ・いいマーケターはいいユーザーであれ
 ・「ファンを集める」ということ
 ・マーケターがプレゼンスを高めるために大事なこと

一番最後の項目が、一番読んでもらいたいです。時間がない方も、ぜひ一番最後の項目だけは読んでいただきたいです。


1. 企画者・ゲストのご紹介

☆企画者:すがけんさん
冒頭にも記載のとおりですが、主催のすがけんさんは現在ムーンショットという会社で「企業の10倍成長」を支援しています。元々はご自身で経営をしていたり、事業を売却したり、スマートニュースを大幅成長させたり、と様々なご経験をお持ちのトップマーケターです。そんなお忙しい方にも関わらず、20代マーケターに貴重な機会提供をしてくださり、心から感謝です。noteでは「企業の10倍成長に効くノート」も書いていらっしゃるので要チェックです。

☆サムヤマザキさん
現スマートニュースのマーケターさん。TVCMやデジタル広告などを使ってスマートニュースの成長に大きく貢献されているそうです。本イベントに参加前にたまたま下記のnoteをみていて、素敵な方だなと思っていたら登壇されており驚きました!大変学びの多いよいnoteなのでマーケターのみなさん必見です。

☆滝澤優作さん
23歳という若さにも関わらず、シリコンバレーにて数億円の広告費を投資しているという超優秀な滝澤さん。スケールが大きすぎて雲の上のような存在ですが、自分より5つの若い日本人がシリコンバレーで活躍されているとの事実に大いに刺激をうけました。

☆明石ガクトさん
当日特別ゲストとして登場され、とても嬉しいサプライズでした…!
明石さんが以前「動画2.0」を出版された際に、青山ブックセンターでトークイベントをされていたのに参加してことがあり、その時も思いましたが、「めっちゃ熱い…!そして心優しい…!」
最後は一緒にツーショット写真までとっていただき、さらにファンになってしまいました。。

↓ガクトさんの本はこちら。動画に関わる方も関わらない方もひととして学びや気づきが詰まった本なので必見です。


2. スマートニュースのマーケターが考えていること

サムさんにお話しいただいた内容で、印象に残っているところを3つにまとめました。

・本質を知ろう
どういう構造になっていて、何がドライバーになっているのか構造を知ろう。自分でやってみよう。
・事業に対して責任をもとう
「決められた予算を使う」ではなく、いくら使って何をどうするのか?その時どれだけ伸ばせるか?に責任をもとう。
・ターゲティングはしすぎない
ターゲットを細かく切りすぎて失敗したことがある。特にマスでは注意。分母の大きいコミュニケーションをいかにとれるか?「ターゲット」ではなく、「ベネフィット」でセグメントする、という考えをもとう。
・選ばれる理由をつくろう
なぜそれが必要なのか、本質的なインサイトを見つけて理由をつくってあげよう。


3. すがけんさん、ガクトさんが若手マーケターの質問に答えまくる


・マーケティングを学び続ける理由

学び続ける理由がなにかというよりも、プロのマーケターして市場や企業と向き合って世の中を変えていくためには、学び続けることはあたり前だよね、ということかなと思いました。

トップマーケターは、経営や中長期的な事業の方向性まで関わるもの。日々学び、アップデートしていかないと事業は傾くし、会社の存続も危ぶまれます。むしろ学び続けることがしんどいのであれば、マーケターむいていないということなんだろうとも思います。

また、ガクトさんが「働いていく中でとなりの領域を学んで広げていこう!」とおっしゃっていたのもい印象的でした。年始に目標をつくり、毎年なにか新しい挑戦をするとのこと。そして目標はつくっただけでなく、書き出そうとのこと。自分の手で描くことで念が入る。

ちょうどもうすぐ新年なので、さっそく目標を考え、自分の手でかいてみようと思います。

今日からできること!


・20代に戻ったらやりたい事

明石さんは、もっと早く起業したかったとのこと。
新卒で入った会社はやはり思い入れがあったし、みんなよくしてくれるし、なかなか辞める決断ができなかった。でも、自分の人生をやりたいことに向けるべきだと思うとのことでした。

今のところがうまくいかないから…は格好悪いしキャリア的に詰みそうだけど、本当にやりたいことがあって、それが今の環境でできないのであれば、多少リスクとってでもやってみようというお話。


・こんな20代マーケターと働きたい

分からない事に対してきちんと向き合い、愚直にひとつひとつ自らリスクをとって解決し先導していけるひとがいいねという話でした。

逆に言うと、「それなりでいいや」とよく調べもせず、安パイをとるようなやつはよろしくない。セッションの中で、明石さんが「リクスーで来るやつはキレる」と言って会場がざわついていたけど、それはリクスーだからダメなのではなくて、明石さんのことや会社のことにちゃんと興味をもって調べてきていたら、そんなところでリスクヘッジしないよねということなんだと思います。リスクをとるというスタンスとともに、相手への思いやりをもとうということかなと思いました。

精度の高い仕事ができるということももちろん大事だと思いますが、それだけではなく、「本気で問題と向き合い、考え、解決しようとした経験があるか」が今後の自身の成長にも大きく繋がってくるのだと思います。


・マーケットを見よう

すがけんさんがマーケターとして、どこを向いて、何を考えて働いてきたのか?という話で、「マーケットしか見ていない」といっていたのはとても印象的でした。

確かに、自社のことと競合のことはみんな必死でみているけど、もう一つ上の視点で「世の中・市場がいまどうなっているのか?」を考えられるようになると、自分たちのやるべきだと思っていたことも、もしかすると変わってくるのかもしれません。


・いいマーケターはいいユーザーであれ

重要なので3回繰り返しています。このくらい、これとても大事なことだとおっしゃていました。

これはもう、その通りだなと思います。私の大好きな森岡毅さんも「マーケターは消費者の代理人」とおっしゃっていたのを思い出しました。
自分がおすすめできないものを人に使ってもらおうなんて、確かにおかしな話ですよね。ただ、分かっていても実践できていないところもあるなという反省も同時にあり。まずはよきユーザーになる。

これも、今日からできること!


・「ファンを集めるということ

アテンションを集めることは一時的なものであり、ファンを集めることとは違う。たとえば2万リツイートされたところで、売上がなんにも変わらなかったら、その施策は何も意味がない。ファンとは、継続的に関係性を持てる人たちのこと。

なので、「自社のファンを増やす」ということが目的なのであれば、KPIはきちんとファンであることに関連するような指標をおかないと、売上伸びないだがバズっているみたいな不健全な状態に陥りそうなので要注意ですね。


・マーケターがプレゼンスを高めるために大事なこと

どきどきしながら、こちらの質問させていただきました。

この質問の背景としては…
日本企業はまだまだマーケティングに対する評価が高いとはいえないなと感じており、営業中心の考え方の会社もまだまだたくさんあり、名ばかりマーケティング部も少なくはないようです。
でも、ちゃんと正しくやれば、マーケティングは会社の成長をぐっと引き上げる価値ある仕事であると私は信じているし、リーダーシップ・調整力・企画力・推進力・想像力など総合的に求められるとても大変な仕事だと思っています。なので、マーケターの価値をきちんと認めてもらえるようなマーケターに私はなりたいし、日本全体でそういう企業を増やしていくべきだ、ともやもや思っており、質問させていただきました。

この質問への回答のポイントは、「経営者の気持ちで考えよう」。

経営者から見たら売上をどれだけ伸ばしたのか?が一番大事なこと。
なので、
・売上を伸ばすこと
・どれだけ伸ばしたか、正しい知識をもとに語れること
・つまり、会社の成長にマーケティングが役立つことを経営者に伝えること
これらをしっかりやっていこうねということですね。

そうなるかならないかは「自分次第」!
これらができれば、マーケターとして認められるし、年収もあがる。

こちらの動画にすべてがつまっています。
全若手マーケターにこれは絶対見てほしい!!!


さいごに

ほどよくゆるい空気感でありつつ、熱い会話が繰り広げられる、あまり他のイベントではないようなすこし不思議な空気のイベントでした。

社内だけでひっそり生きていたら触れられない話もたくさんあり、気持ち新たに頑張ろうと力をもらえた会でした。みんな同じような悩みをもっているんだなとも思いました。まずは今日できることから、はじめていこう。

お久しぶりにお会いできた方、ツイッターで繋がっていてリアルではじめてお会いできた方、これをきっかけに繋がれた方、嬉しかったです。


最後になりましたが、すがけんさん、ガクトさん、当日お話いただいた皆さま、会場確保や事前準備や当日の受付、カメラ係、進行サポートなどいただいた皆さま、会場提供いただいたスマートニュースさん、本当にありがとうございました。今度やるときは私も運営側で参加してみたい^^

ここで出会ったみんなでマーケティングの未来を担っていくのかなと思うととても楽しみです。頑張ろう。


↓ Twitterもやってます


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

参考になったと思ったら、ぜひサポートお願いします! 次回の発信に繋げます^^

嬉しい!ぜひシェア&フォローもお願いします♡
39

Yatsuka / マーケ

好奇心で生きている。知らないことを知ること、やったことないことやるのが割と生きがい。

イベントレポまとめ

マーケティング系中心に、参加したイベントのレポートを書いていきます。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。