短歌が映画化した話

映画『ひかりの歌』第3章、上記の短歌が原作になっています。ちば映画祭、東京国際映画祭、全国公開と1つの短歌が私を遠くへ連れて行ってくれました。 ※「光」をテーマにした短歌コンテストで選出した4首の短歌を原作に4章からなる長編映画。現在も公開中。東京都写真美術館にて2019年8月3日〜12日上映決定! 監督:杉田協士 http://hikarinouta.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

223

後藤グミ

ゴトーの漫画と日記

日々思いつくあれこれを漫画や日記にしています
6つのマガジンに含まれています

コメント5件

ありがとうございます! そう言っていただきうれしいです。

短歌をつくるなら、上の漫画にもでてきた枡野浩一さんの『かんたん短歌の作り方』(ちくま文庫)おすすめです。

読むなら
木下龍也・岡野大嗣『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』(ナナロク社)夏に向けてとてもよい一冊です。
ありがとうございます。
是非、読んでみます!
michizaneをペンネームにしているのに「歌」の一つも発表出来て無い近々挑戦しようかな?!?
じ〜ん。です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。