見出し画像

人はなぜ痩せないのか。自分で実験してみた。①

Masaです。

 総合診療医として日々肥満の患者の診療をしている。診療をしている中で気をつけていることがある。それは「見た目」である。「人は見た目が9割」なんて言葉もあるが、太っている医者、タバコを吸っている医者の言う「痩せてください」「運動してください」「食事頑張ってください」「禁煙してください」の言葉ほど滑稽なものはないだろう。

 人には自分が感じるベストな体重があるだろう。医学的にはBMI22が検診異常値が少ない、死亡率はBMI23~24.9である。

 昨年職場環境が変わり急激に体重増加し、体が重くなり、検診ではコレステロール値、HbA1cが微増(異常値ではない)、どうやったら痩せるのか自分で実験してみた。

 前profile 171cm BW 65.6 BMI 22.3

BMIはそれほど高くない。自分の理想としては筋肉量50kgぐらいでBW62kgぐらいまで持っていき、維持したいと思い、まずは-3.6kg減を目標。

 まずは患者さんが使ってたアスケンのアプリを使用して、食事記録をやってみた。

プレミアムサービスに登録すると写真をとって写真をもとに大体のカロリー数を算出してくれる。「コレは良い!」と思っていたが、毎食記録し、記録されている食事の中から似たような食事とカロリーを選択して・・・とやっているとめんどくさがりの私は1週間で断念。

 栄養士に聞くと細かいカロリー算出をしようと思うと、米何グラム、肉の何が何グラムなどとかなり細かく記録をしなければならないようだ。写真をとって、選択するだけというのもかなり簡易化されているようで、正確に合っていればできるのだろうが、毎食、なにか食べるたびに数分かけて記録をするというのはめんどくさがりの私としては難しかった。

 次回は食事記録に挫折したので日々体重記録と振り返りを行ってみた記録を振り返ってみる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Masa

総合診療医【資格】家庭医療専門医・認定内科医 日頃考えたこと、総合診療、プライマリ・ケアについてマイペースに書いていきます。たまに自分の勉強の内容も。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。