『壁の中のside-B』は商業媒体で一度も出していない、同人誌でしか出していない小説だったので、何だか並べた時に不思議な気分だった。でも何だか思いきり吹っ切れた。好きなことしかやってない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

館山の物語を気に入ってくださった方、投げ銭的な風情でサポートすることができます。よろしかったらお願いします。

応援ありがとうございます。すごく嬉しいです。
5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録