見出し画像

女は得でいいなと思っていたゲイが女の設定で出会い系やったら地獄だった件

僕はアラサーの男で、なおかつゲイだ。
ゲイではないかも…と思っていた時期もあるのだけど今はゲイと名乗っている。
そして20代前半の時、売り専と呼ばれるゲイ向け風俗店でキャストとして働いていた。
その時にすごく・すごく・すっごく思っていた事がある。
それは…

“女は得でいいな”

・男からチヤホヤされる(自分もイケメンからナンパされたい)
・仕事などで過度な義務を与えられない(楽そう)
・同じ本番ありの風俗だったらゲイ風俗よりソープの方が断然稼げる(うらやましい)
・顔に自信がなくても女は化粧でごまかせるけど男は整形するしかない(実際に整形した)
・最終的には結婚という選択肢がある(働かなくていい)

だから女は得でいいなと思っていたし、僕は男である事をやめたかった。
別に女になりたいという訳ではなく、男であることに疲れていたのだ。

その後、心と体のバランスを崩しゲイ風俗の世界から足を洗ったのだけど、当時まだ家庭内は金銭的に落ち着いている訳でもなく。
そして僕自身まだもう1度整形をしたいという思いがあったので、高収入でなおかつ整形しながらでもできる仕事ということでたどり着いたのが出会い系のサクラだった。

それは出会い系サイトやアプリで女性ユーザーの振りをして男性ユーザーとやり取りすることでポイント購入を促すという仕事で、まぁ法に違反はしていないもののグレーゾーンな職種であることは否定できない。
正直この経歴は人生の黒歴史だし、こんな僕が偉そうに何かを説教できる立場ではないことは重々承知なのだけど、ただ僕にとってものすごく大きな意識変革をもたらした仕事でもあった。
それは…

“女、全然得じゃなくね?”

だって挨拶代わりにセクハラ、マウンティング、性的ジャッジ、説教をしてくる男の多さといったら…。
女を同じ人間として見ていない男がこんなにも多いのか、と僕は初めてそこで知った。
それがどれだけ酷いものだったか一例をお見せしよう。


【客とのやり取り一例~挨拶代わりの暴言・セクハラは当たり前編~】

挨拶も無しに胸のサイズ訊いてくる
⇒チンコのサイズ訊き返すとキレる

いきなりお前呼ばわり
⇒お前と呼び返すとキレる

女性キャラが三十路超えの設定だとババア呼ばわり
⇒自分の方が年上じゃんと言うとキレる

会うなら手料理用意しろと言ってくる
⇒初対面は普通外食でしょと諭すとキレる


【客とのやり取り一例~セックスでは常に男がお客様編~】

「ヤリたいからヌイて」
⇒風俗嬢じゃないと言うとキレる

「チンコ立たせて」
⇒自分で立たせられないのかと訊くとキレる

「俺すぐイクけどいいよね」
⇒せめて3分は我慢できるかと確かめるとキレる

「俺が気持ちよくなれるかはお前次第」
⇒私もあなたのテク次第だよと返すとキレる


【客とのやり取り一例~脱論理的思考・精子脳編~】

「嫁いるけど真面目に彼女欲しいからヤラせて」
⇒それセフレじゃんと言うとキレる

「生でヤッても大丈夫だから」
⇒何がどう大丈夫か尋ねるとキレる

「責任は取るから生でヤラせて」
⇒責任取るだけの収入があるか訊くとキレる

「責任は取らないけど生でヤラせろ」
⇒何故か最初からキレている

---------------------------------------------------------

ね、酷いでしょ?
しかもこれは決して一部の酷い男性ユーザーの話ではなくて圧倒的多数派なのだ。
エロをメインにした出会い系も確かにあるし、そういう場でエロネタを出すのは別に普通の話だと思うのだけど、同じくエロがメインのゲイアプリですらここまで無礼なユーザーは多くない(僕がモテないので相手にされてないだけという可能性もあるがw)。
それは相手をセックスの対象として選びつつ、自分もまた同性の相手から選ばれる側だと認識できているからなのではないか。

というか、そもそもエロがメインではなかったとしてもこういう男性ユーザーはごろごろいるのでエロうんぬんの話ではない。
女性=自分より下の生物(飯炊きオナホール的な何か)、として見ていなければ上記の様な発言が出てくる訳がないのだ。

もちろんこれは出会い系をやっている一部の男性の話であって、日本人男性みんながこうだと結論付けるつもりはない。
ただこういう女性へのセクハラやジェンダー観の押し付けを挨拶代わりにしてくる男性が一定数いるというのは事実だし、そういうハラスメントが何となく許されてしまっているという空気感があることも否定できないだろう。

だから僕が思っていた“女の得”は、そっくりそのまま“女が背負わされるリスク”になりうるのではないかと思ったのだ。

・男からチヤホヤされる
⇒意思を持った人間ではなく性的物体として女を見る男の多さ

・仕事などで過度な義務を与えられない
⇒重要事項の決定に女が関われない

・同じ本番ありの風俗だったらゲイ風俗よりソープの方が断然稼げる
⇒暴力的な客の多さと身体的リスクを考えたら比較対象にならないし、肉体でより多くの金を稼げる=それだけ性的搾取されやすいということの現れ

・顔に自信がなくても女は化粧でごまかせるけど男は整形するしかない
⇒男は化粧してはいけない、そんなのはホモっぽいという男自身が男にかけている呪い

・最終的には結婚という選択肢がある
⇒重要事項の決定に女が関われない社会で女性が収入源を断つことは発言権や自由を失うリスクを伴うのでは


そう感じた時、僕は“女は得でいいな”と言うのをやめた。

---------------------------------------------------------

僕はゲイということで、いわゆる世間が求める「男らしさ」というものを結局手にすることはできなかった人間だ。
そして風俗に入ったきっかけも元を辿ると母子家庭でお金がなかったから、という結論に達する。
父親がお金を払わずに愛人を作って出ていき、残された母が何故か親戚や他の人間から責められながらも必死に働く、そんな光景を見て育った。

いつしか僕は自分が感じる生きづらさを“女は得でいいな”といううっすらとしたヘイトに転嫁してしまっていたけれど、僕の感じる生きづらさは他でもない男自身が生んだ呪縛であり、そして一番身近でその呪縛に苦しんでいた母親の存在から目を背けていたことの現れに他ならない。

だからといって決して女は可哀相だ、と言うつもりはない。
ゲイは可哀相だと言われる度に感じてきた怒りが僕の中にもあるから。

だけどこれだけは言える。
男性はこれ以上、自分たちが受け継いできた男の呪いを誰かにかけるのをやめるべきだ。
女性にも、そして自分自身にも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2441

少年A

身売りと整形と借金返済に追われた20代でした。イケメンが好きなイケメンです。【職歴】SMバーの女装メイド→パパ活→ゲイ向け愛人クラブ→ゲイ風俗→出会い系のサクラ→?

良い記事メモ

良い記事メモ
7つ のマガジンに含まれています

コメント1件

素晴らしい記事です!今後ともご活躍を期待しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。