幼稚園 長男の出会いと別れ

息子。4歳男児は年少さん。

先日クラスのお別れ会があった。その席で私からひと足先にこの幼稚園を卒業することを報告し、みんなと先生方親御さん方にお礼の言葉を述べた。

そのあとに本人にもひとこと話してもらおうとマイクを渡したのだが。

言葉ではなく、歌いだした。

しかも2曲も。

スッキリ歌い、笑いと拍手を貰い、その場の淋しいしんみりとした空気はすっかりどこかへいってしまった。

初めて彼女ができた、親友ができた、思い出のクラス。初めての別れ。

その後、彼は幼稚園を2日休んだ。

熱があるわけではなかったが、本人の体調や気持ちを尊重して休ませた。

彼なりに、幼稚園や友達と少しずつ距離をとって気持ちの整理をしているように思う。

「あの幼稚園はもうボロボロなんだ。」

などと、通う幼稚園をdisるあたり、踏ん切りをつけようとしているのだろう。4歳の胸のうちやいかに。

親は、まるっと抱きしめて見守っていく。新しい生活もきっと、幸せな出会いが待っているから。


2018年3月1日 Sunao

#幼稚園 #別れ #年少 #育児 #出会い #エッセイ #思い出 #4歳 #長男 #淋しい #移住 #幸せ #日常 #作文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます✨Sunaoの文が何かしらのお役に立てば幸いです。

嬉しいです♪
6

日常を綴る

エッセイで身の回りの日常を形に。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。