くっしー@ThirdstoneLabo

料理と音楽と。シェアリングエコノミーや民泊にも関心あり。生き方改革中です。ビジネス、政治、経済、世界情勢、歴史など広く浅く。ベーシックインカムと社会の持続可能性や環境。旅と食べる呑む。そんな感じ。ギター弾きです。

豚ロースのBBQ

豚肉は塊で食べる場合、どうも脂の多い部位は
しつこいなと感じることが多くなった。

本来、スペアリブでやる味付けをロース肉でやってみた。

ドライラブを擦り込みます。

まず高温で表面だけ焼きます。焦げ目がつく程度。
ドライラブに砂糖が入っていると焦げますが、
黒くなっても大丈夫。

温度を少し落として40分くらい焼きました。
脂が落ちていいですね。

そのあとはHunt'sのBBQソースを塗って

もっとみる

骨付きラムのグリルステーキ

最近はスーパーでもラム肉が手に入りやすくなりましたね。
ラムは必須アミノ酸が豊富で肉類の中ではカロリーが低めで
不飽和脂肪酸やビタミンも豊富に含まれ、
カロリーがほかの肉より低く健康的な食材として注目されてますね。

Weberグリルを使って骨付きのラム肉をステーキに。

同時にニンニクソースも作ります。
アルミホイルにばらしたニンニクを皮付きのままグリルで焼きます。

グリルで一面4分を目安に焼

もっとみる

豚バラの花山椒グリル

Weberの公式HPに出ているレシピ。
初心者でも簡単なのでやってみました。

豚バラ1kgの塊に花山椒とチリパウダーとクミンパウダー、塩、なんかを
表面に擦り込んでWeberグリルで焼き上げるグリル料理。

大さじ2の花山椒に大さじ1.5のチリパウダー。
辛いでしょ。コレ。
絶対辛いよね。きっと。
カレーにこんな入れたら火吹くよ。

ホールの花山椒が手に入らなかったのでパウダーのみ。
香りが良い

もっとみる

ウエーバーグリルでローストポーク

今回はウエーバーの電気グリルQ1400で低温調理できるのか?
やってみました。

ローストは70℃くらいで2~3時間じっくりやらないと
なかなか柔らかくジューシーには仕上がらない。

まず塩コショウガーリックパウダーローズマリーで味付け。

オリーブオイルも表面に塗って、高温で表面を焼きます。

余分な脂が落ちますね。
アルミホイルで包んでインダイレクトで間接火にして温度を下げます。

温度計を差

もっとみる

豚バラ肉のハーブ焼き

豚バラ肉の塊をハーブなどで味付けてグリルで焼きました。
味付けは塩コショウニンニク、ローズマリーやらもう適当に赤身サイドに
擦り込み、脂身面を外に向くように巻き込んでタコ糸で縛り200℃くらいに
熱したグリルで1時間ほど焼き、20分寝かせました。

脂がしっかりと落ちて香ばしく焼きあがりました。
切り分けたら表面をあぶって食べると美味しいです。

ソースを作った方が良かったかな。
甘酸っぱいような

もっとみる

丸鶏のロースト

丸鶏焼いてみました。
丸鶏のローストです。
アメリカの南部料理を紹介してるアンダーソン夏代さんのレシピで作りました。

作るのはそんなに難しいものではないです。
アメリカ料理は合理的で包丁技とか必要ないので作りやすいですね。

まずは仕込みです。
塩と砂糖を混ぜた水に浸して冷蔵庫で8時間から24時間寝かせます。
今回は朝仕込んで夕方焼いたので8時間ほど。

そして8時間後。
オーブンで焼く準備です

もっとみる