見出し画像

はじめまして。私たちがnote を始める理由

株式会社グロースエンジン の金井路子です。

今日からnoteはじめます。株式会社グロースエンジンはインターネット通販を主軸とした事業開発を行う法人で、自社サービス「オーエンズ」を運営しています。

贈り物でヒトをつなぐ
オーエンズ
https://www.ohenz.com

画像1

オーエンズは、ファンが共同でタレントに差し入れを贈る共同購入ECサイトです。

タレントを応援したい気持ちを集めて、楽屋花やお菓子を贈ると同時に、
商品代金の10%を社会貢献団体に寄付することができます。

法人名称「グロースエンジン 」は「(あなたの)成長エンジン」、
サービス名称「オーエンズ」は「(あなたを)応援する人たち」という意味を込め、新しいロゴは「黄色い声援」という慣用句を表しています。

アセット 3


メンバーみんなでnoteを書きます

自社サービスを多くの皆さんにご利用いただくと同時に、一緒に働くメンバーが日々どんなことを考え、どんなことにつまづきながら、前に進もうとしているかをnoteにまとめて行きたいと思っています。

これまで私は、毎年1月1日に個人所感を綴るブログを書いてきました。
http://growthengine.hatenablog.com/

ここに書いてきたことは、毎年の決意表明であり、私の記録でもあります。

2014年は「独立不羈(どくりつふき)」をかかげ、こんなことを書いています。

今年は30代最後の1年ということもあり、とにかく独りで決めること・決めたことには行動を伴わせること、そして成し遂げることを小さくとも1つずつ達したいと強く思っています。論語の「四十にして惑わず」という一説に対しても強く意識がでているからかもしれません。
「不羈」は、自由奔放で束縛しえないこと。または才知が人並はずれてすぐれていて、常規では律しきれないこと。わたしはたぶん、突き抜ける存在になりたいと強く思っています。


昨年2018年には「イノベーション」について書いています。


イノベーションとは、
(1)ソリューションではなく、意味
(2)態度:Outside inではなく、Inside Out
(3)プロセス:「批判」を重んじる
ということ。
かつ、このセンテンスが、まさにオーエンズで体現したいこと。

2019年で6年目となり、常時一緒に働いてくれるメンバーは10名となりました。

グロースエンジン の働き方はメンバー様々です。

業務内容はもちろん個々人ミッションが異なりますし、
フル在宅勤務、地方在住、他法人で正社員をしながらの複業、学生インターンなど、働き方もこれまでの「9-17時毎日同じ場所に出社し勤務」ではありません。

人数が増えたことで、できることが増えたプラスの側面に恩恵をうける一方、業務コミュニケーションには気遣い・ひと工夫が必要な毎日です。

グロースエンジン noteでは、

・仕事&ミッションへの想い

・時間と場所にとらわれない働き方へのチャレンジ

・個人と組織のあり方

という3つの軸で、メンバー個々人が体験して感じた出来事について綴っていきたいと思っています。

このnoteを読んだみんなの意見を聞きたい、みんなからも学びたい、もし一緒にできることがあるなら、一緒にやってみたい、そんな想いでいっぱいです。

せっかく「オーエンズ」というサービスをやっているのです。
どんな人が運営しているかを知っていただきつつ、
noteという場を通して、もっと多くの方の感想を伺ってみたいです。

その感想に対するグロースエンジンメンバーからの「お返事」も書いていけたらと考えています。

#オーエンズ」というハッシュタグをつけてくださったnoteの投稿は、 一つ一つ大切に、すべて目を通すつもりです。

わたしたち一人一人が                        「(あなたの)成長エンジン」であり、
「(あなたを)応援する人たち」                   になりたいと思っています。

これから、よろしくおねがいします。

◆カバーイラストは @oyasmur に書きおろしていただくことになりました。いしのまき演劇祭、クリーハイプのグッズなど何度も見かけていて、oyasmurさんの書くイラストが今のわたしたちの心持ちにあっていると思っています。イラストも見ていただけたら嬉しいです。



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

growthengineinc

株式会社グロースエンジン:わたしたちのこと

株式会社グロースエンジンメンバーによる日々のできごとを書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。