GTDを実践するための手助けになる記事

17
ノート

「状況」の縛りがなくなる

GTDのStep5「選択する」には、3つの制約条件が存在しています。

状況、時間、資源。

状況とは「その行動を起こすために必要な状況が揃っているか?」ということ。電話を必要とする行動は、当然ですが電話がある、という状況でなければ実行ができません。

時間とは「今使える時間はどれくらいか?」ということ。

最後の資源は「自分の精神的・肉体的な力がどれくらいあるか?」ということ。自分が疲れ切ってい

もっとみる
励みになります。
3

自分スイッチを適切に設定する

某会社のCMではスイッチがどこにあるか?を探していましたが、壮大なものを探すのではなく、適切で身近なものを作ってまずはじめよう、という話です。

何か物事に取り組む時に、どうしたら「やる気」がでるのだろうか?何かやりがいや目標が明確になったら「やる気」は出るかもしれません。

でも、壮大な目標に対して日々のコツコツを積み重ねられる人は少数です。

ゴール:「プロ野球選手になる」

アクション:「筋

もっとみる
ありがとうございます。
2

書き出さないとポンコツな自分(GTDはやはりStep1から地道に・・・)

GTDを実践では、ちょっとしたことも書き出す、または確実な方法(玄関に置いておく、かばんに入れて準備しておく、など)で「『気になること』を頭の外に出しておく」を常に行うことになります。

これが習慣になって、他人からは「書き出し中毒」と見える位になる頃には、物事が上手くコントロールできて、生活を動かしている感覚を得られていると思います。

しかし時間が経ってくると、この「上手くコントロールができて

もっとみる
次の一歩を具体的に!
2

後輩指導にも、子育てにもGTDは活用できる

GTDは個人の仕事術・スキルですが、体系立ててあるので、後輩指導にも力を発揮します。

後輩に指示を出す時

後輩に仕事の指示を出す時には、仕事の内容をGTDのStep2「見極め」をしてから渡すことが効果的です。つまり、その仕事について「行動の一歩め」と「目指すべきゴール」の二点を明確に伝えて、合意をすることです。

こうすることで、後輩は、その仕事について動き出すことが可能になり、さらには明確に

もっとみる
困ったら、書き出してスッキリ!
2

具体的にしないと優先順位は見えない(GTDは見極めるから、選択ができる)

よく仕事術というと優先順位をどうつけるのか?という目線で見られることがあります。でも優先順位をつけるための大事なポイントを見逃していることが多々あります。

優先順位とは「たくさんのものの中から、今何をやるか?」が見えることです。

では、質問ですが、

1:「Aさんに依頼のメールをする」
2:「来月の新企画のアイデアが必要」

という「タスク」が書き出されていて、10分の空き時間があるときに、

もっとみる
May the force be with you!
1

3つの「更新する」(GTD:Step4:更新する、を実践するために)

GTDの仕事術を継続していく中で、Step4の「更新する」が壁になる人が多いようです。

この壁を越える鍵は「Step1~Step3を溜めずに整理する」という点です。

溜めずに整理するというためには、個人的には3つの「更新する」というものをイメージしています。

1:日常の「小更新」

日常でなるべく溜めない、というのはGTDを実践する上でキーになるポイントです。ちょっとした時間を「業務遂行」で

もっとみる
次の一歩を具体的に!
2

いかに「全て」を書くか(GTDのStep1または発想力のタネとして)

夢に見た名案も、起きて少ししたら忘れてしまう…。

天才的なヒラメキをした気がしても、あっという間に忘れてしまうのが人間というものです。(その割にくだらないことばかり記憶に残ってしまっていたり・・・)

ままならないものです。

というわけでテーマは「いかに漏らさずに書き残すか」です。

ポイントは、どれだけ「書く」ことのハードルを下げることができるかにかかっています。

「書くこと」のハードルを

もっとみる
サンキューです!
4

GTDの実践:リスト関連の「機能追加」に気をつけろ!

GTDを実践していく中で、リスト管理をする、Step3「整理する」とStep4「更新する」にあたる部分はこだわりはじめるとどんどん複雑になっていきます。

リストの分類項目・カテゴリーを増やす

締め切り設定の出し方を工夫する

工程表と紐付ける

アクションにかかる時間予想を入れる・・・などなど

こういったことにこだわり始めると、一見リストは豊かになっていきますが、実践する上ではとても危険です

もっとみる
May the force be with you!
7

意外とオススメ・月曜朝(休み明けの朝)に週次レビューをするサイクル(GTDの「更新する」について)

GTDを実践する上での難関である「更新する」について、また昨日の投稿と関連する、「休みと仕事」の話です。

仕事術と呼ばれるものならば、基本的に定期的なメンテナンスをしないと、システムが荒れ果ててしまい、結局見なくなって放置してしまう、ということがよく見られます。

そこで、整備をすることが求められます。GTDではステップ4「更新する」という部分になります。

よく休前日に週次レビューをして、スッ

もっとみる
May the force be with you!
3

「いつも持ち歩く」ということが写真でもGTDでも大事なこと

写真で大事なことは、とにかく「カメラを持ち歩くこと」と考えています。
とにかく持ち歩かないと、写真は撮れないのです。(だからカメラは、十分な画質などが確保できれば、とにかく小型・軽量であるにこしたことはない、と私は思っています)

すごく当たり前のことなのですが、軽量のミラーレス一眼が登場するまでは、重さや大きさの点で、持ち歩くことを敬遠して、そのまま疎遠になり、写真を撮らなくなる、という人も多か

もっとみる
次の一歩を具体的に!
4