見出し画像

今更ながらエヴァンゲリオンにみる「目的が手段に喰われてしまう」こと

「逃げちゃダメだ!」有名なセリフです。

エヴァンゲリオンの主人公、碇シンジが物語中に何度も何度も呟きます。

彼は「自分には何もない」と思い、いつしか「やるべきこと」が彼の大半を占めていきます。

「やるべきこと」のために生きている、または生きていてもいい、といった状態になっていきます。

さて、この構造が実は主人公以外にも、この作品の多くのキャラクターにあてはまるように思えます。

作中で一貫して純粋に「自分のやりたいこと」をしているのは、作中では主人公の父、碇ゲンドウくらいでしょうか。

(その生き方は、それで大変そうですが)

さて、アニメを考察して達観しているばかりではおれません。

現実に生きていても、こうなりがちってことだからです。

「やるべきこと」が過多になって、周囲の期待に合わせた自分になっていたりする。いつしか「やりたいこと」はどこかにいってしまっている。

どんどん視野は狭くなるし、将来を考える気持ちも持てなくなる。

「やるべきこと」のために自分はいるのか?という話。

でも「やりたいこと」だけではたして生きていけるか、というのはたしかに疑問です。ただ人によっては、もうちょいと「やりたいこと」に目を向けてもいいのかな、と。

「やるべきこと」は人生の目的ではなく、あくまで単なる手段の方なのではないか。

やるべきことにも、やりたい要素を見つけることはできるのではないか。

GTD であれば、保留にあたるものを「いつかやるリスト」に大切にあたためておくことが大事なキーになると思います。

すぐには無理でも、ちょっとずつ、やりたいことをあたためていきましょう。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。感想・コメントをいただけると嬉しいです!

ありがとうございます。
9

ハーケン(林 健太郎)

業種はコンサルタント、要は何でも屋さんです。GTDの公認プラクティショナーおよびトレーナーもしています。 実はコーチという側面もある。ビジネス外でもGTD とコーチングは役立つと思い、個人としてnoteスタート。質問も歓迎。投稿の写真は自分で撮っています。主にSONY a7。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。