私が血液癌で入院した時の話。〜悪性リンパ腫体験記〜

はじめまして、ぐーちゃんと申します!

世の中にはさまざまな病気があり、
生活習慣でかかる病気もあれば、
運要素が大きい病気もあって、なんていうか、大変だなあとよく思います。

私は10年前、高校生だったとき悪性リンパ腫という比較的珍しい病気にかかり約4ヶ月間入院しました。

病気が発覚した当時は絶望し、治療に一切前向きにもなれず、治療から逃げたいと願い、悲劇のヒロインを気取り、このまま何もできないで命を終えてしまうのかもしれないと感じていました。
入院のストレスから箱ティッシュを壁に投げつけ、看護師さんに八つ当たりし、泣き、それはひどい荒れようでした。

しかし
オチを先に言ってしまうと、あれから10年が経ちましたが、私は生きています。
生きているどころか、電車に乗って会社員として普通に働き、給料をもらっています。
それどころか、「普通」からややはみだしたことにもチャレンジしています。
そしてもっと色んなことにチャレンジしてみたいのです。

ニュースなどを見ていると、訃報が大きく報道されることが多いですね。
それは仕方のないことだと思います。
でも、なんかそればっかりクローズアップされるのっておかしいのではないでしょうか??と、闘病中も、そして退院してからもずっとそういう想いがありました。

生きてるチームと、亡くなってから大きく報道されるチームに分けられるとしたら、私は確実に前者を取りたい。
むしろ、普通に生きていることを主張したい。

このnoteは、完全にそんな私主観の、当事者目線で残した体験記です。
そのため医学的な情報は少なく、当時の日記に基づき、治療と退院までの道のりを記したものとなっています。

以前バセドウ病体験記をブログに綴り、たくさんの方にお読みいただいた経験からこんな私の経験が誰かのお役に立てばと思い、公開させていただくことにしました。

(私のバセドウ病体験記はこちらからお読みいただけます)

http://guguco.hatenablog.com/archive/category/%E3%83%90%E3%82%BB%E3%83%89%E3%82%A6%E7%97%85%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8

よろしければ、ご購読頂ければ幸いです!


発見のキッカケ。

私がその異変に気付いたのは高校3年生の春だった。
地元の高校に通い、帰宅部を楽しむ生活。
本当にどこにでもいる高校生だったと思う。

この続きをみるには

この続き:8,517文字

私が血液癌で入院した時の話。〜悪性リンパ腫体験記〜

中村 めぐみ@インタビューが好きなライター

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。