見出し画像

仕事でやりたいことができていない人へ

『仕事で自分のやりたいことができない』というのはどこにでもある不満だ。
組織に所属している限り仕方がないことだが、その環境に妥協すべきではない。組織のためにあなたの人生を浪費したくないならば、一読して欲しい。

あなたが50代で大企業に勤めているのであれば、のらりくらりとこのまま逃げ切るのも賢い戦略だろう。この先10年は、日本の大企業や社会制度はなんとか持つと言われている。

ただ、もし30代以下ならば不満を言っている場合ではない。ただちにやりたいことをやるための工夫をすべきである。なぜなら、今後はあらゆる保証が失われる時代になるからだ。終身雇用制の終焉や年功序列の廃止、外国人労働者の増加など、あなたの職を脅かす材料が目白押しである。限りある時間をスキルに投資すべきだ。

行動するとしてまず考えることが転職だ。ただし、一見環境も変化してスキルも身につきそうなこの選択には、家庭の了解やそもそも入社できるかなど様々なハードルがある。加えて新しい職場でやっていけるかの保証はない、とリスクが高い。家庭を持つサラリーマンにとっては、簡単に決断できることではない。

そこで、現職で仕事を選別することを最初の行動にお勧めする。理想の実現に必要なスキルを明確にして、少しでも関連する業務に集中するのだ。それ以外は極限まで効率化するか、なんとかやらない事にする。そのうちに自身のスキルもつき、やりたいことを選択する主導権を得られるだろう。

リスクの高い変化は起こさなくても、人生の方向性を変える方法はいくらでもある。身近な行動や考え方を変えることが重要だ。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

Guchi3500

世界を変える野望を胸に大手IT企業に参画。夢は見ず、実現可能な目標を日々積み重ねることを信条とする。無駄にプロ根性が強いので、仕事のことはタダでは書きませんf^_^;
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。