カニ鍋

連載『オスカルな女たち』

《 最初で最後の晩餐 》・・・18

ノックをし、
「…寝苦しくない?」
 と、顔をのぞかせる。
「えぇ平気よ。つかさは…?」
「あたしはいつも通り下で…」
「ここに寝ればいいじゃない」
「だって、ひとりじゃないとダメなんじゃ…?」
「そんなこと言ったかしら?」
「うん。言ったよ。え…っだったら、下の布団運んで…」
 そう言って、「まさか」とつい先ほど出てきた部屋を振り返るつかさ。
「そうでも言わなきゃ、こんなチャンス滅多にないじゃない?」
「あきら?」
「あのふたり…どうにかなると思う?」
 玲(あきら)は意地悪な笑みを浮かべて見せ、キングサイズのベッドの左側の枕を叩いて見せた。
「そういうこと?」
 眉をしかめて言いながら、そそくさと玲の隣に潜り込むつかさ。
「やっぱり、そうなの?」
 やばいじゃん…などと言いながらも嬉しそうに玲と顔を合わせる。
「そうかどうかは解らないけれど、マコのナイトっぷりはただものじゃないわ」
 と、楽しそうに話す玲。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもお読みいただきありがとうございます とにかく今は、やり遂げることを目標にしています ご意見、ご感想などいただけましたら幸いです

未熟ではありますが今後ともよろしくお願いいたします
8

たゆ・たうひと

家族の食事を作ること、愛犬と昼寝、サスペンスの再放送を観ることが主です。『徒然なるままに…』ひとりごと、小説などを紹介させていただきます。『オスカルな女たち』まとめ読み始めました→https://note.mu/guerlain_325/m/m8b4a06634bcf

連載『オスカルな女たち』

アラフォー、第2の思春期と言われる世代の輝ける女たち。誰の中にもある孤独、悩みやジレンマ、女は皆オスカルのように何かしら秘密を持って生きている 初期の作品はマガジンから削除いたしました。最初からお読みいただく場合は、加筆・修正いたしました小説『オスカルな女たち』をご覧ください

コメント2件

楽しそう♬
ないみ様╰( U ・ᴥ・)m
大人になってもお泊まりは楽しいね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。