Voicyでフォロワーが2ヶ月で900人増えた理由をゆるく自己分析しました。


こんばんは、ハルカナ(@harukana_8)です。Voicyでギークな女神を目指して配信をしているクリエイターです。

とりあえずこちらが今回の対象であるわたしのチャンネルです。


まず、ことの始まりは家入一真さんがVoicyの配信をしたこと。
これがすべての始まりでした。忘れもしない1/19のことです。


今回は、Voicyというプラットフォームだけでなく、“これから音声配信に挑戦しようとしている人に向け”にわたしの体験と試したことと仮説をゆるーくまとめています。


前提として、以下がわたしの基本情報です。参考までに
・Twitterのフォロワーは平凡かそれ以下(1月18日時点で70フォローで90フォロワー)
・他のプラットフォーム(Youtubeやインスタなど)の活動もゼロに等しい
・身を明かしていない、匿名である
・会社など、肩書きをつけていない
・もはや、リスナー側の情報としては声と性別とコンテンツしかわたしの情報がない



− 目次 −
1. 自分の配信と似ているジャンルの新しいパーソナリティさんが入って来たら、そのタイミングで自分も配信してみた
2. 配信時間が20分超えだったのを10〜15分に変更してみた
3. 伝えたい情報は2回以上繰り返す、または最後にもう一回繰り返すようにしてみた

4. Voicy自体に新規リスナーがごそっと入ってきた時は、情報多めのカチッとした配信を増やしてみた
5. フォロワーさんの推移

− さいごに −
この記事を読み上げながら解説や心情を語った音声版について


ここからは、行動パターンのデータや自分なりに立てた仮説を検証するためにやってみたことを挙げていきます。
かなりくだらない仮説もあるんですが、わたしの場合はUXデザイナということもあり、こうやって仮説と実験を繰り返してリスナーさんに報告するのも、また配信のモチベーションを保てている理由のひとつかなと思っています。もちろん、一番の目的は、Webやアプリ、新しいサービスを盛り上げるために、皆さんと情報を共有し合うというところですが!


1. 自分配信と似ているジャンルの新しいパーソナリティさんが入って来たら、そのタイミングで自分も配信してみた

皆さん、本当に想像を超えるものすごい数のリスナーさんを連れて来てくださるんです。まじで。そしてその時は、何よりもVoicyが盛り上がってくれるのが嬉しいなーと思ってみていました。

そんな傍で、ふと考えたのが「さて、その新規リスナーさんたちは、どんな行動をとるのだろうか?」ということ。

「〇〇さん(配信を始めたパーソナリティ)がVoicyってのを始めたぞ!」
「とりあえず聴いてみよう!」
「(聴き終わる)面白かった!」← ここ


新しいところへ入って来たとき、よほど最初の体験が悪くなければ一通りは無意識にでも触るのではないか?という仮説を立てました。

では、単純にフォロワーさんを増やしたいのであればそこでアクションを起こしてみようということで、自分配信と似ているジャンルの新しいパーソナリティさんが入って来たら、そのタイミングで自分も配信してみました。

これは、ある程度絞られた方々に効率よく見てもらえるので効率的だったかも、と思いました。もちろん、接点をつくるチャンスは増えますが、コンテンツがよくなければ気に入ってもらえません。そのためにも、自分が良いと思えるコンテンツを発信したいです。そこは最も頑張りたい……!


2. 配信時間が20分超えだったのを10〜15分に変更してみた

Voicyは、配信用のレコーダーアプリで「セクションごとの再生回数」をみることができるのですが、配信時間を短くしたことで、始めのセクションから終わりのセクションまでの数字の差が小さくなりました。

これに関しては、始めのセクションでカウントされている数字の中には、「聴くつもりがなかったのに、自動で流れて来てしまって止めた」という可能性の数も含まれているので、それも考えると最後までしっかり聴いてくださるリスナーさんの率が上がったのでは?と考えています。

理由のひとつとして、「長くて最後まで聞けない」という体験や「飽きた」とかネガティブなイメージがつきにくいのかも?と現段階では想像しています。

好き!を増やすのが難しいときでも、ネガティブなイメージを減らすことは案外わかりやすいかもしれないなと思ったりました。
自分の強みがわかって来たときに、「好きを増やす」へシフトしていくといいのかもしれません。


3. 伝えたい情報は2回以上繰り返す、または最後にもう一回言うと、忘れずに印象づいて満足感が上がる

伝えたいワードを繰り返したり、最後にきちんとまとめると、単純に“耳で聴きとりやすい構成”になるので満足度が高いなと感じました。これは他のパーソナリティさんを聴いていて感じたことです。

わたしも、配信の中で重要なワードがあるときは強調したり、繰り返したり、最後に念を押すようにまとめた配信のときは、ツイッターでの反応が増えたり、コメントをたくさんいただけているように感じます。

なので「〇〇まとめ」の回は、特に耳だけでも聴き取りやすい構成になるのでよく聴かれていますし、ツイッターでシェアもしていただけています。


4. Voicy自体に新規リスナーがごそっと入ってきた時は、情報多めのカチッとした配信を増やしてみた。

入りたてのリスナーさんは、情報を求めているのではないか?まだまだ耳からインプットすることが新鮮で、余裕があるのではないか?と推測しました。
なので、自分の得意をしっかりみせて、より印象付けることができれば、ミスマッチが起きにくく、新しいリスナーさんにとっても選択がしやすくなり、良い体験になりますよね。いつも聴いてくださるリスナーさんは、好きな配信を選んで聴くことにいくらか慣れているので、濃い味の回も上手に聴いてくださっている印象でした。



5. フォロワーさんの推移

現時点でVoicyにはデータをみる機能がないので、残しているデータにばらつきがありますが、数字で比較するとわかりやすいと思うので、参考までに、運良く残っていたツイートとスクリーンショットで比べてみましょう。


2/2 299人


2/23 617人



3/21 971人



そして、3/26に1000人。
(なぜかスクショを撮り忘れたので、3/28 1019人の時のスクショを……)




これだけでも驚きなのですが、さて、冒頭の数字を思い出してください。
「1月時点ではフォロワーは80人だった。」

もちろん、Voicyを楽しむユーザー数自体が増えたので、試してみたことが直接リスナーさんを獲得しているとは言い切れません。でも、ちょっとアピールしてみたり、聴きやすさを考えてやってみたことは、何らかの良い体験をつくりだせたのではないか?と考えています。デザイナーとしても、ここはもっと頑張りたい!


当時は、声を使って配信することはものすごく楽しいけれど、何を配信するのが自分にとって最も楽しくて、音声ブログの良さを広げられるのだろうか?と悩んでいて、迷走し、詩を読んだりしていた時期もありました。
(あれはあれで気に入っています。が、やっぱり朗読は、その道のプロのものが好きだなあと自分では思ったのでやめた、という経緯です。やっぱり、おちゃこさんのようなプロの方の配信が好きだとわたしは思ったからです。)

そして、たどり着いたのが、大好きな仕事に関係するデザインやIoTなどの話だったんですね。

その後、コメントや質問箱、Twitterでリスナーさんの声を聞いているうちに、
「皆さんともっと情報共有を楽しみたい!そういうコミュニティの新しい形を作りたい!」と思うようになり、今のスタイルになりました。


つい最近までやっていたpolcaでも、“有料アプリのレビュー”に対して支援をしてくださったり、応援の気持ちを投げ銭してくださる方がいて、その度にすごく真剣に聴いてくださっているひとがいるんだなぁ、こういうお金の流れ方があるんだなぁと、今まで考えたことのない世界をみた2ヶ月間でした。


BOSEさんの“聴くARメガネ”や、スマートスピーカー、家電からも音が流れるようになってきている今、多彩な音のコンテンツをもっともっと社会に広げていける人たちが増えたらいいなーと思っています!

おわります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただき、ありがとうございます! サポートは、勉強&ガジェット代として活用させていただいています!

ありがとうございます〜!
60

#マーケティング 記事まとめ

#マーケティングのタグがついた記事を中心に、マーケティングに関する理論や実践についての記事をまとめていきます。
3つのマガジンに含まれています

コメント2件

いつも配信楽しみにしてます!コメントやこのnoteに整理していただけるのもすごくありがたいです!この前あった、「買ってよかったもの」をリスナーの方達に聴いてみるのも面白いかなぁと思いました!
コメントありがとうございます!
なるほど!気になるサービスに関してはよくリクエストをツイッターでいただいたりしていたのですが、それも面白そうですね!
ありがとうございます〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。