見なくなったカップル

学生時代、よく見かけていた他学科の仲の良いカップルの話です。

いつも二人並んで歩いていて幸せそうでした。

いつも見かけていたその二人をある日、突然、見かけることがなくなりました。どうしたのかなー?って思っていても学科が違えば学年も違うのでわかりませんでした。
ある日、後輩とそのカップルの話をしていた時に、何があったのかを知ることができました。

彼女と連絡が取れないことを不審に思った彼氏が彼女の住んでいるアパートの部屋に行ったそうです。部屋に行っても応答はなく、中に入っていったそうです。すると、キッチンで倒れている彼女がいました。周囲は真っ赤な血だまりがあったそうです。

どうやら食器洗いをしていたときにガラスのコップを割ってしまい、それが手首に刺さって失血死したという話になっていました。

しかし、割ったコップが手首に当たったくらいではそこまで出血することはないと思うんですね。意図的にそのコップを刺すか?割ったところに手首を乗せて上から体重をかけるかくらいしないと深く刺さることがなく失血まで至らないんじゃないか?
っていう話をしたことがあり、これは事故でなく自殺だったのか?と推測するも、真実はわからず。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぐっさん

怪談師ぐっさん

怖い話や不思議な話を載せています。