静かにエンスト

温泉にいった帰り道の話です。

夏の温泉上がりで体が熱かったものだからエアコンを強くして運転していました。

長い下り坂をゆっくりと下りながら右折しようとウインカーを付けて右折レーンに入りました。

左右を確認して右折しようとするとハンドルが重たい。

あれ、どうしたんだろう?と思ってメーターを見ると、回転数が0。そうエンジンが停まっていたんですよ。

それでハンドルが重たくなっていました。車がもう右斜めを向いていたため、電柱に向かってまっしぐら。急いでエンジンをかけました。

エンジンを掛けてすぐ急ハンドルで右折しました。

エンジンの回転数が落ちてエンストしてしまっていたのか、霊の仕業だったのか、わからないです。現場は自殺の名所の橋のすぐ横の交差点でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぐっさん

怪談師ぐっさん

怖い話や不思議な話を載せています。